研究領域へ
部門一覧へ戻る

研究業績一覧・Research Achievements
(1997)


外科学講座第2教室

Surgery 2




学 術 論 文


Research Papers


1) Yoshinori Seko, Osamu Sato, Atsuhiko Takagi, Yusuke Tada, Hiroshi Matsuo, Hideo Yagita, Ko Okumura, Yoshio Yazaki(1997) Perforin - Secreting Killer Cell Infiltration in the Aortic Tissue of Patients With Atherosclerotic Aortic Aneurysm. Japanese Circulation Journal,61(12):965‐970.

2) K.Takano, J.B.Atkinson, J .de Csepel, M.Nio, M.Kosi, D.W.Thomas, Y.Tada(1997) Length of transplanted small bowel required for adequate weight gain in rats. Pediatr Surg Int, 1:370‐373.

3) Shunya Shindo, Kouji Ogata, Seiichiro Katahira, Tadao Ishimoto, Kobayashi Masahiro, Osamu Suzuki, Kihachiro Kamiya, Yusuke Tada(1997) Delayed manifestation of aortic stenosis after blunt abdominal trauma:Report of a case. Surg Today, 27:76‐79.

4) S.Shindo, K.Iyori, T.Ishimoto, M.Kobayashi, O.Suzuki, S.Yoshii, K.Kamiya, Y.Tada(1997) Localised thrombus in the distal aortic arch:Its aetiology analysed by three‐dimentional mould model of the thoracic aorta.International Angiology, 16:171‐175.

5) Junya Katoh, Kouji Tsuchiya, Wataru Sato, Masato Nakajima, Yoshinao Iida(1997) Additional postbypass administration of tranexamic acid reduces blood loss after cardiac operations. J Thorac Cardiovasc Surg, 113:802‐804.

6) Samuel JK.ABRAHAM, Shinpei YOSHII, Shoji SUZUKI, Junya KATOH, Ryoichi HASHIMOTO, Kihachiro KAMIYA, Yusuke TADA, Takayuki KOMAI, Tetsushi TAN, Minako FUJISHIMA, Jun YANAI(1997) Balloon Angioplasty for Re - stenosis of Coarctation of Aorta:An Experimental Study in Rabbits. Yamanashi Med.J, 12(4):131‐142.

7) 多田祐輔(1997) 閉塞性動脈硬化症の疫学,治療学.31(3):289‐292.

8) 多田祐輔,吉井新平,神谷喜八郎,進藤俊哉,鈴木 修,毛利成昭,石本忠雄,小林正洋,佐藤紀,宮田哲郎(1997) 真性弓部大動脈瘤の発生と進展における弓部大動脈の3次元的捻れの関連について.脈管学,37:371‐378,1997.

9) 神谷喜八郎,伊從敬二,鈴木 修,進藤俊哉,石本忠雄,小林正洋,多田祐輔(1997) 下肢慢性動脈閉塞に対する自家静脈バイパスのグラフト不全に対する再血行再建.脈管学,37:15‐19.

10) 神谷喜八郎,伊從敬二,鈴木 修,進藤俊哉,小島淳夫,石本忠雄,小林正洋,多田祐輔(1997) 血管非剥離法を用いたFemoro‐distal Bypassの検討.脈管学,37(11):827‐830.

11) 神谷喜八郎,鈴木 修,伊從敬二,多田祐輔(1997) 脊髄虚血に関する新しい運動神経モニターの研究.外科治療,75(3) 352‐353.

12) 神谷喜八郎,鈴木 修,進藤俊哉,小島淳夫,伊從敬二,石本忠雄,小林正洋,多田祐輔(1997) 重症虚血肢に対する足関節部バイパス―血管非剥離法による成績向上に向けて―.日本血管外科学会雑誌,6:359‐364.

13) 高野邦夫,武藤俊治,西尾 徹,渡辺一晃,三宅知雄,毛利成昭,窪田晃治,斎藤 徹,小平雅基,長阪 智,腰塚浩三,中込 博,多田祐輔(1997) 小腸広範切除における回盲部の生理学的機能に関する実験的研究.小児外科,29(10):1340‐1344.

14) 高野邦夫,武藤俊治,西尾 徹,渡辺一晃,三宅知雄,毛利成昭,桜井裕幸,大矢知昇,中込 博,多田祐輔(1997) 幼若ラット短腸モデルにおける経腸栄養剤の比較.消化と吸収,20(2):5‐8.

15) 高野邦夫,長阪 智,窪田晃治,小平雅基,斉藤徹,三沢良輔,武藤俊治,西尾 徹,中込 博,多田祐輔,小嶋裕一郎(1997) 大建中湯(TJ‐100) の消化管運動における効果のメカニズム.Progress in Medicine, 17(9):2559‐2561.

16) 高野邦夫,武藤俊治,西尾 徹,桜井裕幸,古屋一茂,榊原賢士,大矢知昇,三沢良輔,斉藤 徹,小平雅基,窪田晃治,長阪 智,中込 博,多田祐輔(1997) 長期ステロイド治療による創傷治癒障害とサイトカイン.Progress in Medicine, 17(9):2620‐2621.

17) 斉藤 徹,高野邦夫,窪田晃治,小平雅基,長阪智,三沢良輔,西尾 徹,三宅知雄,武藤俊治,腰塚浩三,中込 博,多田祐輔(1997) INTERCEEDの術後癒着防止効果に関する実験的研究.Progress in Medicine, 17(9):2611‐2613.

18) 吉井新平,鈴木章司,保坂 茂,高橋 渉,加藤淳也,奥脇英人,大沢 宏,福田尚司,片平誠一郎,A. Samuel, 多田祐輔,丹 哲士,杉山 央,藤嶋美奈子,駒井孝行,矢内 淳(1997) 新生児.乳児期早期の先天性心疾患に対する術前画像診断−特にエコー診断のみの妥当性と限界−.山梨医科大学雑誌,12(2):63‐68.

19) 吉井新平,鈴木章司,保坂 茂,高橋 渉,加藤淳也,奥脇英人,大沢 宏,福田尚司,片平誠一,A. Samuel, 多田祐輔,丹 哲士,杉山 央,藤嶋美奈子,駒井孝行,矢内 淳(1997) 小児における複数回開心術症例の検討.山梨医科大学雑誌,12(4):151‐157.

