研究領域へ
部門一覧へ戻る

研究業績一覧・Research Achievements
(1997)


臨床検査医学講座・検査部

Clinical and Laboratory Medicine




学 術 論 文


Research Papers


1) Asazuma N, Ozaki Y, Satoh K, Yatomi Y, Handa M, Fujimura Y, Miura S, and Kume S(1997) Glycoprotein Ib-von Willebrand factor interactions activate tyrosine kinases in human platelets. Blood 90:4789‐4798.

2) Amemiya N, Yatomi Y, Endo T, Mizoe A, Yoda-Endo M, Yuminamochi T, Yamamoto M, Matsumoto Y, Ozaki Y, and Kume S(1997) A case of hepatocellular carcinoma with marked hyperfibrinogenemia. Acta Haematol.97:236‐238.

3) Yanabu M, Ozaki Y, Nomura S, Miyake T, Miyazaki Y, Kagawa H, Yamanaka Y, Asazuma N, Satoh K, Kume S, Komiyama Y, and Fukuhara S(1997) Tyrosine phosporylation and p72syk activation by an Anti-Glycoprotein Ib monoclonal antibody. Blood,89,1590‐1598.

4) Fukuda K, Ozaki Y, Satoh K, Kume S, Tawata M, Onaya T, Sakurada K, Seto M, and Sasaki Y(1997) Phosphorylation of myosin light chain in resting platelets from NIDDM patients is enhanced Correlation With spontaneous aggregation. Diabetes,46,488‐493.

5) Yatomi Y, Yamamura S, Ruan F, and Igarashi Y(1997) Sphingosine1‐phosphate induces platelet activation through an extracellular action and shares a platelet surface receptor with lysophosphatidic acid. J. Biol. Chem.272:5291‐5297.

6) Yatomi Y, Igarashi Y, Yang L, Hisano N, Qi R, Asazuma N, Satoh K, Ozaki Y, and Kume S(1997) Sphingosine1‐phosphate, a bioactive sphingolipid abundantly stored in platelets, is a normal constituent of human plasma and serum. J. Biochem.121:969−973.

7) Yatomi Y, Welch R. J., and Igarashi Y(1997) Distribution of sphingosine 1‐phosphate, a bioactive sphingolipid, in rat tissues. FEBS Lett.404:173‐174.

8) Yatomi Y, Yamamura S, Ruan F, Kume S, Ozaki Y, and Igarashi Y(1997) N,N-Dimethylsphingosine 1‐phosphate activates human platelets. FEBS Lett.417:341‐344.

9) Yatomi Y, Ozaki Y, Satoh K, Kume S, Ruan F, and Igarashi Y(1997) N,N-Dimethylsphingosine phosphorylation in human plateles.Biochem. Biophys. Res. Commun.231:848‐851.

10) Yamamura S, Yatomi Y, Ruan F, Sweeney E.A., Hakomori S, and Igarashi Y(1997) Sphingosine 1‐phosphate regulates melanoma cellmotility through a receptor-coupled extracellular action and in a pertussis toxin-insensitive manner. Biochemistry 36:10751‐10759.

11) 細萱茂実,久米章司,藤田清貴,櫻林郁之介(1997) 血清蛋白分画の精度管理法.生物物理化学,41:127‐131.

12) 鈴木節子,国分まさ子,木嶋祥麿,前場恵一子,秋山淑子,東 克巳,雨宮憲彦,大竹順子,亀井喜恵子,安室洋子,中竹俊彦,櫻井典子,望月和子,島津千里,宮島ゆかり,風間睦美(1997) PT,TT標準化に関する研究−INR表示血漿によるLocal Standardization法の価値について−.臨床病理,45:321‐327.

13) 長田 誠,坂本美穂子,内藤勝人,小池 亨,細萱茂実,久米章司(1997) 各種Treponema pallidum抗体測定法に関する比較・検討.日本臨床検査自動化学会会誌,22(3):236‐242.

14) 中澤久美子,弓納持勉,石井喜雄,早川直美,加藤良平,池上 淳,須田耕一,尾崎由基男,久米章司(1997) 体腔液細胞診におけるp53蛋白の免疫細胞化学的検討.日本臨床細胞学会雑誌,36:506‐511.


