研究領域へ
部門一覧へ戻る

研究業績一覧・Research Achievements
(1997)


外科学講座第1教室

Surgery 1




学 術 論 文


Research Papers


1) *Koji Kono, Maaike E.Ressing, Remco M.P.Brandt, Cornelis J.M.Melief, Ronald K.Potkul, Birger Andersson, Max Petersson, W.Martin Kast, Rolf Kiessling:Decreased Expression of Signal-transducing ζChain in Peripheral T Cells and Natural Killer Cells in Patients with Cervical Cancer. Clinical Cancer Research. 2:1825‐1828,1996.

2) *Koji Kono, Takayoshi Sekikawa, Yoshiro Matsumoto:Alterations in signal transducing molecules on T-cells in cancer pantients. Bulltine of Yamanashi Medical University13:13‐17,1996.

3) Sekikawa T, Maeda Y, Kono K, Iizuka H, and Matsumoto Y. Clinical and radionuclide evaluation of Billroth II gastric resection with long limb Braun enteroenterostomy to prevent bile reflux and maintain quality of life. Proceedings of the 2nd International Gastric Cancer Congress,909‐913,1997.

4) Fujii H, Yang Y, Matsumoto Y, Suda K:Current problems with intrahepatic bile duct stones in Japan-Congenital Biliary Malformations as a cause.Hepato-Gastroenterology.44:328‐341,1997.

5) Yang Y, Fujii H, Matsumoto Y, Suzuki K, Kawaoi A, Suda K:Carcinoma of the gallbladder and anomalus arrangement of the pancreaticobiliary ductal system:cell kinetic studies of gallbladder epithelial cells. J. of Gastroenterology.32:801‐807,1997.

6) Itakura J, Ishikawa T, Helmut F, Fujii H, Matsumoto Y, Bachler M.W, Korc M:Enhanced Expression of Vascular Endothelial Growth Factor in Human Pncreatic Cancer Correlates with Local Disease Progression.Clinical Cancer Research.3(8):1309‐1316,1997.

7) Kono K, Ichihara F,Iizuka H,Sekikawa T,and Matsumoto Y. Differences in the recognition of tumor-specific CD8+T cells derived from solid tumor, metastatic lymph nodes and ascites in patients with gastric cancer. International Journal ofCancer,71;978‐98,1997.

8) Kono K, Halapi E. Hising C,Petersson M,Gerdin E, Vanky F,and kiessling R. Mechanisms of escape from CD8+T cell clones specific for the HER‐2/neu protooncogene expressed on ovarian carcinoma: related and unrelated to decreased MHC class I expression. International Journal of Cancer,70;112‐119,1997.

9) Wasserman K, Corsi MM, Szekely L, Kono K, Maes HH, and Kiessling R. Conversion of in vitro-cultured human monocytes into effective presenters of a HER2/neu-encoded CTL peptide epitope. Scandinavian Journal of Immunology,45:678‐682,1997.

10) Wen T, Kono K, Shahinian A, Kiessling R, Mak T.W and Klein G. CD28is not required for rejection of unmanipulated syngeneic and autologous tumors. European Journal of Immunology,27;1988‐1993, 1997.

11) Rie Inoue, Toshikazu Ushijima, Takashi Fukutomi, Atsuo Fukami, Haruhiko Sugimura, Shingo Inoue, Hideo Okonogi, Takashi Sugiura, Yoshiro Matsumoto, Minako Nagao:BRCA2Germline Mutations in Japanese Breast Cancer Families. Int.J.Cancer.74:199‐204,1997. 

12) H.Kohno, M.Yamamoto, Y.Iimuro, H.Fujii, Y.Matsumoto:The Role of Splenic Macrophages in Plasma Tumor Necrosis Factor Levels in Endotoxemia. European Surgical Research.29:176‐186,1997. 

13) T.Kusama, H.Kohno, T.Idezawa, H.Fujii, M.Yamamoto, Y.Matsumoto:Inhibition of Tumor Necrosis Factor Alpha-Induced Vascular Endothelial Permeability by Gadolinium Chloride.European Surgical Research.29:375‐381,1997.

14) Norihiko Amemiya, Yutaka Yatomi, Takeshi Endo, Asako Mizoe, Masumi Yoda-endo, Tsutomu Yuminamoti, Masayuki Yamamoto, Yoshiro Matsumoto, Yukio Ozaki, Shoji Kume:A Case of Hepatocellular Carcinoma with Marked Hyperfibrinogemia. Acta Hematologica.97:236‐238,1997.

