研究領域へ
部門一覧へ戻る

研究業績一覧・Research Achievements
(1997)


脳神経外科学講座

Neurosurgery




学 術 論 文


Research Papers


1) M.Nagashima, A.Sasaki, K.Norishita, S.Takenoshita, Y.Nagamachi, H.Kasai, J.Yokota(1997) Presence of human cellar protein(s) that specifically binds and cleaves 8‐hydroxyguanine containing DNA. Mutation Research 383:0049‐0059

2) N. Miyazawa, T. Sato, K. Hashizume, A. Fukamachi(1997) Xenon Contrast CT-CBF Measurements in High-Intensity Foci on T2‐Weighted MR Images in Centrum Semiovvale of Asymptomatic Individuals. Stroke 028:0984‐0987

3) T. Horikoshi, Y. Asari, A.Watanabe, Y. Nagaseki, H. Nukui, H. Sasaki, K. Komiya(19997) Music alexia in a patient with mild pure alexia:Disturbed visual perception of nonverbal meaningful figures. Cortex 033:0187‐0194

4) E.Sato, H.Naganuma, A.Sasaki, M.Nagasaka, H.Ogata, H.Nukui(1997) Effect of irradiation on transforming growth factor-β secretion by malignant glioma cells. Journal of Neuro-Oncology 033:0195‐0200

5) H.Naganuma, A.Sasaki, E.Sato, M.Nagasaka, S.Isoe, S.Nakano, H.Nukui(1997) Long-term survival in a young patient with anaplastic glioma. Brain Tumor Pathol 014:0071‐0074

6) K.Nishigaya, H.Nukui, S.Yagi, Y.Liu, T.Sato(1997) An experimental model of reversible focal cerebral ischemia in rats:Intraluminal thread method. CVD Grand Round Series 004:0053‐00740

7) Y. Liu, S.Mitsuka, K. Hashizume, T. Hosaka, H.Nukui(1997) The Sequential Change of Local Blood Flow and Local Cerebral Glucose Metabolism After Focal Cerebral Ischemia and Reperfusion in Rat and the Effect of MK‐801on Local Cerebral Glucose Metabolism. Neurological Research 018:0503‐0508

8) 永関慶重,大橋康弘,堀越 徹,西ヶ谷和之,貫井英明,山崎弘道,橋爪和弘(1997) 剖検例からの頭蓋底中央部のen bloc標本の有用性.脳神経外科ジャーナル 006:0009‐0016

9) 堀越徹,貫井英明,保坂 力,柿沢敏之,三塚繁(1997) 硬膜内巨大脳動脈瘤直達手術例の検討 −特に血栓化を伴う例について−.脳卒中の外科025:0219‐0225

10) 八木伸一,貫井英明,保坂 力,柿沢敏之,西ヶ谷和之,佐々木秀夫(1997) 超高齢者脳動脈瘤の治療方針.脳神経外科ジャーナル 006:0377‐0381

11) 八木伸一,永関慶重,渡辺 新,堀越 徹,貫井英明(1997) 脳室内病変への神経内視鏡の導入 −3症例の経験−.山梨医学 025:0072‐0076


単 行 本


Books


1) 貫井英明(1997) 脳血管攣縮.BRAIN NURSING013:0081‐0085

2) 貫井英明(1997) くも膜下出血.今日の治療指針第4版 医学書院:0542‐0544

3) 貫井英明(1997) くも膜下出血.今日の治療と看護 南江堂:0557‐0559

4) 貫井英明(1997) モヤモヤ病.今日の治療と看護 南江堂:0560

5) 永関慶重(1997) Microvascular Decompression.脳神経外科レビュー 005:0238‐0248


学 会 発 表


Oral Presentations


1) H. Nukui, S. Mitsuka, T. Hosaka, T. Kakizawa, T.Horikoshi, N. Miyazawa, T.Yagishita, A. Fukamachi, T.Shimizu:Technical points to improve surgical results in cases with basilar tip aneurysms.5th IWCVS(Fukuoka)

2) T. Horikoshi, H.Nukui, T. Hosaka, T. Kakizawa, N.Miyazawa, S. Sagi, S. Mitsuka:Factors affecting results of direct surgery for giant intradural aneurysms.5th IWCVS(Fukuoka)

3) T. Yagishita, T. Hosaka, N. Miyazawa, T. Kakizawa, T. Hosaka, S.Mitsuka, H. Nukui:Limitations of clipping surgery:Analysis of incomplete clipping and deterioration due to surgical procedure.5th IWCVS(Fukuoka)

4) T. Horikoshi, H. Nukui, T. Hosaka, K. Kakizawa, S. Yagi, H.Sasaki:Incidence of symptomatic vasospasm affecting final surgical outcome.6th International Conference on Cerebral Vasospasm(Sidney)