20) 樋口浩二,鈴木章司,保坂 茂,吉井新平(1997) 体外循環時における体温変動の予測式作成.体外循環技術,23(3):7‐11.

21) 樋口浩二,佐藤有貞,金子雄二,鈴木章司,保坂茂,吉井新平,神谷喜八郎,多田祐輔(1997) 当院で新たに開発した体外循環支援システム「ナビゲータ・システム1」について.体外循環技術,24(1):28‐32.

22) 杉山 央,矢内 淳,駒井孝行,丹 哲士,内藤 敦,中澤眞平,保坂 茂,鈴木章司,吉井新平(1997) Bland White Garland症候群におけるMRIおよび心筋シンチグラムの有用性.日本小児循環器学会雑誌,13(4):551‐558.

23) 子鹿 学,杉田完爾,飯島 純,佐野友昭,藤嶋美奈子,佐田佳美,草鹿砥宗隆,宮本直彦,望月美恵,中澤眞平,吉井新平,高野邦夫,多田祐輔(1997) high‐dose melphalan,etoposide, carboplatin(MEC) 療法を前処置として末梢血幹細胞移植を施行した悪性奇形種(stage II) の1男児例.小児がん,3(1):45‐49.

24) 進藤俊哉(1997) 動脈閉塞の症状と治療.第5回山梨県病院薬剤師会生涯教育研修会講演集,1‐3.

25) 進藤俊哉,小島淳夫,石本忠雄,伊從敬二,小林正洋,鈴木 修,神谷喜八郎,多田祐輔(1997) 腹部大動脈瘤手術症例における血小板凝集能の変動:塩酸サルポグレラート服用の影響について.平成8年度セロトニン(5‐HT2) 研究会報告,20.

26) 進藤俊哉,小島淳夫,伊從敬二,石本忠雄,小林正洋,鈴木 修,神谷喜八郎,多田祐輔(1997) 閉塞性動脈硬化症を合併した慢性透析患者に対する下肢血行再建手術の問題点―特に糖尿病合併について―.日本血管外科学会雑誌,6:791‐796.

27) 保坂 茂,鈴木章司,片平誠一郎,井上秀範,進藤俊哉,吉井新平,神谷喜八郎,多田祐輔(1997) 外腸骨動脈塞栓部が瘤化した感染性心内膜炎による僧帽弁閉鎖不全の1例.日本心臓血管外科学会雑誌,26(3):190‐192.

28) 保坂 茂,鈴木章司,加藤淳也,佐々木啓明,大沢 宏,福田尚司,片平誠一郎,吉井新平,神谷喜八郎,多田祐輔(1997) 上行大動脈粥状硬化性病変の術中エコー評価と手術戦略.日本胸部外科学会雑誌,45(12):1916‐1921.

29) 中込 博,小野敏愛,岡 澄子,内田真由美,阿部 斉(1997) 乳癌集団検診を施設検診に代えて.山梨医学,25:51‐53.

30) 中込 博,羽田真朗,腰塚浩三,武藤俊治,渡辺一晃,高野邦夫,堀米政利,山寺陽一,飯田文良,多田祐輔(1997) 少量連日Cisplatin投与法における免疫賦活効果.癌と化学療法,24(3):323‐327.

31) 中込 博,羽田真朗,桜井裕幸,腰塚浩三,武藤俊治,高野邦夫,多田祐輔,今村公一,小山敏雄(1997) 血清可溶性CD44の由来と測定の意義について.Biotherapy,11(5):617‐618.

32) 鈴木章司,吉井新平,保坂 茂,A. Samuel,  高橋 渉,奥脇英人,片平誠一郎,神谷喜八郎,多田祐輔,矢内 淳,駒井孝行,杉山 央,丹 哲士,内藤 敦,川村淳夫(1997) 当院における小児心臓手術の現況.山梨医学,25:95‐99.

33) 鈴木章司,吉井新平,保坂 茂,加藤淳也,伊從敬二,桜井裕幸,A.サミュエル,橋本良一,多田祐輔,藤嶋美奈子,駒井孝行,矢内 淳(1997) 乳児期早期に発症した左上大静脈遺残合併心房中隔欠損症の1例.心臓,29(5):418‐424.

34) 武藤俊治,西尾 徹,高野邦夫,神谷喜八郎,多田祐輔(1997) 凝固第VIII因子インヒビター患者の一例.山梨輸血研究会会報,13(1):3‐6.

35) 奥脇英人,高橋 渉,伊從敬二,片平誠一郎,鈴木章司,保坂 茂,吉井新平,多田祐輔(1997) 山梨医科大学第2外科における肺癌手術症例の検討(II) .山梨肺癌研究会会誌,10(1):16‐18.

36) 毛利成昭,西島栄治(1997) 胆道閉鎖症患児における小柴胡湯服薬中止の影響.Progress in Medicine, 17(9):2543‐2546.

37) 平田 勇,木村壮介,道端哲郎,大澤 宏,久米誠人,賀嶋俊隆(1997) 真性胸部下行大動脈瘤再発・切迫破裂を来したVasculo - Behcet病の1手術治験例.日本胸部外科学会雑誌,45(8):1173‐1177.

38) 窪田健司,霜多 広,大和庸次,石原重樹,堤 正夫,椿原基史,山崎明男(1997) 胸膜炎患者における胸水中の腫瘍マーカー測定の意義.山梨肺癌研究会会誌, 10(1):1‐5.

39) 窪田健司,霜多 広,石原重樹,堤 正夫,山崎明男,大和庸次,椿原基史(1997) 肺動脈血栓塞栓症を合併した肺癌の1切除例.山梨肺癌研究会会誌, 10(2):82‐87.

40) 片平誠一郎,高橋 渉,奥脇英人,鈴木章司,保坂 茂,吉井新平,多田祐輔(1997) 肺野末梢性病変に対する胸腔鏡下肺部分切除の問題点と展望.山梨肺癌研究会会誌, 10(2):88‐90.

41) 桜井裕幸,浅川真己,渡野辺郁雄,千葉成宏,小山敏雄,大森樹美枝(1997) 甲状腺癌に重複した悪性胸膜中皮腫の1手術例.山梨肺癌研究会会誌, 10(1):41‐46.

