研究領域へ
部門一覧へ戻る

研究業績一覧・Research Achievements
(1997)


麻酔科学講座

Anesthesiology




学 術 論 文


Research Papers


1) Kashimoto S, Doursout MF, Wouters P, Oguchi T, Chelly JE(1997) Effects of bupivacaine and lidocaine on cardiac function in awake and pentobarbital-anesthetized rats. J Anesth,11(1):38‐43.

2) Kashimoto S, Kume M, Ikeya K, Oguchi T, Kumazawa T(1997) Calcium antagonists depress cardiac function after coronary ligation in rats. Circ Cont,18(1):24‐29.

3) Matsukawa T, Hanagata K, Ozaki M, Iwashita H, Koshimizu M, Kuamzawa T(1997) I.m. midazolam as premedication produces a concentration-dependent decrease in core temperature in male volunteers. Brit J Anaesth,78(4):396‐399.

4) Ozaki M, Sessler DI, Matsukawa T, Ozaki K, Atarashi K, Negishi C, Suzuki H(1997) The threshold for thermoregulatory vasoconstriction during nitrous oxcide /sevoflurane anesthesia is reduced in the elderly. Anesth Analg,84(5):1029‐1033.

5) Matsukawa T, Sessler DI, Ozaki M, Hanagata K, Iwashita H, Kumazawa T(1997) Comparison of distal oesophageal temperature with“deep" and tracheal temperatures. Can J Anaesth,44(4):433‐438.

6) Nonaka A, Kashimoto S, Imamura M, Furuya A, Kumazawa T(1997) Mechanism of the negative inotropic effect of midazolam and diazepam in cultured foetal mouse cardiac myocytes. Eur J Anaesth,14(5):481‐487.

7) Nishiyama T, Matsukawa T, Hanaoka K, Conway CM(1997) Interactions between nicardipine and enflurane, isoflurane,and sevoflurane. Can J Anaesth,44(10):1071‐1076.

8) Yamaguchi T, Kashimoto S, Oguchi T, Kumazawa T(1997) Effects of flumazenil on function and metabolism in the ischemic working rat heart. Circ Cont,18(3):364‐368.

9) Kashimoto S, Furuya A, Oguchi T, Koshimizu M,Kumazawa T(1997) The minimum alveolar concentration of sevoflurane in rats. Eur J Anaesth,14(4):359‐361.

10) Kotani N, Kushikata T, Matsukawa T, Sessler DI, Muraoka M, Hashimoto H, Ishihara H, Matsuki A(1997) A rapid increase in foot tissue temperature predicts cardiovascular collapse during anaphylactic and anaphylactoid reactions. Anesthesiology,87(3):559‐568.

11) Kashimoto S, Kume M, Nonaka A, Kumazawa T(1997) Effects of inhalation anesthetics on cardiac function and metabolism after coronary ligation in the isolated rat heart. Circ Cont,18(4):555‐560.

12) 玉木章雅,樫本 温,小口健史,鳴海 豊,熊澤光生(1997) 術前診察で把握できなかった顎関節症により挿管困難を呈した1症例.臨床麻酔,21(4):657‐658.

13) 池谷一盛,樫本 温,久米正記,熊澤光生(1997) ラットの急性出血におけるステロイド剤の肝内ATPとL/P比に及ぼす影響.麻酔,46(5):613‐617.

14) 石山忠彦,辻藤達也(1997) 急性心筋梗塞症,急性腎不全を合併した急性腹部大動脈閉塞症の麻酔経験.麻酔,46(9):1204−1208.

15) 石山忠彦,熊澤光生(1997) 腹式子宮全摘出術と帝王切開術の術後痛に対する硬膜外モルヒネの鎮痛効果と副作用.臨床麻酔,21(12):1833‐1836.


単 行 本


Books


1) 樫本 温(1997) 麻酔と心機能.専門医のための麻酔科学レビュー'97(天羽敬祐監修) .総合医学社,東京,16‐19.