単 行 本


Books


1) 矢冨 裕(1997) 血小板異常,凝固・線溶異常.看護のための基礎知識<血液・造血器疾患>(林茂樹編) 真興交易医書出版部,東京.pp.138‐159.

2) 矢冨 裕,久米章司(1997) 血小板寿命測定.現代臨床機能検査(早藤弘編) 日本臨床社,大阪.pp.113−116.

3) 矢冨 裕(1997) 出血性素因.ハイパー臨床内科(織田敏次,森 亘編) CD-ROM版.中山書店,東京.

4) 尾崎由基男(1997) 血小板放出能検査.現代臨床機能検査(早藤 弘編) 日本臨床社,大阪.pp.109‐112.

5) 遠藤 武,久米章司(1997) 線溶分子マーカー(フィブリン/フィブリノゲン分解産物(FDP) ,プラスミン・α2プラスミンインヒビター複合体(PIC) ,フィブリノペプタイドBβ15‐42,フィブリノペプタイドBβ1‐42) ,臨床検査ガイド‘97,(Medical Practice編集委員会編) 文光堂,東京,673‐679.


総  説


Review Articles


1) 佐藤金夫,尾崎由基男,矢冨 裕,久米章司(1997) 散乱光を用いた粒子計測法による血小板凝集能の測定.日本血栓止血学会誌 8:55‐61.

2) 矢冨 裕(1997) 薬剤による出血傾向.Medical Practice 14:943‐946.

3) 矢冨 裕(1997) 血小板から放出される細胞間メッセンジャーとしてのスフィンゴシン‐1‐リン酸.検査と技術 25:1179‐1181.

4) 尾崎由基男(1997) 蛋白質チロシン燐酸化反応と血小板機能.山梨医大誌 12:119‐130.

5) 佐藤金夫,尾崎由基男(1997) 新しい血小板凝集能測定法.検査と技術 25:79‐82.

6) 佐藤金夫,尾崎由基男,久米章司(1997) 粒子計測法による糖尿病患者の血小板凝集能の評価.Medical Practice 14:957‐959.

7) 小宮山明,加藤良平,川生 明(1997) 甲状腺濾胞上皮細胞機能における細胞骨格の役割.細胞,29:4‐7.

8) 細萱茂実(1997) キャリブレータの本数とその反復測定回数の関係.臨床検査,41:203‐204.

9) 細萱茂実,久米章司(1997) statistical quality controlの意義.臨床検査,41:308‐386.

10) 細萱茂実,尾崎由基男(1997) 標準物質による正確さの確認と校正法.臨床検査,41:1645‐1650.


そ の 他


Others


1) 矢冨 裕(1997) 血漿中スフィンゴシン‐1‐リン酸測定の臨床検査への応用,基礎研究(C) (2)

2) 佐藤金夫(1997) イメージングフローサイトメーターを用いた血小板凝集塊の検出−基礎的検討ならびに臨床応用−,奨励研究(A) (1)


学 会 発 表


Oral Presentations


1) Yatomi Y, Yamamura S, Igarashi Y, Yang L, Hisano N, Asazuma N, Satoh K, Ozaki Y, and Kume S:Sphingosine 1‐Phosphate as an intercellular Messenger,Released from platelets through mediaeion by protein kinase C.XVIth Congress of The International Society on Thrombosis and Haemostasis,1997,Florence.

2) Asazuma N, Ozaki Y, Satoh K, Yatomi Y, Fujimura Y, Qi R, Yang L, Hisano N, and Kume S:Involvvement of tyrosine kinases in human platelet activation mediated by glycoprotein Ib:Evaluation with botrocetin.XVIth Congress of The International Society on Thrombosis and Haemostasis,1997,Florence.

3) Satoh K, Ozaki Y, Kubota F, Nakamoto H, Qi R, Yang L, Yatomi Y, Asazuma N, Hisano N, and Kume S: Detection of small platelet Aggregates in whole blood using flow cytometer equipped with imaging device.XVIth Congress of The International Society on Thrombosis and Haemostasis,1997,Florence.

4) Qi R, Ozaki Y, Kuroda K, Satoh K, Asazuma N, Yatomi Y, and Kume S:Differential activation of human platelets induced by FcγRII Cross-Linking and anti-CD9antibody.XVIth Congress of The International Society on Thrombosis and Haemostasis,1997,Florence.