15) 松本由朗,松代 隆,池田靖洋,大槻 眞,小松裕:(座談会) 総胆管結石症治療のポリシー,肝胆膵 35(5):647〜660,1997.

16) 長堀 薫,奥田純一,松田政徳,松本由朗,山口元司,吉井新平:安全な肝切除術の確立に向けて,山梨医学24:161〜164,1997.

17) 長堀 薫,松田政徳,奥田純一,井上慎吾,馬文鋒,山本正之,松本由朗,下等良平:破裂肝細胞癌に対する肝切除成績とその再発形式,肝臓 38(4):232〜237,1997.

18) 長堀 薫,鈴木哲也,奥田純一,松田政徳,井上慎吾:肝細胞癌に対するマイクロウェーブ凝固療法の根治性とQuality of life,肝臓病Up date:145〜149,1997.

19) 長堀 薫,鈴木哲也,松田政徳,奥田純一,井上慎吾,松本由朗:骨転移を伴う全肝多発性間細胞癌の1例,Liver Cancer 3(1):10〜16,1997.

20) 藤井秀樹,小林正史,茂垣雅俊,松田政徳,飯野弥,飯塚秀彦,松本由朗:II.胆石症(胆嚢結石,総胆管結石,肝内結石) の手術適応と術式,外科59(3):267〜273,1997.

21) 藤井秀樹,小林正史,松本由朗:Flomoxefの膵液移行に関する臨床的検討,日本化学療法学会雑誌 45(9):741〜745,1997.

22) 藤井秀樹,小林正史,茂垣雅俊,松田政徳,板倉淳,松本由朗:胆道形成異常を併存した総胆管結石の合理的治療法,肝胆膵 35(5):581〜589,1997.

23) 藤井秀樹,楊 洋,小林正史,茂垣雅俊,松田政徳,松本由朗:胆嚢癌の高危険群(膵・胆管合流異常) ,肝胆膵 35(2):143〜150,1997.

24) 藤井秀樹:膵臓癌の血行性転移成立機序の解明,Pancreas Research Fundation of Japan, Annual Report 3:83〜85,1997.

25) 藤井秀樹,茂垣雅俊,奥田純一,小林正史,松田政徳,松本由朗:上中部胆管癌の外科的切除の問題点と対策ー術後肝門部照射併施の有用性ー,山梨医学 25:127〜130,1997.

26) 藤井秀樹,松野正紀:実質臓器切離断端処理の工夫手術手技研究会記事,手術 151(12):2009〜2028,1997.

27) 藤井秀樹,雨宮秀武,熊本浩志,宮坂芳明,小林正史,茂垣雅俊,松田政徳,松本由朗,加藤邦隆:特異な大動脈周囲進展を呈した膵胆管合流異常を併存する膵頭部癌の1例,山梨膵臓研究会年報 10:47〜54,1997.

28) 井上慎吾,長堀 薫,長沼 宏,井上理恵,松本由朗:乳癌の予後因子の検討,山梨医学 25:120〜123,1997.

29) 松田政徳,相川琢磨,関川敬義,苅込和裕,飯塚秀彦,藤井秀樹,松本由朗:Upside down stomachを呈した混合型食道裂孔ヘルニアに進行胃癌が併存した1切除例,日本消化器外科学会雑誌 30(5):994〜998,1997.

30) 松田政徳,浅川昌巳,鈴木哲也,長堀 薫,藤井秀樹,松本由朗:開腹下マイクロウェーブ焼却術が奏効した肝硬変併存Stage‐IV 肝細胞癌の1例,肝臓 38(1):46〜51,1997.

31) 松田政徳,松本由朗:肝左葉切除術,外科治療 76(5):761〜764,1997.

32) 飯野 弥,横山 章,宮坂芳明,藤井秀樹,関川敬義,松本由朗:若年者直腸動静脈奇形の1例,日本消化器内視鏡学会誌 39(5):972〜976,1997.

33) 苅込和裕,藤井秀樹,小林正史,板倉 淳,茂垣雅俊,松田政徳,飯野弥,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗:血中膵酵素測定による術後膵炎の早期診断に関する臨床的研究,膵臓 12(3):285〜294,1997.

34) 本田勇二,飯野 弥,宮坂芳明,関川敬義,松本由朗,江口英雄:進行大腸癌に併存する大腸隆起性病変の免疫組織学的特徴,日本消化器外科学会雑誌 30(12):2274〜2281,1997.

35) 中瀬一,植松 弘,宮崎弘二,守屋律子,高山一郎,北原史章,依田芳起,小林一久,藤野雅之,関川敬義,松本由朗:間接X線法による胃がん検診の偽陰性例の検討,消化器集団検診 35(3):268〜274,1997.