5) H. Nukui, S. Mitsuka, T. Hosaka, T. Kakizawa, K.Nishigaya, N.Miyazawa, T.Horikoshi:Timing of the Operation in cases with Ruptured Posterior Circulation Aneurysms.11th International Congress of Neurological Surgery(Amster)

6) N. Miyazawa, H. Nukui, S. Mitsuka, C. Kobayashi, T. Hosaka, T. Kakizawa, T.Horikoshi, S.Yagi:Surgical treatment for serious cases of ruptured cerebral aneurysm.11th International Congress of Neurological Surgery(Amster)

7) T. Yagishita, T. Horikoshi, N. Miyazawa, T.Kakizawa, T. Hosaka, S.Mitsuka, H.Nukui:Causes of Poor Outcome in grade I and III cases with Ruptured Cerebral Aneurysms.11th International Congress of Neurological Surgery(Amster)

8) S. Yagi, H. Nukui, S. Mitsuka, T. Hosaka, T. Kakizawa, T. Horikoshi, N Miyazawa, H.Nishi, A.Fukamachi, T. Nagaya:Effect of Temporary Clip and Division of Posterior Communicating Artery on Surgical Result in Cases with Ruptured Basilar Bifurcation Aneurysm.11th International Congress of Neurological Surgery(Amster)

9) Y. Nagaseki, T. Omata, T. Ueno, Y. Ohashi, T.Horikoshi, H. Nukui:Postoperative oblique sagittal MR imaging in microvascular decompression for hemifacial spasm.11th International Congress of Neurological Surgery(Amster)

10) H. Naganuma, A. Sasaki, E. Sato, M. Nagasaka, S.Nakano, S.Isoe, H.Nukui:Asymptomatic Meningiomas; its Growth Potential and Surgical indication.11th International Congress of Neurological Surgery(Amster)

11) N. Miyazawa, S. Mitsuka, H. Nukui:Xenon CT CBF study in patients with brain stem infarction.3rd Eurpean Stroke Congress(Munich)


学 会 発 表


Oral Presentations


1) 貫井英明:脳底動脈末梢部動脈瘤の手術.第2回北里脳神経外科微小解剖セミナー(相模原)

2) 永関慶重:頭蓋底の解剖研究.第2回北里脳神経外科微小解剖セミナー(相模原)

3) 永関慶重:顔面痙攣,三叉神経痛に対する神経血管減圧術の現状.山梨神経の会 平成9年新年会特別講演(甲府)

4) 小俣朋浩,永関慶重,内田幹人,大橋康弘,上野武彦,堀越 徹,貫井英明:意識障害を呈した慢性硬膜下血腫の臨床的検討.第6回意識障害の治療研究会(那覇)

5) 宮沢伸彦,小泉 潔,貫井英明:99mTc-ECD dynamic SPECTが高集積を呈した脳腫瘍例の検討−201Tl static SPECTとの比較−.第20回日本脳神経CI研究会(京都)

6) 永関慶重,内田幹人,上野武彦,小俣朋浩,大橋康弘,浅利泰広,貫井英明:MRI(Oblique Sagittal View) による半側顔面痙攣例の術後所見.第20回日本脳神経CI研究会(京都)

7) 貫井英明:脳底動脈末端部動脈瘤の手術.第4回FUJITA脳神経外科研究会(愛知)

8) 堀越 徹,長沼博文,貫井英明:脳腫瘍に対する電気化学療法の可能性.第4回FUJITA脳神経外科研究会(愛知)

9) 八木伸一,貫井英明,三塚 繁,保坂 力,柿沢敏之,堀越徹,宮沢伸彦,西 秀夫,深町 彰,長屋孝雄:破裂脳底動脈瘤末端部動脈瘤手術におけるtemporary clip使用と後交通動脈切断に関する検討.第26回日本脳卒中の外科研究会(福岡)

10) 大久保信治,貫井英明,三塚 繁,保坂 力,柿沢敏之,西ヶ谷和之,堀越 徹,宮沢伸彦,佐藤崇,伊藤英光:延髄髄内血管腫.第26回日本脳卒中の外科研究会(福岡)

11) 八木伸一,永関慶重,渡辺 新,堀越 徹,貫井英明,尼崎賢一,山崎弘道:脳室内病変への神経内視鏡の導入 −3症例の経験−.第23回山梨総合医学会(甲府)

12) 永関慶重,貫井英明:頭蓋底手術のキーポイントと有用な手術機器−主に前頭蓋底の手術−.第17回日本脳神経外科コングレス モーニングセミナー(京都)

13) 永関慶重,上野武彦,小俣朋浩,堀越 徹:触運動による感覚系定量的検査法の試み.第4回関東機能的脳外科カンファレンス(静岡)

