研究領域へ
部門一覧へ戻る

研究業績一覧・Research Achievements
(1997)


皮膚科学講座

Dermatology




学 術 論 文


Research Papers


1) Bergstresser PR, Kitajima T, Xu S, Ariizumi K, Takashima A(1997) T cell-mediated terminal maturation of dendritic cells. Adv Exp Med Biol.417:65‐69.

2) Borkowski TA, Letterio JJ, Mackall CL, Saitoh A, Farr AG, Wang XJ, Roop DR, Gress RE, Udey MC(1997) Langerhans cells in the TGF-β1null mice. Advance Exp Med & Biol, 417:307‐310.

3) Jakob T, Saitoh A, Udey MC(1997) E-cadherin-mediated adhesion involving Langerhans cell-like dendritic cells expanded from murine fetal skin. J Immunol,159:2693‐2701.

4) Borkowski TA, Letterio JJ, Mackall CL, Saitoh A, Wang XJ, Roop DR, Gress RE, Udey MC(1997) A role of TGF-β1in Langerhans cell biology, Further characterization of the epidermal Langerhans cell defect in TGF-β1null mice. J Clin. Invest, 100:575‐581.

5) Paxton L.L, Li L. J, Secor V, Duff J. L, Naik S.M, Shibagaki N and Caughman S.W(1997) Flanking sequences for the human ICAM‐1NF-kappaB response element are necessary for tumor necrosis factor alpha-induced gene expression. J.Biol. Chem,272:15928‐15935.

6) Naik S.M, Shibagaki N, Li L.J, Quinlan K.L, Paxton L.L and Caughman S.W(1997) Interferon gamma-dependent induction of human ICAM‐1gene expression. J. Biol. Chem,272:376‐378.

7) Uara H, Imakado S, Iozumi K, Shimada S(1997) Sarcoidosis showing a livedo reticularis-like eruption. Eur J Dermatol,17:112‐114.

8) Akiyama C, Osada A, Sou K, Yasaka N, Ohtake N, Furue M and Tamaki K(1997) A Case of dermatomyositis triggered by tegafur. Acta Derm Venereol.77:490

9) 東 裕子,名城浄子,古江増隆,島田眞路,高橋聡,浅野茂隆,玉置邦彦(1997) 同種骨髄移植に伴う急性GVHDの皮膚病変における免疫組織学的検討.日本皮膚科学会雑誌,107(9):1079‐1084.

10) 浦 博伸,菊池かな子,今門純久,古江増隆,島田眞路,華表克治(1997) 肛囲に生じたボーエン病の1例.皮膚科の臨床,39(1):113‐115.

11) 塚本克彦,福田 覚,平岩正樹,川嶋孝雄,内田玲(1997) 頭部に生じた巨大表皮嚢腫の2例.皮膚科の臨床,39(9):1461‐1464.

12) 山田伸夫,飯田玲子,中沢佳代子,塚本克彦,島田眞路(1997) 疥癬トンネルの拡大像.皮膚科の臨床,39(5):681‐682.

13) 柴垣直孝(1997) ICAM‐1遺伝子内に同定されたIFN-gammaに対する新型の転写制御配列の検討(財) 日本リディアオリリー協会8年度年報,49‐54.

14) 秋山千恵,飯田玲子,古橋正男,塚本克彦,大竹直人,島田眞路(1997) The histiocytic lymphomaの1例.皮膚のリンフォーマ,90‐92.

15) 椙山秀昭,塚本克彦,山田宏司,島田眞路(1997) デュプイトラン拘縮の3例.皮膚,39(3):311‐314.

16) 椙山秀昭,大竹直人,古江増隆,島田眞路,池田正信,佐藤 公(1997) 転移性皮膚病変が診断の契機となった原発性十二指腸癌の1例.臨床皮膚科,51(2):158‐160.

17) 古橋正男,塚本克彦,島田眞路(1997) 経過中特異な臨床像を呈した糖尿病性浮腫性硬化症.皮膚病診療,19(2):139‐142.

18) 古橋正男,川村龍吉,大竹直人,古江増隆,玉置邦彦(1997) 先天性色素性母斑の多発集簇局面に発生した悪性黒色腫の1例.Skin Cancer,11(3):336‐339.

19) 三枝恵美,古屋 勉,大竹直人,古江増隆,島田眞路,板倉 淳(1997) 多彩な皮疹を呈したブドウ球菌(MRSA) 性敗血疹.皮膚臨床,39(11):1641‐1643.

20) 三枝恵美,清水 顕,長田 厚,秋山千恵,大竹直人,島田眞路,古江増隆,玉置邦彦(1997) 一過性に経過した腸管ベーチェット病の1例.臨床皮膚科,51(10):841‐844.

21) 飯田玲子,秋山千恵,内田 玲,山田伸夫,塚本克彦,高山修身,大竹直人,古江増隆,玉置邦彦,島田眞路(1997) IL‐2投与により約3年間転移を認めなかったAngiosarcomaの1例.Skin Cancer, 12(2):236‐239.