36) 鈴木哲也,長堀 薫,松田 啓,奥田純一,井上慎吾,松本由朗:全肝多発性肝細胞癌に対するマイクロウェーブ凝固療法の治療効果−肝切除と比較して−,癌と化学療法 24(12):1652〜1653,1997.

37) 松田 啓,長堀 薫,鈴木哲也,高沢努,奥田純一,松本由朗,相野田隆雄,赤羽賢治:初回切除後に生じた2度の異時性多中心性発癌に対してそれぞれ局所治療し得た高齢者の肝細胞癌の1例,Liver Cancer 3(2):92〜96,1997.

38) 信川文誠,須田耕一,藤井秀樹,松本由朗:ムチンからみた膵管内乳頭腺癌の発育・進展,消化器癌の発生と進展 9:215〜218,1997.

39) 浅川真巳,飯塚秀彦,関川敬義,田中暢之,森義之,井上理恵,河野浩二,松本由朗:緩和型胃アニサキス症による胃肉芽腫症の1例,ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 13(1):69〜72,1997.

40) 熊本浩志,飯野 弥,雨宮秀武,小俣秀雄,小林正史,横山 章,宮坂芳明,藤井秀樹,関川敬義,松本由朗,石原由美子,金山恵美,藤野雅之:短期間に高度の狭窄をきたした潰瘍性大腸炎の1例,ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 13(1):45〜49,1997.

41) 平井 優,茂垣雅俊,深沢智基,松田政徳,藤井秀樹,関川敬義,松本由朗,島 生乃,佐藤 公,森 義之:若年男性に発症した肝solid and cystic tumorの1例,山梨膵臓研究会年報 10:47〜54,1997.

42) 両角敦郎,藤野雅之,佐藤 公,大高雅彦,大塚博之,岡本まさ子,嶋崎亮一,鈴木洋司,田野倉正臣,北原史章,久保克浩,河合勉,中村俊也,小嶋裕一郎,関川敬義,河野浩二,飯塚秀彦,池田昌弘,佐野主一:早期胃癌治療方針の決定における超音波内視鏡の役割,Modern Physician 16(11):1339〜1342,1996.


単 行 本


Books


1) Kono K. Recognition by and escape from CD8+T cell immune surveillance in cancer bearing hosts.1997,1‐53,Stockholm, Karolinska Institute.

2) 松本由朗:先天性胆道拡張症,消化器外科展望,大鵬薬品工業株式会社:33〜37,1997.

3) 松本由朗,藤井秀樹,松田政徳,板倉 淳,須田耕一:膵・胆管合流異常の本態とその成り立ちに関する考察,膵・胆管合流異常(船曵孝彦編) ,医学図書出版:11〜16,1997.

4) 松本由朗,藤井秀樹,茂垣雅俊,板倉 淳,三浦和夫:胆管非拡張の膵・胆管合流異常症例の治療,膵・胆管合流異常(船曵孝彦編) ,医学図書出版:307〜312,1997.

5) 長堀 薫:おなかを切らずに手術ができる?−腹腔鏡下手術ぼくとパパのQ&A,玉穂町,昭和町,田富町公報5月号−皆さんの健康:1997.

6) 藤井秀樹,板倉 淳,茂垣雅俊,松田政徳,松本由朗:膵胆管合流異常と膵炎,膵・胆管合流異常(船曵孝彦編) ,医学図書出版:209〜214,1997,東京.

7) 藤井秀樹,楊 洋,茂垣雅俊,松田政徳,松本由朗:膵胆管合流異常と胆道発癌,膵・胆管合流異常(船曵孝彦編) ,医学図書出版:248〜253,1997,東京.


学 会 発 表


Oral Presentations


1) Y. Matsumoto, H. Fujii, M. Mogaki, M. Kobayashi, T. Sekikawa:Successful pancreato-jejunostomy in pancreatoduodenctomized patients with non-dilated pancreatic duct.International Surgical Week ISW97.1997.8.24〜8.30,Mexico Acapulco.

2) Y. Matsumoto, H. Fujii, M. Kobayashi, M. Mogaki,:Significance of hepatectomy for primary hepatolithiasis in Japan.International Surgical Week ISW97.1997.8.24〜8.30,MexicoAcapulco.

3) SEKIKAWA T, MAEDA Y, KONO K, IIZUKA H, MATSUMOTO Y:Clinical and radionucleide Evaluation of Billroth II gastric resection with long limb Braun enteroenterostomy to privent bile reflex and maintain quality of life.2nd International Gastric Cancer Congress.1997.4.28,Munich.