14) 八木伸一,長沼博文,加瀬雅和,佐藤浩企,佐藤英治,貫井英明:Cavernous angiomaにおけるMIB−1染色による増殖能の評価.第15回日本脳腫瘍病理学会(佐賀)

15) 八木下勉,西ヶ谷和之,堀越 徹,長沼博文,永関慶重,貫井英明:右運動前野病変による左半側空間失認を疑われる症状を呈した1例.第296回山梨神経の会(甲府)

16) 上野武彦,山根 徹:脳内出血の合併をみた血液透析患者の1例.第5回CPC(山梨医大)

17) 永関慶重,貫井英明:三叉神経痛.第46回山梨神経内科外科研究会(甲府)

18) 貫井英明:Pterional approachのスタンダード手技.第6回脳神経外科手術と機器学会(千葉)

19) 宮沢伸彦,貫井英明,三塚 繁:脳梗塞症例におけるECD-SPECTとPAO-SPECTの集積の相違.第26回山梨核医学診療研究会(甲府)

20) 貫井英明:Pterional approachによる前交通動脈瘤の手術.北海道大学脳神経外科セミナー(札幌)

21) 八木下勉:Easily available embolic materialsを用いた術前塞栓術の工夫.富山医科薬科大学脳神経外科セミナー(富山)

22) 貫井英明:前交通動脈瘤の手術.順天堂大学脳神経外科セミナー(東京)

23) 長沼博文,佐藤英治,佐々木厚,川瀧智之,田坂捷雄,貫井英明:Interferon-βの単球CD80,CD86分子発現に及ぼす影響.第10回「脳と免疫」研究会(熊本)

24) 川瀧智之,小林 史,柿沢敏之,永関慶重,貫井英明:三叉神経を疝痛した動脈圧迫による三叉神経痛の1手術例.第66回日本脳神経外科学会関東地方会(東京)

25) 貫井英明:脳血管障害の診断と治療 −最近の動向−.刀城クラブ講演会.

26) 貫井英明:治療可能な痴呆様症状.第20回山梨医科大学医師会医学講座(甲府)

27) 堀越 徹,貫井英明,保坂 力,宮沢伸彦,佐々木秀夫,長屋孝雄:脳血管攣縮による転帰不良例の検討.第13回スパズムシンポジウム(京都)

28) 尼崎賢一,大橋康弘,辻 令三:脳室潅流法にて治療を行った脳室炎の一例.第13回スパズムシンポジウム(京都)

29) 貫井英明:前交通動脈瘤の手術のこつとPitfalls.第17回九州脳神経外科夏期セミナー(阿蘇)

30) 堀越 徹,上野武彦,小俣朋浩,大橋康弘,永関慶重,長沼博文,貫井英明:中心溝近傍glioma手術におけるMEP,SEPモニタリング.第2回脳腫瘍の外科研究会(長崎)

31) 黒田勝宏,上野武彦,堀越 徹,永関慶重,貫井英明:Extended frontal approachによる斜台腫瘍の1手術例.第67回日本脳神経外科学会関東地方会(東京)

32) 八木 貴,佐々木厚,宮沢伸彦,浅利泰広,柿沢敏之,長沼博文,貫井英明:椎間板ヘルニア症状を呈した腰髄神経梢腫の一例.第301回山梨神経の会(甲府)

33) 貫井英明:Pterional approachによる前交通動脈瘤の手術.金沢医科大学脳神経外科セミナー(金沢)

34) 永関慶重,上野武彦,堀越 徹,浅利泰広,小俣朋浩,貫井英明:半側顔面痙攣例のoblique sagittal MRIによる術後所見.第5回関東機能的脳外科カンファレンス(東京)

35) 佐々木厚,磯江士朗,中野 真,長沼博文:TGF-β受容体を有する悪性glioma細胞のTGF-β抵抗性.第56回日本癌学会総会(京都)

36) 西ヶ谷和之,劉 雲海,八木伸一,佐藤 崇,貫井英明:血流再開可能な局所モデル(Intraluminal thread model:Koizumi's model)のaged ratsへの応用.第56回日本脳神経外科学会総会(大阪)

37) 堀越 徹,貫井英明,柿沢敏之,西ヶ谷和之,宮沢伸彦,八木下勉,八木伸一,深沢 功,佐々木秀夫:脳底動脈末梢部動脈瘤における術後第3神経麻痺.第56回日本脳神経外科学会総会(大阪)

38) 八木伸一,貫井英明,柿沢敏之,堀越 徹,宮沢伸彦,八木下勉,深町 彰,佐々木秀夫:高齢者破裂後頭蓋窩動脈瘤の手術適応.第56回日本脳神経外科学会総会(大阪)

39) 柿沢敏之,貫井英明,西ヶ谷和之,堀越 徹,宮沢伸彦,八木下勉,八木伸一,佐藤 崇,清水庸夫:脳底動脈上小脳動脈分岐部動脈瘤の手術成績.第56回日本脳神経外科学会総会(大阪)