学 会 発 表


Oral Presentations


1) Matsukawa T, Hanagata K, Ozaki M, Miyaji T, Iwashita H, Kumazawa T:Intramuscular midazolam as premedication produces a concentration-dependent decreases in tympanic membrane temperature in male volunteers. The IARS 71st Clinical and Scientific Congress, 1997,San Francisco.

2) Nonaka A, Kashimoto S, Oguchi T, Kumazawa T‐Propofol attenuates an increase in intracellular calcium concentration of mouse myocytes induced by hydrogen peroxide. The IARS 71st Clinical and Scientific Congress,1997,San Francisco.

3) Oguchi T, Doursout MF, Chelley JE: Role of nitric oxide on hemodynamic changes induced by protamine in non-heparinized conscious dogs. American Society of Anesthesiologists,1997,San Diego.

4) Matsukawa T, Ozaki M, Sessler DI, Kumazawa T: The accuracy and precision of tracheal, deep forehead, and deep sternal temperatures during high and low flow anesthesia. American Society of Anesthesiologists,1997,San Diego.

5) Matsukawa T, Imamura M, Ozaki M, Sessler DI, Kumazawa T:The accuracy and precision of four infrared tympanic Membrane thermometers during cardiopulmonary bypass. American Society of Anesthesiologists,1997,San Diego.

6) 中野 忍,村松菜美,熊澤光生:状態急変の予測困難であったS状結腸腸間穿孔の1症例.第9回日本老年麻酔学会,1997,東京.

7) 花形和之:イソフルランとセボフルランは家兎のシバリング閾値を濃度依存的に減少させる.第24回山梨医科大学医学会例会,1997,山梨.

8) 熊澤光生:硬膜外術後鎮痛と精密持続注入法.硬膜外麻酔セミナー,1997,島根.

9) 熊澤光生:吸入麻酔薬の心筋虚血に及ぼす影響−基礎的検討−.第44回日本麻酔学会総会,1997,新潟.

10) 松川 隆,花形和之,山口敏昭,尾崎 眞,高木奈緒美,大川岩夫,熊澤光生:星状神経節ブロックは左右の鼓膜温に臨床的に有意な影響を与えない.第44回日本麻酔学会総会,1997,新潟.

11) 石山忠彦,阿部和美:単純子宮全摘出術と帝王切開術の術後痛に対する硬膜外モルヒネの鎮痛効果と副作用の検討.第44回日本麻酔学会総会,1997,新潟.

12) 花形和之,松川 隆,尾崎 眞,高木奈緒美,大川岩夫,熊澤光生:深部組織温(前額,胸骨) ,気管温と食道温との臨床比較.第44回日本麻酔学会総会,1997,新潟.

13) 川村淳夫,今井祐介,山口敏昭,花形和之,熊澤光生:経膣採卵術に対するプロポフォール麻酔の検討.第44回日本麻酔学会総会,1997,新潟.

14) 池谷一盛,樫本 温,久米正記,熊澤光生:ラットの急性出血における乳酸リンゲル液と酢酸リンゲル液の肝内ATPとL/P比に及ぼす影響.第44回日本麻酔学会総会,1997,新潟.

15) 山口敏昭,鳴海 豊,中村敏弘,小口健史,熊澤光生:プロポフォールを用いた子宮内膜掻爬術の麻酔−チアミラールとの比較−.第44回日本麻酔学会総会,1997,新潟.

16) 飯嶋哲也,奥山克巳,阿部文明,山口敏昭,熊澤光生:経過の長い反射性交感神経萎縮症患者における胸腔鏡下交感神経節切除術の経験.第44回日本麻酔学会総会,1997,新潟.

17) 貴家 基,大川岩夫,松浦孝幸,松川 隆,熊澤光生:食道癌手術中にアルコール含有消毒液に引火し,熱傷を生じた一症例.第44回日本麻酔学会総会,1997,新潟.