4) Nagahori K, Fen MW, Matsuda M, Suzuki T, Matsuda K, Okuda J, Inoue S, Matsumoto Y:Clonal analysis of recurrent hepatocellular with repeat heptectomy.International Surgical Week ISW97.1997.8.24〜8.30,MexicoAcapulco.

5) Kono K, Halapi E. Hising C,Petersson M,Gerdin E, Vanky F,and Kiessling R. Mechanisms of escape from CD8+T cell clones specific for the HER‐2/neu protooncogene expressed on ovarian carcinomas Keystone symposia-Cellular Immunology and the Immunotherapy of Cancer-III Copper mountain, Colorado USA Feb 1‐7,1997.

6) Okamoto H, Nakamori S, Ohigashi H, et al.:Involvement of focal adhesion kinase in endotherican cell retraction during tumor cell invasion.88th. Annual Meeting,American Association for Cancer Research., San Diego.

7) 河野浩二,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗:stageIVb胃癌の術後補助療法と長期生存例の検討.胃癌・大腸癌合同研究会(第68回胃癌研究会/第46回大腸癌研究会) 1997.1.30〜1.31,千葉市.

8) 輿石直樹,飯野 弥,宮坂芳明,横山 章,関川敬義,松本由朗,永関慶重:進行大腸癌の脳転移に対するGumma Knife Surgeryの経験.胃癌・大腸癌合同研究会(第68回胃癌研究会/第46回大腸癌研究会) 1997.1.30〜1.31,千葉市.

9) 飯塚秀彦,河野浩二,中瀬 一,関川敬義,松本由朗:再建術式と残胃胆汁逆流の胆道シンチグラムによる検討.第49回日本消化器外科学会総会1997.2.20〜2.21,久留米市.

10) 河野浩二,市原史子,松田政徳,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗,Rolf Kiessling:担癌におけるTリンパ球シグナル伝達分子(CD3zeta分子) 低下のメカニズムと癌集学的治療法.第49回日本消化器外科学会総会1997.2.20〜2.21,久留米市(機器センター) .

11) 鈴木哲也,長堀 薫,奥田純一,井上慎吾,松田政徳,松本由朗:全肝多発性肝細胞癌に対するマイクロウェーブ焼灼療法の治療効果ー肝切除術と比較して.第49回日本消化器外科学会総会1997.2.20〜2.21,久留米市.

12) 長堀 薫,松田政徳,鈴木哲也,奥田純一,井上慎吾,松本由朗:単結節型肝細胞癌の治癒切除例の遠隔成績からみた治療方針の検討.第49回日本消化器外科学会総会1997.2.20〜2.21,久留米市.

13) 藤井秀樹,楊洋,松本由朗:先天性総胆管拡張症に併存する肝門部胆管狭窄の臨床像とその意義.第49回日本消化器外科学会総会1997.2.20〜2.21,久留米市.

14) 松本由朗,藤井秀樹,関川敬義:膵頭十二指腸切除術(PD) における膵管非拡張例に対する膵腸吻合術.第49回日本消化器外科学会総会1997.2.20〜2.21,久留米市.

15) 飯野 弥,宮坂芳明,横山 章,関川敬義,松本由朗:当科における潰瘍性大腸炎の外科治療.山梨IBD研究会1997.2.21,甲府市.

16) 鈴木哲也,長堀 薫,松田政徳,奥田純一,井上慎吾,松本由朗:肝細胞癌破裂に対する治療方針の検討.第28回日本腹部救急医学会総会1997.3.13〜3.14,高知市.

17) 萩原英之,飯塚秀彦,河野浩二,関川敬義,松本由朗:胃癌術後に発症した亜型悪性高熱症が疑われた1例.第28回日本腹部救急医学会総会1997.3.13〜3.14,高知市.

18) 前田宜包,関川敬義,松本由朗:血液浄化法を施行した汎発性腹膜炎症例の1例.第28回日本腹部救急医学会総会1997.3.13〜3.14,高知市.

19) 草間俊行,井出澤剛直,藤井秀樹,松本由朗:ヒト大腸癌細胞株の浸潤能に対するgadolinium chlorideの抑制効果.第6回がん転移研究会総会1997.4.3〜4.4,広島市.

20) 高橋章弘,飯塚秀彦,長堀 薫,関川敬義,松本由朗,井上慎吾,加藤淳也,名取宏,松川哲之助:腫瘍内に大きな血腫を形成した乳癌の1例.第38回山梨県臨床外科医学会1997.4.5,山梨.