42) 横須賀哲哉,三宅知雄,奥田純一,千葉成宏,竹崎 徹,保坂恭子,小山敏雄,大森樹美枝(1997) 精巣腫瘍肺転移の3切除例.山梨肺癌研究会会誌, 10(2):91‐95.

43) 大矢知昇,高野邦夫,毛利成昭,西尾 徹,武藤俊治,腰塚浩三,中込 博,吉井新平,鈴木章司,神谷喜八郎,多田祐輔,中込 博,溝部直樹,中澤眞平(1997) 当科における先天性食道閉鎖症の治療.山梨医学, 25:124‐126.


単 行 本


Books


1) 多田祐輔(1997) 末梢動脈疾患.EBM現代内科学(黒川 清,斎藤英彦,矢崎義雄編集) .金芳堂,京都,641‐647.

2) 高野邦夫,武藤俊治,西尾 徹,渡辺一晃,三宅知雄,萩原 純,芹沢 大,中込 博,多田祐輔(1997) 当科における乳癌の診断と治療.乳癌の診断と治療(真興交易医書出版部編集) .医書出版部,東京, 217‐225.

3) 進藤俊哉,多田祐輔(1997) 静脈弁不全症.静脈およびリンパ管疾患と外科第1版(前田肇監修) .日本アクセル・シュプリンガー出版,東京,93‐94.

4) 進藤俊哉(1997) 側頭動脈炎,四肢末梢動脈瘤.循環器研修医ノート(永井良三編集) .診断と治療社,東京,879‐881.


学 会 発 表


Oral Presentations


1) Yusuke Tada:PLENARY LECTURE Reappraisal of Temporary Bypass Method in Surgery for Aortic Arch Aneurysm.Indian association of Cardiothoracic& vascular surgeons conference, 1997, India.

2) Yusuke Tada:Invited lecture ;Historical Review and Current Status of Surgical Treatment of Takayasu's Arteritis in Japan.Madras- Yamanashi Medical exchange programme.1997, India.

3) Tada Yusuke:GUEST LUCTUR“Surgical Repair Of Aortic Arch Aneurysms ".43rd Annual Conference of the Indian Association of Cardiovascular Thoracic Surgeons, 1997, India.

4) Yusuke Tada, Kihachiro Kamiya, Osamu Sato,Tetsuro Miyata:Benefits and Probrems in Sugery of Takayasu's Arteritis.International Vascular Symposium in Fukushima, 1997, 福島.

5) K.Takano, N. Mouri, T. Miyake, K. Koshizuka, S.Muto, H. Nakagomi, Y. Tada:Intestinal motility after biliary reconstruction. THREE DECADES OF ADVANCES IN GASTROINTESTINAL MOTILITY. 1997, 神戸.

6) Kunio Takano, Naruaki Mouri, Hiroyuki Sakurai,Noboru Oyachi, Masako Kubo, Makoto Iwabuchi,Yusuke Tada:CYTOKINE AND IMPAIRED WOUND HEALING BY CORTICOSTEROIDS.30th Annual Meeting Pacific Association of Pediatric Surgeons, 1997, Arizona.

7) K Takano, N Mouri, H Sakurai, K Sakakibara, N Oyachi, H Arai, T Miyake, T Nishio, S Muto, H Nakagomi, Y Tada:SPLENOTRANSPLANTATION FROM MOTHER TO CHILD INDUCES PROLONGED IMMUNOTOLERANCE TO INTESTINAL TRANSPLANTATION IN RATS.5th International Symposium on Intestinal Transplantation, 1997, Cambridge.

8) Kunio Takano,Hiroshi Nakagomi,Shunji Muto,Tooru Nishio, Ikko Watanabe, Naruaki Mouri, Hiroyuki Sakurai,Noboru Oyachi,Yusuke Tada:The Effect of Corticosteroids on Cytokine Levels in the Healing Wound.日本BRM学会学術集会総会,1997,広島.

9) S.Yoshii, S. Suzuki, S. Hosaka, W. Takahashi, S.Abraham, S. Fukuda, Y. Tada, J. Yanai, T. Komai,H. Sugiyama, T. Tan, M. Fujishima:Usefulness of the actual size true3D reconstruction imaging for atrial separation procedure in Cardiac Surgery.43rd Annual Conference of the Indian Association of Cardiovascular Thoracic Surgeons,1997,India.

10) S. Yoshii:Repair of Truncus Arteriosus by Barbero - Marcial Method.2nd Chennai - Yamanashi Medical Exchange Programme, Seminar in Cardiovascular Thoracic Surgery, 1997, India.

11) S.Yoshii:Guest lecture ;Surgical diagnosis and treatment of malignant tumors ot the chest. National congress on disease of the chest organized by the American college of chest physicians south india chapter. 1997, India.

12) Shunya Shindo, Abraham Samuel, Atsuo Kojima,Keiji Iyori, Tadao Ishimoto, Masahiro Kobayashi,Osamu Suzuki, Kihachiro Kamiya, Yusuke Tada:Arterial reconstruction in the upper extremity;its clinical aspects.43rd Annual Conference of the Indian Association of Cardiovascular Thoracic Surgeons, 1997,India.

13) Shunya Shindo:Sural artery bypass for ischemic toe ulcer in Buerger's disease.2nd Chennai(Madras) ‐Yamanashi Medical Exchange Programme, 1997, India.

14) S. Shindo, A. Kojima, T. Ishimoto, K. Iyori, M. Kobayashi, O. Suzuki, K. Kamiya,Y. Tada:Problems in reconstructive arterial surgery for critical ischemia in the lower extremities.23rd World Congress of ISCVS, 1997, London.

15) Suzuki Shoji, Samuel J K Abraham,Shinpei Yoshii, Kihachiro Kamiya,Shigeru Hosaka, Wataru Takahashi, Hideto Okuwaki, Junya katoh, Hiroshi Osawa, Tada Yusuke:Perioperative Management of Ventricular Septal Defect Associated With Pulmonary Hypertension.43rd Annual Conference of the Indian Association of Cardiovascular Thoracic Surgeons, 1997, India.

16) Suzuki Shoji:Guest Lecture ;Surgical treatment for myasthenia Gravis.National congress on disease of the chest organized by the American college of chest physicians south india chapter, 1997, India.