40) 永関慶重,上野武彦,小俣朋浩,浅利泰広,堀越徹,貫井英明:頭頂葉病変に特異的異常を示す触運動による感覚系定量的検査法.第56回日本脳神経外科学会総会(大阪)

41) 浅利泰広,永関慶重,堀越 徹,小俣朋浩,上野武彦,内田幹人,貫井英明:顔面痙攣例へのアンケート調査結果 −特に満足度について−.第56回日本脳神経外科学会総会(大阪)

42) 宮沢伸彦,貫井英明,柿沢敏之,西ヶ谷和之,堀越徹,八木下勉,八木伸一,深町彰:破裂脳動脈瘤症例における術中脳血流一次遮断の安全性の検討.第56回日本脳神経外科学会総会(大阪)

43) 八木下勉,佐藤 崇,八木伸一,堀越 徹,宮沢伸彦,柿沢敏之,保坂 力,三塚 繁,貫井英明:脳動脈瘤手術の限界:不完全な手術と手術手技による悪化例の分析から.第56回日本脳神経外科学会総会(大阪)

44) 浅原隆之,貫井英明,三塚 繁,西ヶ谷和之,堀越徹,宮沢伸彦,八木下勉,八木伸一,長屋孝雄,西松輝高:破裂脳動脈瘤術中破裂の予防法.第56回日本脳神経外科学会総会(大阪)

45) 貫井英明,三塚 繁,柿沢敏之,西ヶ谷和之,堀越 徹,宮沢伸彦,八木下勉,八木伸一,清水庸夫,深町彰:脳動脈瘤術中破裂への対処法.第56回日本脳神経外科学会総会(大阪)

46) 大久保信治,永関慶重,小林 史,貫井英明:頭蓋底中央部のen bloc標本を用いた10個の頭蓋底triangleの計測.第56回日本脳神経外科学会総会(大阪)

47) 長沼博文,佐藤英治,佐々木厚,田坂捷雄,貫井英明:末梢血単球CD80,CD86分子の発現に及ぼすIFN-βの影響.第27回日本免疫学会総会(北海道)

48) 小俣朋浩,水越昭二,北間敏弘,佐藤 悠:覚醒ネコのサッケード及び前庭動眼反射急速相における小脳片葉中間ゾーンのプルキンI細胞活動.第56回日本平衡神経科学会(松本)

49) 宮沢伸彦,小泉 潔,遠山敬司:脳腫瘍例におけるDynamic ECD SPECTの有用性.第56回日本平衡神経科学会(松本)

50) 宮沢伸彦,八木下勉,三塚 繁,貫井英明,加藤弘太,佐治英郎:ラット中大脳動脈閉塞再潅流モデルにおける免疫抑制剤FK506の効果について:125I-PK11195autoradiography法による評価.第9回脳循環代謝学会(東京)

51) 貫井英明:脳底動脈瘤の基本手術手技.第8回秋田脳神経外科ビデオシンポジウム(秋田)

52) 長沼博文,川瀧智之,佐々木厚,佐藤英治,長坂光泰,中野 真,磯江士朗,吉川英志,田坂捷雄,貫井英明:悪性glioma細胞からのhorombospondin1の産生とthorombospondin1によるTransforming growth factor-βの活性化.第6回日本脳腫瘍カンファランス(阿蘇)

53) 八木下勉,杉田正夫,深沢 功,貫井英明:手術的治療に適さない脳動脈瘤:直達手術不成功例と手術手技による悪化例の検討から.第13回日本脳神経外科血管内手術研究会(岡山)

54) 八木下勉,杉田正夫,深沢 功,貫井英明:硬膜動静脈奇形の自然閉塞機序についての考察:静脈流出路の変化と組織学的所見の観察から.第13回日本脳神経外科血管内手術研究会(岡山)

55) 尼崎賢一,辻 令三,大森 茂,高橋聖一,植松修,林 暁,永関慶重,貫井英明:眼窩周辺骨折における3D-CTの有用性.第16回山梨CT・MR研究会(甲府)

56) 八木 貴,宮沢伸彦,佐々木厚,柿沢敏之,貫井英明:正常圧水頭症症状を呈した脊髄neurinomaの1例.第68回日本脳神経外科学会関東地方会(東京)

57) 八木伸一,飛騨一利,岩崎喜信,阿部 弘,秋野実,斉藤久寿:外傷性頚髄硬膜外血腫の1例.脊髄外傷講演会(札幌)

58) 貫井英明:脳底動脈瘤術中破裂.奈良県立医科大学脳神経外科セミナー(奈良) 上野武彦,永関慶重,小宮桂治,福井堅二,八木伸一,貫井英明:右側脳弓損傷により純粋前行性健忘を呈した1例.第6回海馬と高次機能学会(愛知)