21) 斎藤哲規,高橋章弘,茂垣雅俊,小林正史,河野浩二,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗:術前科学療法によりPRの効果が得られたstage III 胃悪性リンパ腫の1例.第38回山梨県臨床外科医学会1997.4.5,山梨.

22) 清水大輔,松田政徳,平井 優,鈴木哲也,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗:巨大な腹腔内転移巣を形成した下肢原発の脂肪肉腫の1例.第38回山梨県臨床外科医学会1997.4.5,山梨.

23) 井上正行,宮坂芳明,深沢智基,横山 章,飯野弥,藤井秀樹,関川敬義,松本由朗,中村士郎:初回術後7年目に大網播腫性転移,9年目に膀胱直腸窩ならびに右鼠径管転移をきたしたS状結腸癌の1例.第38回山梨県臨床外科医学会1997.4.5,山梨.

24) 平井 優,茂垣雅俊,深沢智基,藤井秀樹,関川敬義,松田政徳,朝比奈利明,松本由朗:著名な肝萎縮を呈した肝内結石の1例.第38回山梨県臨床外科医学会1997.4.5,山梨.

25) 三浦和夫,草間俊行,磯野真由樹,白須達也,大塚博之,山田俊彦,藤井秀樹,松本由朗:特異な形態を呈した早期肝門部胆管癌の1例.第38回山梨県臨床外科医学会1997.4.5,山梨.

26) 前田宜包,田中行夫,三塚 繁,輿石直樹,宮坂芳明,飯野 弥,斎藤哲規,井上正行,関川敬義,松本由朗:消化器術後に衝心脚気を合併したと考えられる1例.第38回山梨県臨床外科医学会1997.4.5,山梨.

27) 藤井秀樹,茂垣雅俊,奥田純一,小林正史,松田政徳,松本由朗:上中部胆管癌の外科的切除の問題点と対策−術後肝門部照射の併施による縮小切除の可能性−.第97回日本外科学会総会1997.4.9〜4.11,京都市

28) 奥田純一,藤井秀樹,小林正史,板倉 淳,山本正之,松本由朗:ラット肝膵同時切除実験モデルにおける膵切除の工夫.第97回日本外科学会総会1997.4.9〜4.11,京都市(動物実験施設) .

29) 松田政徳,藤井秀樹,河野浩二,長堀 薫,関川敬義,松本由朗:消化器癌患者におけるTリンパ球CD3ζ鎖の発現低下と外科臨床における意義.第97回日本外科学会総会1997.4.9〜4.11,京都市.

30) 河野浩二,市原史子,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗:スキルス胃癌より誘導した自己腫瘍特異的CTLと養子免疫療法.第97回日本外科学会総会1997.4.9〜4.11,京都市.

31) 中瀬 一,河野浩二,関川敬義,松本由朗:担癌患者周術期における末梢血単球表面抗原発現率と血清サイトカイン値の検討.第97回日本外科学会総会1997.4.9〜4.11,京都市.

32) 長堀 薫,奥田純一,鈴木哲也,松田政徳,井上慎吾,松本由朗:画像診断の進歩による肝細胞癌術後再発の診断と治療成績の向上.第97回日本外科学会総会1997.4.9〜4.11,京都市

33) 鈴木哲也,長堀薫,松田政徳,奥田純一,井上慎吾,松本由朗:肝細胞癌破裂に対する治療方針の検討.第28回腹部救急医学会総会1997.4.9,高知市.

34) 松田政徳,安豊奇,茂垣雅俊,鈴木哲也,藤井秀樹,長堀 薫,松本由朗:最大径2cm以下の小肝細胞癌の病理学的特徴:同一病変内の分化度と細胞増殖能のheterogeneityの検討.第28回日本肝臓学会大会1997.4.17〜4.19,名古屋市.

35) 飯塚秀彦,関川敬義,市原史子,中瀬 一,河野浩二,松本由朗,藤野雅之:AFP産生胃癌の臨床的検討と治療上の問題点.第83回日本消化器病学会総会1997.4.17〜4.20,名古屋市.

36) 信川文誠,須田耕一,藤井秀樹,松本由朗:膵管内乳頭腫瘍の発育・進展及び通常型浸潤性膵管癌の浸潤初期像の解明.第83回日本消化器病学会総会1997.4.17〜4.20,名古屋市.

37) 松田 啓,長堀 薫,鈴木哲也,松本由朗,相野田隆雄,赤羽賢浩:初回切除後に生じた2度の異時性多中心性発癌に対しそれぞれ局所治療しえた高齢者の肝細胞癌の1例.第15回肝癌症例検討会1997.4.26,東京.