17) Masao Hada, Takeshi Sano, Hitoshi Katai, Mithuru Sasako, Keiichi Maruyama:PANCREATIC COMPLICATION AFTER TOTAL GASTRECTOMY WITH SPLENECTOMY.Gastric Surgery Division, National Cancer Center Hospital Tokyo, Japan The international college of surgeons, 1997, 長崎.

18) Hiroaki Sasaki, Fumio Yamamoto, Yoshihiro Suematu, Yutaka Hino, Satoshi Hirose, Jun Okawara,Shinichi Takamoto:The effect of Na/Ca exchange antagonist(KB-R7943) upon post ischemic functional recovery in isolated rat heart. Mvocardial Protection from Surgical Ischemic - Reperfusion Injury, 1997, USA.

19) Hiroaki Sasaki, Yutaka Okita, Hiroshi Matsuo, Shinichi Takamoto, Motomi Ando, Tetsurou Morota, Ritsu Matsukawa:Long - term result of medical treatment for thrombosed acute type A aortic dessection. American Heart Association,1997, USA.

20) M. Mouri, Y. Shima, A. Gouchi, H. Tsuge, N.Tanaka, T. Yamasato:Effects of gastrectomy on caerulein-induced inhibitory response of the human sphincter of Oddi. -ordinary gastrectomy vs. pylorus -preserving gastrectomy -. THREE DECADES OF ADVANCES IN GASTROINTESTINAL MOTILITY, 1997, 神戸.

21) Samuel JK Abraham, S. Yoshii, S. Suzuki, J. Katoh, S. Hosaka, R. Hashimoto, K. Kamiya:Balloon Angioplasty For Post Operative Restenosis - An Experimental Study In Rabbits.43rd Annual Conference of the Indian Association of Cardiovascular Thoracic Surgeons, 1997, India.

22) 多田祐輔:創傷治癒−最新の知見.第4回日本外科学会生涯教育セミナー(関東部会) ,1997,東京.

23) 多田祐輔:特別講演;重症虚血肢に対する外科治療の再評価.第10回関東・甲信越MMC研究会,1997,東京.

24) 多田祐輔,神谷喜八郎,進藤俊哉,鈴木 修,石本忠雄,伊從敬二,小島淳夫,佐藤 紀,宮田哲郎,難波俊之:シンポジウム「弓部大動脈瘤(真性,解離性) の手術方式と術後管理上の問題」.第97回日本外科学会総会,1997,京都.

25) 多田祐輔:閉塞性動脈硬化症の病理と自然経過.ラジオ短波,1997,東京.

26) 多田祐輔:招請講演;泌尿器科領域における血管の処理.日本泌尿器科学会東部会,1997, 甲府.

27) 神谷喜八郎,進藤俊哉,鈴木 修,石本忠雄,小林正洋,小島淳夫,伊從敬二,多田祐輔:真性弓部・腹部大動脈瘤および腕頭動脈瘤合併例の一時バイパス法による同時手術.第38回日本脈管学会総会,1997.

28) 神谷喜八郎,伊從敬二,石本忠雄,小林正洋,小島淳夫,進藤俊哉,多田祐輔:特別講演;虚血肢治療における下腿動脈バイパスの意義と手術成績−血管非剥離法による手術成績の向上−.第71回山梨循環器疾患症例検討会,1997,山梨.

29) 神谷喜八郎:パネルディスカッション−輸血のTrigger−;大血管外科の立場から.第13回山梨輸血研究会総会,1997,山梨.

30) 高野邦夫:小腸広範切除例における回盲部の生理学的機能に関する実験的研究.第27回日本小児消化管機能研究会,1997,福岡.

31) 高野邦夫:紫雲膏の創傷治癒促進効果に関する実験的研究.日本東洋医学会専門医制度委員会平成8年度関東甲信越地区学術講演会,1997,東京.

32) 高野邦夫,毛利成昭,窪田晃治,斉藤 徹,長阪智,小平雅基,三沢良輔,西尾 徹,中込 博,多田祐輔:母子間脾移植に関する実験的研究.第10回日本小児脾臓研究会,1997,東京.

33) 高野邦夫,長阪 智,窪田晃治,小平雅基,斉藤徹,三沢良輔,武藤俊治,西尾 徹,中込 博,多田祐輔,小嶋裕一郎:大建中湯(TJ‐100) の消化管運動における効果のメカニズム.第3回小児外科漢方研究会,1997,山梨医大.

34) 高野邦夫:肝疾患における小柴胡湯の治療効果.第35回山梨漢方医学研究会,1997,山梨.

35) 高野邦夫,中込 博,武藤俊治,西尾 徹,毛利成昭,三宅知雄,萩原 純,古屋一茂,佐藤章夫,多田祐輔:DMBA誘発性乳癌ラットモデルにおける脾摘の影響.第18回癌免疫外科研究会,1997, 岐阜.

36) 高野邦夫,小平雅基,斉藤 徹,窪田晃治,長阪智,大矢知昇,毛利成昭,三宅知雄,武藤俊治,腰塚浩三,中込 博,多田祐輔:ステロイド治療の胆汁排泄効果に関する実験的研究.第34回日本小児外科学会総会,1997,新潟.

37) 高野邦夫,窪田晃治,斉藤 徹,小平雅基,長阪智,毛利成昭,三宅知雄,西尾 徹,武藤俊治,腰塚浩三,中込 博,多田祐輔:小腸広範切除術における回盲部の生理学的機能に関する実験的研究.第34回日本小児外科学会総会,1997, 新潟.

38) 高野邦夫,斉藤 徹,窪田晃治,小平雅基,長阪智,三沢良輔,西尾 徹,三宅知雄,武藤俊治,腰塚浩三,中込 博,多田祐輔:INTERCEEDの術後癒着防止効果に関する実験的研究.第34回日本小児外科学会総会,1997, 新潟.

39) 高野邦夫,武藤俊治,西尾 徹,三宅知雄,毛利成昭,桜井裕幸,中込 博,多田祐輔:幼若ラット短腸モデルにおける経腸栄養剤の比較.第28回日本消化吸収学会総会,1997, 東京.