単 行 本


Books


1) 島田眞路(1996) (γδT細胞,NK細胞) キーワードを読む皮膚科(塩原哲夫,宮地良樹編) .医学書院,東京,P2.P48.

2) 島田眞路(1997) 皮膚免疫学.NEW皮膚科(飯塚 一,大塚藤男,宮地良樹編) 南光堂,東京,19‐30.

3) 川村龍吉(1997) 免疫とサイトカイン.疾病とサイトカイン.ー病因から治療への応用までー(浅野茂隆,谷憲三郎編) 真興交易医書,東京,13‐24.

4) 長田 厚(1997) 皮膚の観察.生涯にわたる健康記録(林新一郎編) 中央法規,東京,262‐270.


総  説


Review Articles


1) 島田眞路(1997) 内分泌異常と皮膚症状.Modern Physician.17(4):412‐414.

2) 柴垣直孝,濱田洋文(1997) 癌遺伝子治療研究の課題と将来.遺伝子導入腫瘍ワクチン療法の課題,血液・免疫・腫瘍BIC Forum,2:285‐290.


学 会 発 表


Oral Presentations


1) Tsukamoto K, Hirata S, Osada A, Shimada S: Detection of mRNAs for tyrosinase, TRP‐2and Pmel 17 in mouse melanoma cells by the use of reverse transcription-polymerase chain reaction.The 19th World Congress of Dermatology,1997,Sydney.

2) Kitajima T, Xu S, Bergstresser PR, Granstein RD, Takashima A(1997) Lipopolysaccharide augments the efficacy of dendritic cell vaccines against skin tumors. Annual Meeting of the Society for Investigative Dermatology. Washington DC, USA.

3) Shibagaki N:The functional role of CD82 for the early phase of T cell activation through antigen presention cells. The first Japanese Society for Investigative Dermatology Forum.(Recent topics in immunodermatology) 1997,Tokyo.

4) Shibagaki N, Hanada K, Shimada S and Hamada H: The functional role of CD82 for the early phase of T cell activation.Annual Meetion of the Society for Investigative Dermatology.1997,Washington DC, U.S.A.

5) Furuhashi M, Yano S, Fujimoto M, Shimozuma M:A case of pityriasis rubra pilaris. The 10th Japan-Korea Joint Meeting of Dermatology.1997,Hakone.

6) 大倉俊雄,北嶋敏之:掻爬術を施行した痛風結節の1例.第362回京滋皮膚科集会.1997,京都.

7) 塚本克彦,長田 厚,島田眞路:RT-PCR法によるtyrosinase, TRP‐2,Pmel 17のmRNAの検出.第22回日本研究皮膚科学会.1997,大阪.

8) 塚本克彦,平田修司,島田眞路:RT-PCR法によるメラノーマ細胞のtyrosinase, TRP‐2,Pmel 17のRNAの検出.第56回日本癌学会.1997,京都.

9) 塚本克彦,平田修司,飯田玲子,島田眞路:RT-PCR法によるメラノサイト特異的蛋白のmRNAの検出.第12回日本色素細胞学会.1997,幕張.

10) 塚本克彦:メラニン生合成とチロシナーゼおよびその関連酵素の最新知見,第61回日本皮膚科学会東部支部総会(シンポジウム) 1997,松本.

11) 林 曉,松田浩則,羅 智靖:Mouse Langerhans cell did not express high affinity IgE receptor.第22回日本研究皮膚科学会.1997,大阪.

12) 林 曉,原田和俊,島田眞路,羅 智靖:好酸球浸潤性疾患に見られる好酸球上の高親和性IgE受容体の発現.第61回日本皮膚科学会東部支部総会.1997,松本.

13) 内田 玲,島田眞路:自己脂肪注入による豊胸術後の脂肪壊死の1例.第29回日本皮膚科学会山梨地方会(静岡合同) 1997,静岡.

14) 内田 玲:ピアス後に生じた耳垂ケロイドの3例.第30回日本皮膚科学会山梨地方会.1997,甲府.

15) 柴垣直孝,花田賢一,島田眞路,濱田洋文:ヒトメラノーマ細胞上に発現するCD82機能解析.第56回日本癌学会総会.1997,京都.

16) 柴垣直孝,濱田洋文:ヒトメラノーマ細胞上に発現するCD82の機能解析.第30回日本皮膚科学会山梨地方会.1997,甲府.

17) 柴垣直孝,島田眞路,花田賢一,濱田洋文:T細胞活性化におけるCD82の機能解析.第29回日本皮膚科学会山梨地方会(静岡合同) 1997,静岡.

18) 齋藤 敦,島田眞路,Mark. C.Udey:マウス表皮におけるWnt遺伝子の発現について.第29回日本皮膚科学会山梨地方会(静岡合同) 1997,静岡.