38) 飯塚秀彦,関川敬義,市原史子,中瀬 一,河野浩二,小河原忠彦,松本由朗:胃癌における脾摘の意義.第18回癌免疫外科研究会1997.5.28〜5.29,岐阜市.

39) 河野浩二,市原史子,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗:消化器癌における腫瘍特異的養子免疫療法とその問題点.第18回癌免疫外科研究会1997.5.28〜5.29,岐阜市.

40) 三村耕作,井上正行,清水大輔,松田 啓,河野浩二,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗:口腔・中咽頭・食道・胃重複癌の一例.第20回日本消化器病学会甲信越支部例会1997.5.31〜6.1,松本市.

41) 清水大輔,長堀 薫,平井 優,鈴木哲也,松田政徳,松本由朗,深田幸仁,大田昌治,岩本豪記,三俣昌子,中島 収:術前診断が困難であった肝血管筋脂肪腫の1例.第20回日本消化器病学会甲信越支部例会1997.5.31〜6.1,松本市.

42) 松田 啓,藤井秀樹,井上正行,茂垣雅俊,関川敬義,松本由朗:経過中全く黄疸が認められなかった進行肝門部胆肝癌の1切除例.第20回日本消化器病学会甲信越支部例会1997.5.31〜6.1,松本市.

43) 平井 優,茂垣雅俊,深沢智基,藤井秀樹,関川敬義,松本由朗,島 生乃,佐藤 公:若年男性に発症した膵solid cystic tumorの一例.第20回日本消化器病学会甲信越支部例会1997.5.31〜6.1,松本市.

44) 井上正行,宮坂芳明,輿石直樹,横山 章,飯野弥,関川敬義,松本由朗,大高雅彦,山口達也,久保克浩,小嶋裕一郎,藤野雅之:漿膜下層にも病変が見られたPeutz-Jephers症候群の1例.第20回日本消化器病学会甲信越支部例会1997.5.31〜6.1,松本市.

45) 牧野 寛,前田宜包,小俣秀雄,松田政徳,茂垣雅俊,宮坂芳明,飯野 弥,関川敬義,松本由朗,山根 徹,吉田洋二:T細胞由来小腸悪性リンパ腫の1例.第20回日本消化器病学会甲信越支部例会1997.5.31〜6.1,松本市.

40) 俵 章夫,久保克浩,嶋崎亮一,佐藤 公,中村俊也,小嶋裕一郎,両角敦朗,赤羽賢浩,藤野雅之,宮坂芳明,飯野 弥,関川敬義,松本由朗:虫垂粘液嚢胞腺癌の1例.第20回日本消化器病学会甲信越支部例会1997.5.31〜6.1,松本市.

46) 草間俊行,三浦和夫,大塚博之,白須達也,磯野真由樹,藤井秀樹,松本由朗:有茎性ポリープ型早期肝門部胆管癌の1切除例.第20回日本消化器病学会甲信越支部例会1997.5.31〜6.1,松本市.

47) 鈴木哲也,広瀬良和,河野浩二,藤井秀樹,松本由朗:胆嚢切石術後に胆嚢結石,総胆管結石を併発し肝内胆管狭窄を伴った胆管拡張症の一例.第20回日本消化器病学会甲信越支部例会1997.5.31〜6.1,松本市.

48) 清水大輔,飯塚秀彦,関川敬義,平井 優,河野浩二,松本由朗,赤尾正樹,瀬戸恵理,佐藤 公,藤野雅之:進行胃癌様所見を呈した胃カルチノイドの1例.第42回日本消化器内視鏡学会甲信越地方会1997.6.1,松本市.

49) 三村耕作,宮坂芳明,関川敬義,井上正行,斉藤哲規,牧野 寛,輿石直樹,深沢智基,松田政徳,飯野 弥,松本由朗:pseudomonas aeruginosaによる上行結腸癌術後感染性胃炎の1例.第42回日本消化器内視鏡学会甲信越地方会1997.6.1,松本市.

50) 松本由朗:肝切除術.第11回熊本癌治療セミナー1997.6.6,熊本市.

51) 長堀 薫,鈴木哲也,松田 啓,奥田純一,松田政徳,井上慎吾,松本由朗:全肝多発性肝細胞癌に対するマイクロウェーブ凝固療法の効果と予後.第19回癌局所療法研究会総会1997.6.6,千葉市.