40) 高野邦夫,武藤俊治,西尾 徹,三宅知雄,毛利成昭,中込 博,多田祐輔:グローション中心静脈カテーテルの使用経験.第34回日本外科代謝栄養学会,1997, 東京.

41) 高野邦夫:UFTにおける大腸癌の治療.第4回山梨癌治療セミナー,1997, 甲府.

42) 高野邦夫,武藤俊治,西尾 徹,毛利成昭,三宅知雄,大矢知昇,小平雅基,斉藤 徹,窪田晃治,長阪 智,腰塚浩三,中込 博,多田祐輔:利胆剤としてのステロイドおよびリポPGE1の効果.第24回日本小児栄養消化器病学会,1997, 横浜.

43) 高野邦夫:興味ある経過を呈したYork sac tumorの1例.第13回日本小児がん学会, 1997, 熊本.

44) 高野邦夫,西尾 徹,渡辺一晃,明石興彦,松原寛知,武藤俊治,中込 博,多田祐輔:超音波検査により術前後肝内胆管が認められた胆道閉鎖症の1例.第24回日本胆道閉鎖症研究会,1997,熊本.

45) 高野邦夫,武藤俊治,西尾 徹,渡辺一晃,腰塚浩三,中込 博,多田祐輔:長期ステロイド治療下における創傷治癒障害とサイトカイン.第27回日本小児外科代謝研究会,1997,東京.

46) 高野邦夫,武藤俊治,西尾 徹,渡辺一晃,桜井裕幸,古屋一茂,榊原賢士,大矢知昇,中込 博,多田祐輔:ステロイド治療による創傷治癒障害とそのメカニズム.第27回創傷治癒研究会, 1997,東京.

47) 高野邦夫,大矢知昇,荒井洋志,毛利成昭,渡辺一晃,西尾 徹,武藤俊治,中込 博,吉井新平,多田祐輔:当科における先天性食道閉鎖症の治療.第245回新潟外科集談会,1997,新潟.

48) 吉井新平,鈴木章司,保坂 茂,高橋 渉,加藤淳也,大沢 宏,福田尚司,片平誠一郎,多田祐輔:新生児乳児期早期の開心症例に対する画像診断 −超音波診断のみの妥当性と限界−.第27回日本心臓血管外科学会総会,1997,尼崎.

49) 吉井新平,鈴木章司,保坂 茂,高橋 渉,A.Samuel, 多田祐輔:MR画像からの簡易実物大立体像による心房分割手術.第4回新潟心臓血管肺手術手技研究会,1997, 新潟.

50) 吉井新平,鈴木章司,保坂 茂,高橋 渉,奥脇英人,加藤淳也,福田尚司,A. Samuel,  多田祐輔:小児における複数回開心術症例の検討 −再開心術は危険因子になるか−.第34回日本小児外科学会総会,1997,新潟.

51) 吉井新平,鈴木章司,保坂 茂,松原寛知,天白典秀,高橋 渉,奥脇英人,片平誠一郎,多田祐輔:TCPC術後横隔神経麻痺に合併した難治性胸水に対し腹腔への横隔膜開窓術が奏効した1例.第103回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1997,東京.

52) 吉井新平,保坂 茂,鈴木章司,高橋 渉,奥脇英人,福田尚司,多田祐輔:胸部外科領域における術中術後感染予防対策とその効果.第50回日本胸部外科学会総会,1997, 東京.

53) 杉山 央,矢内 淳,駒井孝行,丹 哲士,内藤敦,中澤眞平,吉井新平,保坂 茂,鈴木章司:完全大血管転位のJatene手術後冠動脈障害におけるジピリダモール負荷 99mTc‐Tetrofosmin心筋SPECT所見.第33回日本小児循環器学会総会・学術集会,1997, 京都.

54) 矢内 淳,駒井孝行,杉山 央,丹 哲士,内藤敦,角野敏恵,中澤眞平,吉井新平,保坂 茂,鈴木章司:経皮的心肺補助装置(PCPS) の使用により救命し得た劇症型心筋炎の1例.第33回日本小児循環器学会総会・学術集会,1997,京都.

55) 進藤俊哉,小島淳夫,石本忠雄,伊從敬二,小林正洋,鈴木 修,神谷喜八郎,多田祐輔:腹部大動脈瘤手術症例における血小板凝集能の変動;塩酸サルポグレラート服用の影響について.第2回関東甲信越セロトニン研究会学術集会,1997,東京.

56) 進藤俊哉,小島淳夫,石本忠雄,伊從敬二,小林正洋,鈴木 修,神谷喜八郎,多田祐輔,橋本良一:腹部大動脈瘤術後グラフト感染に対するグラフト摘除術―特に大動脈断端処理について.第27回日本心臓血管外科学会,1997, 尼崎.

57) 進藤俊哉,小島淳夫,伊從敬二,石本忠雄,小林正洋,鈴木 修,神谷喜八郎,多田祐輔:腓骨バイパス症例の検討.第97回日本外科学会総会,1997, 京都.

58) 進藤俊哉,榊原賢士,小島淳夫,石本忠雄,伊從敬二,小林正洋,鈴木 修,神谷喜八郎,多田祐輔:上腕部仮性動脈瘤,前腕動脈閉塞を来した症例に対する瘤切除,尺骨―橈骨動脈深掌枝バイパス(video symposium).第25回日本血管外科学会総会,1997, 福島.

59) 保坂 茂,鈴木章司,明石興彦,葛 仁猛,坂 晶,榊原賢士,蓮田憲夫,松原寛知,吉井新平,多田祐輔:僧帽弁閉鎖不全が主病態だった左冠動脈肺動脈起始症の1例.第101回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1997, 東京.

60) 保坂 茂,鈴木章司,片平誠一郎,蓮田憲夫,大矢知昇,吉井新平,多田祐輔:ホンバン長期連用中に心不全を契機に発症した左房内血栓の1例.第38回山梨シネアンギオ懇話会,1997, 甲府.

61) 保坂 茂,鈴木章司,片平誠一郎,蓮田憲夫,大矢知昇,吉井新平,多田祐輔:前立腺癌に対するホルモン療法中に心不全を契機に発症した左房内血栓の1例.第102回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1997, 川崎.

