研究領域へ
部門一覧へ戻る

研究業績一覧・Research Achievements
(1997)


保健学 II 講座

Health Sciences II




学 術 論 文


Research Papers


1) Z.Yamagata, Y.Zhang, S.Shinozaki, T.Miyamura, S. Iijima. A. Asaka, K. Kobayashi(1997) Influence of pepsinogen gene polymorphisms on serumpepsinogen. Ann.Hum.Genet,61:93‐97.

2) Zentaro Yamagata, Takashi Asada, Akemi Kinoshita, Yinging Zhang, Akio Asaka(1997) Distribution of apolipoprotein E gene polymorphisms in Japanese patients with alzheimer's disease and in Japanese cantenarians. Human Heredity,47:22‐26.


総  説


Review Articles


1) 大木秀一,浅香昭雄(1997):周産期 3)多胎卵性診断,産科と婦人科,12(59):1695‐1698.


そ の 他


Others


1) 山縣然太朗:遺伝的リスク別に見た骨粗鬆症予防対策のあり方に関する研究 厚生省厚生科学研究健康増進研究事業「効果的な骨粗鬆症予防対策の実施方法に関する研究」報告書(1997年).

2) 西 三郎,山縣然太朗,中村好一,里吉栄二郎:難病患者等居宅生活支援事業の対策疾患についてのアンケート調査結果 東京都特殊疾病に関する研究(分担研究者)(1997年).

3) 五味義夫,山縣然太朗,保科公彦,渡邊恵子:「入学ガイダンス」としての意識調査の試み(1)調査の基本的姿勢と理論的背景,第35回全国大学保健管理研究集会報告書,1997.

4) 五味義夫,山縣然太朗,保科公彦,渡邊恵子:「入学ガイダンス」としての意識調査の試み(2)全調査結果の概要と特徴,第35回全国大学保健管理研究集会報告書,1997.

5) 五味義夫,山縣然太朗,保科公彦,渡邊恵子:「入学ガイダンス」としての意識調査の試み(3)調査結果の初期と最近の時代的変動,第35回全国大学保健管理研究集会報告書,1997.


学 会 発 表


Oral Presentations


1) Zentaro YAMAGATA, Yingning ZHANG, Akio ASAKA, Masao KANAMORI,Takashi FUKUTOMI: Association of breast cancer with vitamin D receptor gene polymorphism.The American society of human genetics47th annual meeting,October 28‐November 1,1997,Baltimore, Maryland, U. S. A.

2) Zentaro YAMAGATA, Yingning ZHANG, Sumio IIJIMA, Akio ASAKA: An association between the hypertension related gene polymorphisms and parameters of circulation system. The 2nd Asian-Pacific congress of epidemiology jointly with the 8th scientific meeting of Japan epidemiological association, January 28‐30,1998,The Meiji mutual life insurance company,corporate training center, Tokyo, Japan.

3) 岡崎祐士,浅香昭雄:指紋による一卵性双生児におけるミラーイメージの検討,日本双生児研究学会第11回学術講演会,平成9年1月18日,東京.

4) 大木秀一,浅香昭雄:東大附属双生児特別検査の現状について,日本双生児研究学会第11回学術講演会,平成9年1月18日,東京.

5) 山縣然太朗,金森雅夫,小林実夏,杉田 稔,張英寧,浅香昭雄,福留隆志:乳がんとエストロゲン受容体およびビタミンD受容体遺伝子多型,第7回日本疫学会学術総会,平成9年1月23日〜24日,東京都.

6) 山縣然太朗:喫煙による細胞感受性と発がん物質代謝関連遺伝子多型との関連,第56回日本癌学会総会,平成9年9月25日〜27日,京都市.

7) 張英寧,山縣然太朗,浅香昭雄:高血圧関連遺伝子多型および生活習慣と血圧,日本人類遺伝学会第42回大会,平成9年10月15日〜17日,神戸市.

8) 山縣然太朗,張英寧,浅香昭雄,金森雅夫,福留隆志:乳がんとビタミンD受容体遺伝子多型,日本人類遺伝学会第42回大会,平成9年10月15日〜17日,神戸市.

9) 中村和彦,山縣然太朗,宮村季浩,浅香昭雄,飯島純夫,山田七重:高齢者の身体活動と健康度,第56回日本公衆衛生学会総会,1997年10月,神奈川. 

10) 宮村季浩,山縣然太朗,浅香昭雄:膝痛の出現頻度およびその危険因子,第56回日本公衆衛生学会総会,1997年10月,神奈川. 

11) 山田七重,中村和彦,山縣然太朗,浅香昭雄,飯島純夫:学校保健との連携に関する事例的研究,第56回日本公衆衛生学会総会,1997年10月,神奈川. 

12) 山縣然太朗,張英寧,宮村季浩,長田篤,浅香昭雄,飯島純夫,中村和彦:高齢者の飲酒習慣と遺伝要因,第56回日本公衆衛生学会総会,1997年10月,神奈川. 

13) 五味義夫,山縣然太朗,保科公彦,渡邊恵子:「入学ガイダンス」としての意識調査の試み(1)調査の基本的姿勢と理論的背景,第35回全国保健管理研究集会,1997年10月,鹿児島. 

14) 五味義夫,山縣然太朗,保科公彦,渡邊恵子:「入学ガイダンス」としての意識調査の試み(2)全調査結果の概要と特徴,第35回全国保健管理研究集会,1997年10月,鹿児島. 

15) 五味義夫,山縣然太朗,保科公彦,渡邊恵子:「入学ガイダンス」としての意識調査の試み(3)調査結果の初期と最近の時代的変動,第35回全国保健管理研究集会,1997年10月,鹿児島. 

16) 山田七重,中村和彦,植屋清見 学校保健と地域保健の連携に関する研究,第48回日本体育学会,1997年9月,新潟.

17) 山田七重,中村和彦:教師の「エイズ」に対する意識,第44回日本学校保健学会,1997年10月,松山.

18) 中村和彦,若林純子,山田七重,森 昭三:教師をめざす大学生の「いじめ」に関する意識,第44回日本学校保健学会,1997年10月,松山.

19) 中村和彦,山田七重,村内悦子,友定保博,森昭三:養護教諭の研修制度の現状と課題,第44回日本学校保健学会,1997年10月,松山.

20) 山田七重,山縣然太朗,浅香昭雄,中村和彦,飯島純夫:学校保健と地域保健の連携の現状と課題,第15回山梨県小児保健研究会,1997年12月,山梨県.

21) 矢崎よし哉,大村光枝,根津直美,井上愛子,広瀬美穂,萩原静子,金井美紀,山田七重,山縣然太朗,浅香昭雄,山中龍宏,飯島純夫:塩山市における乳幼児の事故に関する調査,第15回山梨県小児保健研究会,1997年12月,山梨県. 

22) 中村和彦,嘉本真理,山田七重:母親の遊び観と幼児の生活実態,第15回山梨県小児保健研究会,1997年12月,山梨県.