52) 藤井秀樹,茂垣雅俊,松田政徳,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗:なぜ,膵胃吻合か−膵消化管縫合不全の回避と残存膵機能の温存を目的とした膵空腸吻合−.第24回日本膵切研究会1997.6.13〜6.14,横浜市.

53) 河野浩二,関川敬義,飯塚秀彦,松本由朗:胃悪性リンパ腫の臨床病理学的検討.第69回胃癌研究会1997.6.27,東京都.

54) 松田政徳,安 豊奇,茂垣雅俊,長堀 薫,藤井秀樹,松本由朗:日本住血吸虫症併存肝細胞癌切除症例の臨床病理学的検討.第33回日本肝癌研究会1997.6.27〜6.28,久留米市

55) 長堀 薫,鈴木哲也,松田 啓,奥田純一,松田政徳,井上慎吾,松本由朗:多中心性発癌を考慮した肝細胞癌術後再発の病態.第33回日本肝癌研究会1997.6.27〜6.28,久留米市.

56) 宮坂芳明,牧野 寛,斎藤哲規,飯野 弥,井上慎吾,長堀 薫,関川敬義,松本由朗,平島奈緒子:嚢胞状に拡張した乳管内に認められた径0.8cmの浸潤性乳管癌の1例.第765回外科集談会1997.6.28,つくば市.

57) 宮坂芳明,深沢智基,横山 章,飯野 弥,関川敬義,松本由朗:大腸癌肝転移切除例の検討.第47回大腸癌研究会1997.7.4,東京都.

58) 河野浩二,市原史子,中瀬 一,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗:食道癌周術期における単球機能の変動と免疫抑制機構の解明.第50回日本消化器外科学会総会1997.7.17〜7.18,横浜市.

59) 宮坂芳明,深沢智基,横山 章,飯野弥,藤井秀樹,関川敬義,松本由朗:ヒト大腸癌の局所浸潤における周囲間質の生物学的作用の検討.第50回日本消化器外科学会総会1997.7.17〜7.18,横浜市.

60) 藤井秀樹,楊 洋,茂垣雅俊,松田政徳,松本由朗:胆道癌発生の高危険群としての膵・胆管合流異常の臨床病理学的検討と外科治療.第50回日本消化器外科学会総会1997.7.17〜7.18,横浜市.

61) 山田治樹,石川 徹,江口英雄Mesalazine(5‐Aminosalicylic acid) が著効を示した活動期大腸クローン病の一症例.第50回日本消化器外科学会総会1997.7.17〜7.18,横浜市.

62) 信川文誠,須田耕一,藤井秀樹,松本由朗:ムチンからみた膵管内乳頭腫瘍の発育・進展.第8回日本消化器癌発生学会1997.9.4〜9.5,大阪市.

63) 藤井秀樹,小林正史,茂垣雅俊,松田政徳,松本由朗,信川文誠,須田耕一:膵・胆管合流異常における胆管と膵管の合流形式の分類は発生学的にみて意味があるか.第20回日本膵管胆道合流異常研究会1997.9.20,名古屋市

64) 茂垣雅俊,藤井秀樹,小林正史,松田政徳,板倉淳,松本由朗,信川文誠,須田耕一:膵・胆管合流異常と膵炎−膵癒合不全の併存例も含めて−.第20回日本膵管胆道合流異常研究会1997.9.20,名古屋市.

65) 水上佳樹,宮坂芳明,宮川直登,三井文彦,土屋雅人,松田政徳,茂垣雅俊,石川 徹,関川敬義,松本由朗:憩室炎の穿痛によるS状結腸膀胱瘻の1例.第766回外科集談会1997.9.20,東京都.

66) 井出澤剛直,草間俊行,藤井秀樹,松本由朗:Boyden chamberによるヒト膵癌細胞株PSN‐1の選別とその亜株のMatrigelへの浸潤能の検討(in vitro) .第56回日本癌学会総会1997.9.25〜9.27,京都市.

67) 草間俊行,井出澤剛直,藤井秀樹,松本由朗:ヒト大腸癌細胞株の浸潤能に対するgadolinium chlorideの抑制効果.第56回日本癌学会総会1997.9.26,京都市(機器センター) .

68) 河口賀彦,石川 徹,宮坂芳明,國友和善,松田政徳,藤井秀樹,関川敬義,松本由朗:直腸癌壁外浸潤に対し,仙骨前面部分合併切除を施行し得た1例.第39回山梨県臨床外科医学会1997.10.4,山梨.

69) 宮川直登,土屋雅人,國友和善,宮坂芳明,茂垣雅俊,藤井秀樹,関川敬義,松本由朗:急速に増大した右乳房葉状腫瘍の1例.第39回山梨県臨床外科医学会1997.10.4,山梨.