62) 保坂 茂,鈴木章司,葛 仁猛,坂 晶,松原寛知,吉井新平,神谷喜八郎,多田祐輔:動脈グラフトのみによる多枝バイパス例の検討.第7回甲信心臓血管外科カンファレンス,1997, 山梨.

63) 保坂 茂,宮原和弘,鈴木章司,天野 宏,吉井新平,神谷喜八郎,多田祐輔:バセドー病治療中に偶然発見された僧帽弁前尖左室側に発生した粘液腫様腫瘤の1例.第71回山梨循環器疾患症例検討会,1997, 甲府.

64) 保坂 茂,鈴木章司,宮原和弘,加賀重亜喜,天野 宏,古川 浩,天白典秀,吉井新平,神谷喜八郎,多田祐輔:前下行枝tandem病変の1例.第41回山梨シネアンジオ懇話会,1997, 甲府.

65) 宮坂芳明,保坂 茂,八木伸一,石原 司:直腸癌術後にMRSA感染性心内膜炎および真菌症を合併した1例.第6回真菌症勉強会,1997, 山梨医大.

66) 中込 博,三宅知雄,武藤俊治,萩原 純:Ki67陽性細胞率によるno乳癌の診断.第98回日本外科学会総会,1997, 東京.

67) 中込 博,高野邦夫,武藤俊治,西尾 徹:DMBA誘発性ラット乳癌モデルにおける脾摘の影響.第18回癌免疫外科研究会,1997, 広島.

68) 中込 博,三宅知雄,武藤俊治,萩原 純,古屋一茂,高野邦夫,今村公一,小山敏雄,多田祐輔:MIB1標識率が示唆する乳癌の特性.第5回日本乳癌学会総会,1997, 東京.

69) 中込 博,古屋一茂,萩原 純,三宅知雄,西尾徹,武藤俊治,高野邦夫,多田祐輔:Toremifeneの乳癌培養細胞におけるAdriamycin感受性増強効果.第15回癌DNA研究会,1997, 福島.

70) 鈴木章司,吉井新平,保坂 茂,高橋 渉,神谷喜八郎,多田祐輔:小児先天性心疾患手術における輸血療法.第13回山梨輸血研究会総会,1997,山梨.

71) 武藤俊治:ステロイド治療と創傷治癒障害.第3回山梨手術侵襲研究会,1997, 甲府.

72) 武藤俊治,西尾 徹,渡辺一晃,三宅知雄,桜井裕幸,古屋一茂,坂 晶,榊原賢士,腰塚浩三,中込 博,高野邦夫,多田祐輔:再発乳癌の診断と治療の問題点.第59回日本臨床外科医学会総会,1997, 大阪.

73) 武藤俊治:再発乳癌,特に骨転移症例でのアロマターゼインヒビターの使用経験.第2回山梨アロマターゼインヒビター研究会,1997, 甲府.

74) 鈴木 修,小島淳夫,石本忠雄,伊從敬二,小林正洋,進藤俊哉,吉井新平,神谷喜八郎,多田祐輔:弓部大動脈の加齢と瘤化に伴う形態的変化.第50回日本胸部外科学会総会,1997, 東京.

75) 羽田真朗,佐野 武,片井 均,笹子三津留,丸山圭一:幽門側胃切除後,Roux - Y再建の有用性.第26回胃外科研究会,1997,東京

76) 高橋 渉,奥脇英人,石本忠雄,吉井新平,多田祐輔:pN2非小細胞肺癌長期生存例の検討.第14回日本呼吸器外科学会総会,1997, 金沢.

77) 高橋 渉,奥脇英人,石本忠雄,吉井新平,多田祐輔:非小細胞肺癌cT1N0,pT1N2 症例に対する系統的リンパ節郭清の重要性.第38回日本肺癌学会総会,1997,仙台.

78) 高橋 渉,奥脇英人,喜納五月,鈴木章司,保坂茂,吉井新平,多田祐輔:非小細胞肺癌pN2 長期生存症例の検討.第19回山梨肺癌研究会,1997,甲府.

79) 小林正洋,古川 浩,榊原賢士,加賀重亜喜,片平誠一郎,伊從敬二,石本忠雄,進藤俊哉,神谷喜八郎,多田祐輔:結節性動脈周囲炎を伴う重症虚血肢に対しdistal bypassが有効であった一例.第5回日本血管外科学会関東甲信越地方会,1997,千葉.

80) 西尾 徹,武藤俊治,三宅知雄,中込 博,高野邦夫,神谷喜八郎,多田祐輔,芦沢一喜,小山敏雄:消化管平滑筋肉腫の予後判定因子としてのMIB‐1陽性率とDNA解析の意義.第50回日本消化器外科学会総会,1997,横浜.

81) 西尾 徹,中込 博,武藤俊治,三宅知雄,萩原純,芦沢一喜,小山敏雄,高野邦夫,多田祐輔:MIB‐1染色とDNA解析による消化管平滑筋腫の予後判定の意義.第15回癌DNA研究,1997,福島.

82) 奥脇英人,高橋 渉,片平誠一郎,吉井新平,神谷喜八郎,多田祐輔:胸腔鏡下肺部分切除術における問題点とPN catch(肺内腫瘤把持鉗子)の有用性.第5回山梨内視鏡下手術研究会,1997,甲府.

83) 奥脇英人,高橋 渉,喜納五月,鈴木章司,保坂茂,吉井新平,多田祐輔,金澤正樹,成宮賢行,西川圭一,石原 裕:気腫性肺嚢胞に隣接した1手術例.第19回山梨肺癌研究会,1997,甲府.

84) 加藤淳也,土屋幸治,佐藤 渉,松村剛毅,飯田良直:トラネキサム酸の開心術中・術後出血に対する抑制効果の検討.第27回日本心臓血管外科学会総会,1997,尼崎.

85) 加藤淳也,名取 宏,井上慎吾,井上理恵,松川哲之助,池田フミ:異所性縦隔内甲状腺腫の1切除例.第101回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1997,東京.

86) 加藤淳也,土屋幸治,佐藤 渉,大沢 宏,松村剛毅,飯田良直:シメチジンの人工心肺後の細胞性免疫能に対する効果の検討.第7回甲信心臓血管外科カンファランス,1997,山梨.