18) 岩下博宣,松川 隆,高木奈緒美,大川岩夫,熊澤光生:脳動脈瘤クリッピング術後1日目に重篤な脳血管スパズムを起こした稀な症例.第44回日本麻酔学会総会,1997,新潟.

19) 熊澤光生:心疾患患者の麻酔の要点.第6回岩手循環器集中治療セミナー,1997,岩手.

20) 小口健史:術中循環管理におけるアムリノンとミルリノンの使い方.第18回日本循環制御医学会総会,1997,群馬.

21) 玉木章雅,熊澤光生,中田健夫,小口健史,樫本温:全身麻酔中に一過性のST低下を来した2症例.第18回日本循環制御医学会総会,1997,群馬.

22) 駒井孝行,小寺浩司,本田英幸,前田宣包,田中行夫,三塚 繁,吉井新平,保坂 茂,鈴木章司,奥脇英人,熊澤光生:PCPSにより救命された劇症型急性心筋炎の1女児例.第24回日本集中治療医学会総会,1997,盛岡.

23) 山口敏昭,野中明彦,小口健史,樫本 温,熊澤光生:大学病院における癌性疼痛管理.第5回甲信疼痛治療研究会,1997,山梨.

24) 阿部文明:帯状疱疹後神経痛加療中に胃癌が発見された一症例.第5回甲信疼痛治療研究会,1997,山梨.

25) 山口敏昭,小口健史,樫本 温,熊澤光生:ペンタゾシン持続皮下注による帝王切開術の術後鎮痛の検討.第31回日本ペインクリニック学会総会,1997,東京.

26) 阿部文明:星状神経筋ブロック30分後に高度血圧低下を来した一症例.第31回日本ペインクリニック学会総会,1997,東京.

27) 今井祐介,岩本竜一,飯嶋哲也,阿部文明:抜管直後に右上葉無気肺を呈した扁桃腺摘出術の一症例.第37回日本麻酔学会関東甲信越地方会,1997,東京.

28) 松浦孝幸,大川岩夫,松川 隆,貴家 基,古屋敦司,熊澤光生:プロポフォールを導入に使用した多発性硬化症患者の2回の麻酔経験.第37回日本麻酔学会関東甲信越地方会,1997,東京.

29) 古屋敦司,松川 隆,尾崎 眞,大川岩夫,熊澤光生:硬膜外カテーテル胸腔内迷入症例の経験.第37回日本麻酔学会関東甲信越地方会,1997,東京.

30) 花形和之,松川 隆,尾崎 眞,岩下博宣,今村誠,大川岩夫,熊澤光生:深部組織温,気管温と食道温の比較−高流量と低流量麻酔における検討−.第37回日本麻酔学会関東甲信越地方会,1997,東京.

31) 川村淳夫,中村敏弘,山口敏昭,小口健史,樫本温,熊澤光生:過去4年間の当院における胸部大動脈瘤手術症例の検討.第2回日本心臓血管麻酔学会総会,1997,北海道.

32) 今井祐介,飯嶋哲也,阿部文明,奥山克巳,熊澤光生:大量トラネキサム酸投与による人工心肺後出血量の検討.第2回日本心臓血管麻酔学会総会,1997,北海道.

33) 奥山克巳,實積 健,仁多見謙一郎,黒嵜明子,堀本 洋:小児開心術におけるModified Ultrafiltrationの影響.第2回日本心臓血管麻酔学会総会,1997,北海道.

34) 堀本 洋,奥山克巳,黒嵜明子,宝積 健,仁多見謙一郎:小児開心術中潅流圧上昇時のミルリノンの効果.第2回日本心臓血管麻酔学会総会,1997,北海道.

35) 玉木章雅,田中行夫:嚥下性肺炎を契機としたARDSに対してステロイドが著効した1症例.第13回甲信ICUセミナー,1997,長野.

