研究領域へ
部門一覧へ戻る

研究業績一覧・Research Achievements
(1997)


微生物学講座

Microbiology




学 術 論 文


Research Papers


1) Wanschitz J, Hainfellner J-A, Simonitsch I, Schnizert M, Deisenhammert E, Terunuma H, Iwasaki Y, Budka H(1997) Non-HTLV‐1associated pleomorphic T-cell lymphoma of the brain mimicking post-vaccinal acute inflammatory demyelination. Neuropathol Applied Neurobiol,23:43‐49.

2) Yoshimoto T, Nagase H, Ishida T, Inoue J, Nariuchi H(1997) Induction of Interleukin‐12p40 Transcript by CD40 Ligation via Activation of Nuclear Factor-κB. Eur J Immunol,27:3461‐3470.

3) Yamanashi Y, Fukuda T, Nishizumi H, Inazu T, Higashi K, Kitamura D, Ishida T, Yamamura H, Watanabe T, Yamamoto T(1997) Role of tyrosine phosphorylation of HS1 in B cell antigen receptor-mediated apoptosis. J Exp Med,185:1387‐1392.

4) 照沼 裕,沼崎義夫(1997) ザンビアのウイルス感染症 B.HIV感染症の現状.化学療法の領域,13(11):108‐112.

5) 山田兼雄,森 和夫,木村 哲,三間屋純一,伊藤正彦,丹後俊郎(1997) HIV感染症に対するddI単独療法及びSNMC, ddI併用療法の臨床比較試験.臨床とウイルス,25(4):249‐261.


そ の 他


Others


1) 伊藤正彦(1997) HIV TatおよびGPT(ALT)によるIL‐12産生に及ぼす影響について.厚生省平成8年度エイズ対策研究推進事業感染防止及び発症阻止方法の開発に関する研究班研究報告書.7‐12.

2) 伊藤正彦,花房秀次,岡本愛吉,岡 慎一,千葉直彦(1997) HIV感染血友病・非血友病患者の末梢単核細胞IL‐12産生能について.厚生省平成8年度HIV感染者発症予防・治療に関する研究班.173‐182.

3) 倉田毅,山崎修道,巽 正志,水落次男,深澤昌史,伊藤正彦,生田和良,安田斡司,J. Brandful,有吉紅也,W. Hall, R. Yanagihara, G.van der Groen,石川晃一(1997) HIV亜種の構造を背景とした抗エイズ医薬品開発の研究.財団法人ヒューマンサイエンス振興財団平成8年度エイズ医薬品等開発推進事業国際研究グラント事業研究報告書.50‐59.

4) 山本三郎,阪井弘治,伊藤正彦,Akira Kaji, Hideko Kaji(1997) 生体介在性でかつ直接的抗HIV作用を兼ね備えた新規非アンチセンスオリゴヌクレオチド抗エイズ薬の開発研究.財団法人ヒューマンサイエンス振興財団平成8年度エイズ医薬品等開発推進事業国際研究グラント事業研究報告書.71‐81.

5) 安田斡司,千葉 丈,伊藤正彦,倉田毅,水落次男(1997) 遺伝子操作によるHIV蛋白質の解析及びエイズ発症予防物質の検索研究.財団法人ヒューマンサイエンス振興財団平成8年度エイズ医薬品等開発推進事業エイズ医薬品等開発研究報告.59‐65.

6) 伊藤正彦(1997) HIV‐1TatによるIL‐12産生抑制について.乳酸菌研究会に関する報告書.193‐196.


学 会 発 表


Oral Presentations


1) Ito M, He L, Yang R, Tanabe F, Hanafusa H, chiba N, Oka S, Iwamoto A: Interleukine‐12(IL‐12) production in human immunodeficiency virus(HIV)‐seropositive haemophilia patient in Japan.4th Inernational congress on AIDS in ASIA and the Pacific,1997,Manila.

2) 伊藤正彦,田辺文憲,何麗敏,楊 栄閣,宮川洋三,石田尚臣:TatによるIL‐12産生の抑制と抗Tat剤によるその回復の試み.第8回抗ウイルス化学療法研究会,1997,甲府.

3) 堀江良一,相澤繁美,伊藤金次,長井正江,石田尚臣,井上純一郎,渡邊俊樹:NFκBの活性化に関与するCD30の新規細胞質内ドメイン.第27回日本免疫学会総会,1997,札幌.

4) 塚本信夫,小林徳彦,石田尚臣,山本 雅,井上純一郎:G1アレスト解除及びNF-κB活性化に関与するCD40ドメインの解析.第27回日本免疫学会総会,1997,札幌.

5) 照沼 裕,伊藤正彦,沼崎義夫:アフリカのカポジ肉腫を発症したHIV感染者でのCD4陽性Tリンパ球数の検討.第11回日本エイズ学会総会,1997,熊本.

6) 石田尚臣,田辺文憲,何 麗敏,照沼 裕,伊藤正彦:HIV‐1Tat蛋白による末梢血のIL‐12産生抑制II.-TatによるPKC活性の抑制−,第11回日本エイズ学会総会,1997,熊本.