87) 加藤淳也,土屋幸治,佐藤 渉,大沢 宏,松村剛毅,飯田良直:Cimetidineの人工心肺後の細胞性免疫能低下に対する抑制効果の検討.第17回ヒスタミンレセプター研究会,1997,京都.

88) 加藤淳也,土屋幸治,大沢 宏,佐藤 渉,松村剛毅,飯田良直,鈴木章司,保坂 茂,吉井新平,多田祐輔:Cimetidineの人工心肺後の細胞性免疫能低下に対する抑制効果の検討.第50回日本胸部外科学会総会,1997, 東京.

89) 加藤淳也:シメチジンの人工心肺後の細胞性免疫能低下に対する抑制効果の検討.第29回山梨医科大学医学会例会,1997, 山梨医大.

90) 佐々木啓明,江石清行,中野清治,小坂井嘉夫,笹子佳門,小林順二郎:1年以内発症の人工弁感染性心内膜炎(PVE) の検討.第11回心臓血管外科ウィンターセミナー,1997, 新潟.

91) 佐々木啓明,山本文雄,小林順二郎,中山光由,末松義弘,日野 裕,広瀬 聡,大川原潤,小坂井嘉夫,高本眞一:Tepid Blood Cardioplegia.関西心筋保護フォーラム,1997, 大阪.

92) 佐々木啓明,山本文雄,平居秀和,平野雅生,中嶋俊介,川瀬鉄典,大川原潤,末松義弘,高本眞一:新しいNa―Ca交換系阻害剤を用いた虚血再灌流障害防止法に関する実験的検討.第27回日本心臓血管外科学会総会,1997, 兵庫.

93) 佐々木啓明,山本文雄,平居秀和,平野雅生,中嶋俊介,川瀬鉄典,大川原潤,末松義弘,高本眞一:新しいNa―Ca交換系阻害剤の心筋保護への応用.第97回日本外科学会総会,1997, 京都.

94) 佐々木啓明,大北 裕,師田哲郎,安藤太三,高本眞一:大動脈炎に起因するAAE, ARに対するAortic root remodelingの2治験例.第40回日本胸部外科学会地方会(関西) ,1997, 兵庫.

95) 伊從敬二,小西敏雄,樋口和彦,深田 睦,秋島信二:大動脈オクルーダー使用AVR1治験例.第102回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1997, 川崎.

96) 三宅知雄,千葉成宏,奥田純一,三井照夫,芦沢一喜,今村公一,中沢美知雄:当院における胸腔鏡手術の現況 −とくに開胸手術へ移行した症例について.第5回山梨内視鏡下手術研究会,1997, 甲府.

97) 毛利成昭,西島栄治:胆道閉鎖症患児における小柴胡湯服薬中止の影響.第3回小児外科漢方研究会,1997, 山梨医大.

98) 毛利成昭,西島栄治,連 利博,津川 力,長島義斉,楯川幸弘,佐藤志以樹:先天性食道狭窄症の治療戦略.第34回日本小児外科学会総会,1997, 新潟.

99) 渡辺一晃,進藤俊哉,天白典秀,小林正洋,伊從敬二,加賀重亜喜,古川 浩,西尾 徹,高野邦夫,神谷喜八郎,多田祐輔:Colonoscopyを契機に発症したと考えられた小腸平滑筋肉腫による腹腔内出血の1例.第767回外科集談会,1997, 東京.

100) 萩原 純,中村祐子,神戸雅子,山下共行,伊藤悠基夫,小原孝男,河上牧夫:続発性副甲状腺機能亢進症を併発したビタミンD抵抗性低リン血性くる病の4症例.第8回日本内分泌外科学会総会,1997, 大阪.

101) 萩原 純,武藤俊治,西尾 徹,三宅知雄,渡辺一晃,高野邦夫,多田祐輔:副甲状腺機能低下ラットモデル作製と同種副甲状腺移植治療の試み.第9回日本内分泌外科学会総会,1997, 名古屋.

102) 萩原 純:塩酸ファドロゾール(アフェマ) の抗腫瘍効果に関する実験的研究.第2回山梨アロマターゼインヒビター研究会,1997, 甲府.

103) 大澤 宏,土屋幸治,栗原寿夫,松村剛毅,飯田良直:動静脈瘻による心不全を呈した腹部動脈瘤の1手術例.山梨循環器疾患症例検討会第68回例会,1997, 甲府.

104) 大澤 宏,土屋幸治,栗原寿夫,松村剛毅,飯田良直:超高齢者(84歳) 石灰化大動脈弁狭窄症の1手術例.第102回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1997, 川崎.

105) 栗原寿夫,土屋幸治,大澤 宏,松村剛毅,飯田良直,松田 潔:外傷により生じた解離性腕頭動脈瘤の1例.第102回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1997, 川崎.

106) 大澤 宏,土屋幸治,栗原寿夫,斉藤博之,飯田良直:大動脈弁置換術後遠隔期に発症したII型解離性大動脈瘤の1手術例.第104回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1997, 東京.

107) 栗原寿夫,土屋幸治,大澤 宏,斉藤博之,飯田良直:両側内頚動脈狭窄,腕頭動脈瘤を伴った症例に対して冠動脈バイパス術を施行した1治験例.第104回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1997, 東京.

108) 小島淳夫,大矢知昇,榊原賢士,石本忠雄,伊從敬二,小林正洋,鈴木 修,武藤俊治,進藤俊哉,高野邦夫,神谷喜八郎,多田祐輔:門脈,上腸間膜静脈血栓症の2例.第17回日本静脈学会総会,1997, 金沢.

109) 芹沢 大:CDDP+5‐FU動注療法が奏功した大腸癌肝転移の2症例.第4回山梨癌治療セミナー,1997, 甲府.

110) 桜井裕幸,加藤 剛,都甲昭彦,大井悦弥,夏川周介:胃外発育型胃癌の1例.第89回信州外科集談会,1997, 長野.

111) 桜井裕幸,都甲昭彦,加藤 剛,大井悦弥,夏川周介,小山恒男,宮田佳典,中村陽子,山田 繁:O‐III型食道未分化sm癌の1例.第37回食道色素研究会,1997, 東京.