19) 齋藤 敦,島田眞路,Mark. C.Udey:マウス表皮におけるWnt遺伝子の発現について.第4回分子皮膚科学フォーラム.1997,京都.

20) 齋藤 敦,島田眞路,Mark. C.Udey:マウス表皮におけるWnt遺伝子の発現について.第22回日本研究皮膚科学会.1997,大阪.

21) 齋藤 敦,島田眞路,Mark. C.Udey:マウス表皮におけるWnt遺伝子の発現について.第61回日本皮膚科学会東部支部学術大会.1997,松本.

22) 齋藤 敦,島田眞路,Mark. C.Udey:表皮におけるWnt遺伝子の発現およびその機能について.第30回日本皮膚科学会山梨地方会.1997,甲府.

23) 川村龍吉,東みゆき,島田眞路,八木田秀雄,奥村 康:マウスランゲルハンス細胞のFas-FsaLによるアポトーシス.第29回日本皮膚科学会山梨地方会(静岡合同) 1997,静岡.

24) 川村龍吉,東みゆき,島田眞路,八木田秀雄,奥村康:マウスランゲルハンス細胞のFas-FasLによるアポトーシス.第22回日本研究皮膚科学会.1997,大阪.

25) 川村龍吉,東みゆき,島田眞路,八木田秀雄,奥村 康:マウスランゲルハンス細胞のFas-FasLによるアポトーシス.日本免疫学会総会.1997,札幌.

26) 長田 厚,塚本克彦,島田眞路:Arteriovenous Hemangiomaの1例.第29回日本皮膚科学会山梨地方会(静岡合同) 1997,静岡.

27) 長田 厚,飯田玲子,塚本克彦,島田眞路:皮膚アルテルナリア症の1例.第30回日本皮膚科学会山梨地方会.1997,甲府.

28) 平本哲夫,金子真奈美,原田和俊,内田 玲,塚本克彦,島田眞路:特異な臨床を呈した頭部腫瘍の2例.第360回京滋皮膚科集団会1997,京都.

29) 平本哲夫,古橋千恵:妊娠中に発症したベーチェット病の1例.第30回日本皮膚科学会山梨地方会.1997,甲府.

30) 古橋正男,矢野正一郎,下妻道郎:スポロトリコーシスの1例ーファンギフローラY蛍光染色による菌要素の確認−.第733回日本皮膚科学会東京地方会.1997,東京.

31) 清水 顕,加藤光保,宮園浩平,島田眞路:アクチビンAの角化細胞分化誘導活性−レセプターとシグナル分子の検討−.第29回日本皮膚科学会山梨地方会(静岡合同) 1997,静岡.

32) 原田和俊,長田 厚,内田 玲,塚本克彦,島田眞路:巨大皮角の1例.第29回日本皮膚科学会山梨地方会(静岡合同) 1997,静岡.

33) 原田和俊,長田 厚,塚本克彦,島田眞路:MRSAによるブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群の1例.第61回日本皮膚科学会東部支部学術大会.1997,松本.

34) 原田和俊,飯田玲子,山田伸夫,塚本克彦,島田眞路:潰瘍性大腸炎に合併した結節性紅斑の2例.第60回日本皮膚科学会東京支部学術大会.1997,東京.

35) 飯田玲子,古橋正男,椙山秀昭,内田 玲,塚本克彦,島田眞路:SCCの経過中にイレウス症状を伴ったアナフィラクトイド紫斑の1例.第29回日本皮膚科学会山梨地方会(静岡合同) 1997,静岡.

36) 飯田玲子,樋泉和子,金子真奈美,原田和俊,齋藤 敦,古屋 勉,高山修身,塚本克彦,島田眞路:MRSAによるブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群の4例.第30回日本皮膚科学会山梨地方会.1997,甲府.

37) 今井佳代子,齋藤 敦,林 曉,塚本克彦,島田眞路:慢性関節リウマチに合併した壊疽性膿皮症の1例.第61回日本皮膚科学会東部支部学術大会.1997,松本.

38) 今井佳代子,長田 厚,古橋千恵,齋藤 敦,林 曉,塚本克彦,島田眞路:CD30陽性の皮膚原発性T細胞性リンパ腫の1例.第16回皮膚リンフォーマ研究学会.1997,島根.

39) 今井佳代子,齋藤 敦,塚本克彦,島田眞路,吉江治彦:健康女性に発症したNeutrophilic eccrine hidradenitisの1例.第30回日本皮膚科学会山梨地方会.1997,甲府.

40) 金子真奈美,長田 厚,齋藤 敦:好酸球性筋膜炎の1例.第30回日本皮膚科学会山梨地方会.1997,甲府.

41) 樋泉和子,椙山秀昭,島田眞路:表皮穿孔を認めた石灰化上皮腫の1例.第30回日本皮膚科学会山梨地方会.1997,甲府.