36) 奥山克巳,實積 健,黒嵜明子,水村 郁,小幡良次,堀本 洋:呼吸困難を呈した肺動脈弁欠損を伴うファロー4徴症5例の検討.第3回日本小児麻酔学会,1997,神奈川,

37) 濱積 健,黒嵜明子,小幡良次,水村 郁,奥山克巳,堀本洋:母体搬送,ECMO, NOにて救命できた先天性横隔膜ヘルニアの1例.第3回日本小児麻酔学会,1997,神奈川.

38) 黒嵜明子,小幡良次,宝積 健,水村 郁,奥山克巳,堀本 洋:チアノーゼ発作重積状態の三尖弁閉鎖症例にフェニレフリンが有効だった1新生児例.第3回日本小児麻酔学会,1997,神奈川.

39) 石山忠彦,花形和之,山口敏昭,松川 隆,樫本温,熊澤光生:全身麻酔中に発症した心停止モニター解析から洞機能不全症候群が疑われた1例.第16回日本蘇生学会総会,1997,埼玉.

40) 田中行夫,前田宣包,駒井孝行,三塚 繁,熊澤光生:TEEによるACD(Active Compression Decompression) CRP時の血流機序の解説.第16回日本蘇生学会総会,1997,埼玉.

41) 松川 隆,尾崎 眞,花形和之,岩下博宣,今村誠,大川岩夫,熊澤光生:非接触赤外線式体温計による皮膚温測定は有用である−ボランティアにおける貼付式サーモカップルとの比較−.第17回日本臨床麻酔学会,1997,福岡.

42) 今村 誠,松川 隆,尾崎 眞,花形和之,岩下博宣,大川岩 夫,熊澤光生:4種類の非接触式鼓膜体温計の開心術における比較検討.第17回日本臨床麻酔学会総会,1997,福岡.

43) 貴家 基,大川岩夫,松浦孝幸,古屋敦司,松川隆,熊澤光生:重症糖尿病性ケトアシドーシスにて胎児が脳内出血を起こした帝王切開の麻酔経験.第17回日本臨床麻酔学会総会,1997,福岡.

44) 松浦孝幸,松川 隆,大川岩夫,貴家 基,尾崎 眞,古屋敦司,熊澤光生:プロポフォールを用いた全身麻酔ではセボフルラン麻酔と比較して中枢温低下が少い?.17回日本臨床麻酔学会総会,1997,福岡,

45) 若林みゆき,山口敏昭,鈴木聡美,野中明彦:術後,心停止,呼吸停止を来した1例.第30回甲信麻酔談話会,1997,長野.

46) 福岡由起子,石山忠彦,鈴木まほみ,小口健史:輸血により高K血症を来した1例.第30回甲信麻酔談話会,1997,長野.

47) 玉木章雅,中村敏弘,川村淳夫,松川 隆:帝王切開術における筋弛緩薬使用の検討.第30回甲信麻酔談話会,1997,長野.

48) 増井健一,花形和之,樫本 温:新しい気道確保の方法COPAの使用経験.第30回甲信麻酔談話会,1997,長野.

49) 菅原 健,飯嶋哲也,今井祐介,貴家 基,阿部文明:術前軽度心電図異常患者に対する分離肺換気麻酔中に心筋梗塞を発症した1例.第30回甲信麻酔談話会,1997,長野.

50) 野中明彦:麻酔医の立場から.第13回山梨輸血研究会,1997,山梨.

51) 小口健史,川村淳夫,今井祐介,田中行夫,熊澤光生,市原靖子,菊地博達:笑気−プロポフォールーフェンタニール麻酔中に悪性高熱症の発症が疑われた一症例.第21回悪性高熱研究会,1997,京都.

52) 駒井孝行,田中行夫,前田宣包,三塚 繁,吉井新平,熊澤光生:フォンタン手術後にNO吸入療法が著効を示した1例.第6回日本集中治療医学会関東甲信越地方会,1997,東京.