研究領域へ
部門一覧へ戻る

研究業績一覧・Research Achievements
(1997)


地域・老人看護学講座

Community Health and Gerontological Nursing




学 術 論 文


Research Papers


1) Z. Yamagata, Y. Zhang, S. Shinozaki, T. Miyamura, S. Iijima, A. Asaka, K. Kobayashi(1997):Influence of pepsinogen gene polymorphisms on serum pepsinogen, Ann. Hum. Genet 61:93‐97.

2) 井出成美,山岸春江他(1997):医療処置を伴う患者の在宅ケア支援における保健婦援助の特質の教育評価,日本公衆衛生看護教育研究会誌,7(1):5‐9. 

3) 山田七重,中村和彦,山縣然太朗,飯島純夫,浅香昭雄(1997):山梨県における保健教育の現状と課題,やまなし小児保健,14:28‐30.

4) 井上愛子,大村光枝,根津直美,広瀬美穂,荻原静子,金井美紀,矢崎よし哉,浅香昭雄,飯島純夫,山縣然太朗(1997):幼児期における母親のストレスの要因分析−夫にストレスを感じている母親と育児の関連−,やまなし小児保健,14:34‐36.


そ の 他


Others


1) 山岸春江,平山朝子,鈴木和子他(1997):訪問看護に関する高度職業人としての看護職の教育方法に関する研究,平成8年度文部省科学研究費補助金基盤研究B研究成果報告書,1‐78.

2) 金子仁子,山岸春江他(1997):町村支援に関わる保健所・保健所保健婦の機能に関する研究,平成8年度保健医療福祉総合調査研究事業研究報告書,1‐68. 

3) 金川克子,南澤汎美,奥野茂代,沼本教子(1997):公的介護保険に対する会員へのアンケート結果概要,老年看護学,2(1):106‐110.


学 会 発 表


Oral Presentations


1) Tateno, H., Iijima, S., Asaka, A., Kamiguchi, Y.:Evaluation of clastogenicity of chemical agents using in vitro assay with human spermatozoa.7th International Conference on Environmental Mutagens, Toulouse, France,1997.

2) 金子仁子,山岸春江他:市町村支援での保健所保健婦の機能に関する研究,第56回日本公衆衛生学会,1997,神奈川.

3) 江口秀子,山岸春江他:保健所保健婦の現任教育のあり方について,第56回日本公衆衛生学会,1997,神奈川.

4) 山岸春江,鈴木和子他:訪問看護における高度看護専門職の能力,第56回日本公衆衛生学会,1997,神奈川.

5) 佐藤由美,井出成美,山岸春江他:後期高齢者の終末期ケアの実態,第56回日本公衆衛生学会,1997,神奈川.

6) 山崎洋子,太田真里子,山岸春江:ベテラン保健婦の活動史インタビューによる教育方法の効果,第8回日本公衆衛生看護教育研究会,1997,千葉.

7) 山崎洋子:在宅ケアにおける保健婦の役割,第56回日本公衆衛生学会,1997,神奈川.

8) 望月香生,遠藤睦美,太田真里子他:過疎地域の子育て支援の特質,第19回全国地域保健婦学術研究会,1997,山梨.

9) 南澤汎美,渡辺みどり,小泉京子:看護学を学ぶ若ものの老人,老人看護学に対する関心および老人に対する態度,第2回日本老年看護学会,1997,東京.

10) 南澤汎美:シンポジウム 山梨における看護のネットワーキング−痴呆性老人とその家族を支えるために,第5回山梨看護学会,1997.

11) 渡辺みどり,南澤汎美:高齢末期がん患者のケアにかかわる看護婦の判断の分析−大学病院の事例から−,第2回日本老年看護学会,1997,東京.

12) 山縣然太朗,張 英寧,宮村季浩,長田 篤,浅香昭雄,飯島純夫,中村和彦:高齢者の飲酒習慣と遺伝要因,第56回日本公衆衛生学会,1997,神奈川.