70) 宮坂芳明,深沢智基,横山 章,石川 徹,関川敬義,松本由朗,江口英雄:大腸粘液癌の臨床病理学的検討.第52回日本大腸肛門病学会総会1997.10.17〜10.18,静岡県浜松市.

71) 藤井秀樹,茂垣雅俊,奥田純一,小林正史,松田政徳,松本由朗:上中部胆管癌の外科的切除の問題点と対策.山梨総合医学会1997.10.17,甲府.

72) 井上慎吾,長堀 薫,長沼 宏,井上理恵,松本由朗:乳癌予後因子の検討.山梨総合医学会1997.10.17,甲府.

73) 松田政徳,松本由朗:B型肝炎ウイルス関連肝細胞癌のクロナリティーの解析:分子生物学的検討例について.第1回日本肝臓学会大会1997.10.23〜10.24,盛岡市.

74) 長堀 薫,鈴木哲也,松田 啓,奥田純一,井上慎吾,松本由朗:全肝多発性肝細胞癌に対するマイクロウェーブ焼灼療法の治療効果ー肝切除術と比較して.第16回マイクロウェーブサージェリー研究会1997.10.25,福岡.

75) 山田治樹,石川 徹,江口英雄,松本由朗,小宮山明:虫垂原発印環細胞癌の1例.第39回日本消化器病学会大会1997.10.29〜10.31,福岡.

76) 市原史子,河野浩二,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗:超高齢者胃癌手術症例の検討.第59回日本臨床外科医学会総会1997.11.13〜11.15,大阪市.

77) 飯塚秀彦,河野浩二,関川敬義,松本由朗:当科における残胃の癌の臨床的検討.第59回日本臨床外科医学会総会1997.11.13〜11.15,大阪市.

78) 長堀 薫,鈴木哲也,松田 啓,松田政徳,井上慎吾,松本由朗:単発再発した肝細胞癌に対する治療戦略.第59回日本臨床外科医学会総会1997.11.13〜11.15,大阪市.

79) 三井文彦,宮坂芳明,水上佳樹,松田政徳,石川徹,関川敬義,松本由朗:子宮体癌を異時性に3多発胃癌および大腸癌を同時性に重複したHNPCC(遺伝性非ポリポーシス大腸癌) の1例.第21回日本消化器病学会・第43回日本消化器内視鏡学会甲信越地方会1997.11.15〜11.16,松本市.

80) 土屋雅人,茂垣雅俊,宮川直登,宮坂芳明,藤井秀樹,関川敬義,松本由朗,渡辺義行,佐藤 公,藤野雅之:先天性総胆管拡張症,膵管胆道合流異常,膵部分癒合不全に腹側膵膵石症を合併した1例.第21回日本消化器病学会・第43回日本消化器内視鏡学会甲信越地方会1997.11.15〜11.16,松本市.

81) 河口賀彦,松田 啓,河野浩二,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗:食道原発のいわゆる癌肉腫の転移が疑われた胃粘膜下腫瘍の1例.第21回日本消化器病学会・第43回日本消化器内視鏡学会甲信越地方会1997.11.15〜11.16,松本市

82) 水上佳樹,河野浩二,三井文彦,松田啓,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗,:粘膜下腫瘍様形態を示した食道表在癌の一例.第21回日本消化器病学会・第43回日本消化器内視鏡学会甲信越地方会1997.11.15〜11.16,松本市.

83) 渡辺義行,瀬戸理恵,佐藤 公,北原史章,久保克浩,小嶋裕一郎,中村俊也,両角敦朗,赤羽賢浩,藤野雅之,茂垣雅俊,藤井秀樹,松本由朗:膵胆管合流異常及び膵管癒合不全に合併し,膵管内に結石を認めた急性再発性膵炎の1例.第21回日本消化器病学会・第43回日本消化器内視鏡学会甲信越地方会1997.11.15〜11.16,松本市.

84) 石川 徹,宮坂芳明,横山 章,関川敬義,松本由朗:同時性肝転移直腸癌の術後残肝再発に,5FU・CDDPの反復動注が有効であった1例.第31回山梨県制癌剤臨床研究会1997.11.21,甲府市.

85) 河野浩二,市原史子,飯塚秀彦,関川敬義,松本由朗,Rolf Kiessling:癌特異的養子免疫療法とシグナル伝達分子TCRzetaの変動.第10回日本BRM学会学術集会総会1997.12.4〜12.5,広島市.