112) 桜井裕幸,増田竜児,由井和也,加藤 剛,宮本直志,石毛広雪,西沢延宏,大西一好,大井悦弥:超高齢者肺癌手術症例の検討.第90回信州外科集談会,1997, 松本.

113) 古屋一茂,中込 博,萩原 純,武藤俊治,西尾 徹,高野邦夫,神谷喜八郎,多田祐輔:ToremifeneのAdriamycine耐性乳癌培養細胞における抗癌剤増強効果.第5回日本乳癌学会総会,1997, 東京.

114) 古屋一茂,霜多 広,窪田健司,石原重樹,堤正夫,大和庸次,椿原基史:巨大肺嚢胞症術後に発生した肺癌の1例.第19回山梨肺癌研究会,1997, 甲府.

115) 加賀重亜喜,橋本良一,有泉憲史,虎走英樹,山寺陽一,堀米政利:急性腸間膜動脈閉塞症の2例.第23回山梨総合医学会,1997, 山梨

116) 加賀重亜喜,古川 浩,天野 宏,片平誠一郎,伊從敬二,小林正洋,進藤俊哉,神谷喜八郎,多田祐輔:腸管虚血を合併した急性大動脈解離の一治験例.第104回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,1997, 東京

117) 加賀重亜喜,進藤俊哉,鈴木 修,石本忠雄,大矢知昇,榊原賢士,神谷喜八郎,多田祐輔:大腿神経麻痺で発症した超高齢者破裂性腸骨動脈瘤の一例.第5回日本血管外科学会関東甲信越地方会,1997, 千葉.

118) 宮原和弘,堀米政利,芹沢 大,柚本俊一,山寺陽一,三枝孝文,飯田文良:腹部外傷後続発生に発症したイレウスの1例.第38回山梨県臨床外科医学会,1997, 山梨医大.

119) 井上秀範,中瀬 一,河野哲夫,菊地宙恵,山下浩子,知見貴雄:早期胃癌を合併した膵嚢胞腺癌の1切除例.第38回山梨県臨床外科医学会,1997, 山梨医大.

120) 榊原賢士,坂 晶,西尾 徹,小林正洋,武藤俊治,中込 博,高野邦夫,多田祐輔:乳腺アポクリン癌の1例.外科集談会,1997, 筑波.

121) 榊原賢士,三井照夫,奥田純一,浅川真己,高橋章弘,三宅知雄,芦沢一喜,千葉成宏,今村公一,中沢美知雄,高相和彦,小山敏雄:合流異常,総胆管拡張症をともなった膵炎の1例.第21回日本消化器病学会甲信越支部例会,1997,松本.

122) 蓮田憲夫,保坂 茂,鈴木章司,片平誠一郎,大矢知昇,高橋 渉,奥脇英人,吉井新平,多田祐輔:直腸癌術後MRSA感染による活動期IE+severe ARに対する緊急手術の1例.山梨循環器疾患症例検討会第68回例会,1997, 山梨.

123) 松原寛知,堀米政利,芹沢 大,柚本俊一,山寺陽一,三枝孝文,飯田文良,宮崎高行,矢島幹人:胃癌術後上顎転移を来した1例.第39回山梨県臨床外科医学会,1997, 山梨医大.

124) 明石興彦,小林正洋,西尾 徹,大矢知昇,武藤俊治,高野邦夫,神谷喜八郎,多田祐輔:頚部迷走神経鞘腫を合併した甲状腺乳頭腺癌の1例.第38回山梨県臨床外科医学会,1997, 山梨医大.

125) 坂 晶,進藤俊哉,鈴木 修,片平誠一郎,蓮田憲夫,神谷喜八郎,多田祐輔:下腿浮腫を主訴とした診断困難であった卵管癌の1例.第38回山梨県臨床外科医学会,1997, 山梨医大.

126) 坂 晶,保坂 茂,鈴木章司,松原寛知,天白典秀,吉井新平,多田祐輔:PVE治療後6ヶ月に急激にARが進行したA弁位CE弁の1例 −82歳の再弁置換術−.山梨循環器疾患症例検討会第69回例会,1997, 甲府.

127) 坂 晶,榊原賢士,西尾 徹,武藤俊治,中込博,高野邦夫,多田祐輔:癌性腹膜炎の原発巣診断と治療.第59回日本臨床外科医学会総会,1997, 大阪.

128) 坂 晶,虎走英樹,有泉憲史,橋本良一,池田華子,岩井和郎,三俣昌子:気腫性肺嚢胞に隣接して発症したため診断が遅れた腺扁平上皮癌の1例.第19回山梨肺癌研究会,1997, 甲府.

129) 大矢知昇,葛 仁猛,榊原賢士,石本忠雄,鈴木 修,進藤俊哉,神谷喜八郎,多田祐輔:門脈血栓症に対し小腸部分部分切除を要した特発性門脈血栓症の1例.外科集談会,1997, 東京.

130) 大矢知昇,高野邦夫,毛利成昭,西尾 徹,武藤俊治,腰塚浩三,中込 博,吉井新平,鈴木章司,神谷喜八郎,多田祐輔,中込美子,溝部直樹,中澤眞平:当科における先天性食道閉鎖症の治療.山梨総合医学会,1997, 山梨.

131) 大矢知昇,高野邦夫,桜井裕幸,古屋一茂,榊原賢士,斉藤 徹,小平雅基,窪田晃治,長阪 智,三沢良輔,中込 博,多田祐輔:長期ステロイド治療による創傷治癒障害とサイトカイン.第34回日本小児外科学会総会,1997, 新潟.

132) 大矢知昇,中野哲宏,二宮 淳,石川 仁,浅海秀一郎,高木淳彦:当院における早期胃癌に対する腹腔鏡下胃局所切除術(lesion lifting法) 4例の検討.第5回山梨内視鏡下手術研究会,1997, 甲府.

133) 大矢知昇,中野哲宏,狩野貴之,石川 仁,浅海秀一郎,高木淳彦:右下腹部腫瘤を主訴とした大腿神経鞘腫の1例.第39回山梨県臨床外科医学会,1997, 山梨医大.

134) 天白典秀,西尾 徹,渡辺一晃,宮原和弘,加賀重亜喜,高野邦夫,神谷喜八郎,多田祐輔:小児空腸破裂の1例.第39回山梨県臨床外科医学会,1997, 山梨医大.