5) Yang L, Yatomi Y, Hisano N, Qi R, Asazuma N, Satoh K, Igarashi Y, Ozaki Y, and Kume S:Metabolisum of various sphingosine derivatives in human platelets.XVIth Congress of The International Society on Thrombosis and Haemostasis,1997,Florence.

6) Hisano N,Yang L, Yatomi Y, Qi R, Asazuma N, Satoh K, Ozaki Y, and Kume S: Quantitation of sphingosine in human platelets.XVIth Congress of The International Society on Thrombosis and Haemost,1997,Florence.

7) Fukuda K, Ozaki Y, Satoh K, Kume S, Sakurada K, Seto M, and Sazaki Y:Phosphorylation of myosints light chain in resting platelets from niddm patients is enhanced:Correation with spontaneous aggregation.XVIth Congress of The International Society on Thrombosis and Haemost,1997,Florence.

8) Katoh R, Miyagi E, Komiyama A, Hemmi A, Yokoyama A, Kawaoi A, Shibuya M: Expression of vascular endothelial growth factor(VEGF) in human thyroid neoplasm.The6the Asia Oceania Thyroid Association Congress,1997,Osaka.

9) Komiyama A, Katoh R, Lu S A, Hemmi A, Yokoyama A, Yamane T, Kawaoi A: Metalloproteinasa‐2 and‐9 in a model of chemically induced tumorigenesis of rat thyroid gland. The 6th Asia Oceania Thyroid Association Congress,1997,Osaka.

10) 尾崎由基男:血小板活性化信号伝達系とチロシンキナーゼ.日本血液学会,1997,京都.

11) 矢冨 裕,五十嵐靖之,尾崎由基男,久米章司:血小板より放出される細胞間メッセンジャーとしてのsphingosine 1‐phosphate.日本血液学会,1997,京都.

12) 佐藤金夫,尾崎由基男,久保田文雄,中本博幸,斉 若梅,楊 麗波,矢冨 裕,浅妻直樹,久野伸夫,久米章司:撮影機能を有するフローサイトメーターを用いた血小板凝集塊の検出.日本血液学会,1997,京都.

13) 楊 麗波,矢冨 裕,久野伸夫,斉 若梅,浅妻直樹,佐藤金夫,尾崎由基男,久米 章司:ヒト血小板におけるセラミド代謝.日本血液学会,1997,京都. 

14) 久野伸夫,矢冨 裕,楊 麗波,斉 若梅,浅妻直樹,佐藤金夫,尾崎由基男,久米章司:血小板スフィンゴシンの定量.日本血液学会,1997,京都.

15) 浅妻直樹,矢冨 裕,佐藤金夫,藤村吉博,半田誠,斉 若梅,楊 麗波,久野伸夫,久米章司,尾崎由基男:vWF-GPIb刺激血小板活性化によりGPIbに結合するチロシンキナーゼ活性の動態,日本血栓止血学会,1997,金沢.

16) 佐藤金夫,矢冨 裕,浅妻直樹,斉 若梅,楊 麗波,久野伸夫,大森 司,井上克枝,久保田文雄,中本博幸,久米章司,尾崎由基男:画像撮影機能を備えたフローサイトメーターによる全血中の血小板凝集塊検出の試み.日本血栓止血学会,1997,金沢.

17) 斉 若梅,浅妻直樹,佐藤金夫,楊 麗波,久野伸夫,矢冨 裕,久米章司,尾崎由基男:Fc受容体を介する血小板活性化:Fc受容体のチロシン燐酸化の解析.日本血栓止血学会,1997,金沢.

18) 楊 麗波,矢冨 裕,久野伸夫,佐藤金夫,斉 若梅,浅妻直樹,久米章司,尾崎由基男:ベラプロストナトリウムによる血小板凝集抑制作用−透過光法と散乱光法の比較−日本血栓止血学会,1997,金沢.

19) 久野伸夫,矢冨 裕,楊 麗波,斉 若梅,浅妻直樹,佐藤金夫,久米章司,尾崎由基男:血小板ethanolamine plasmalogenの定量.日本血栓止血学会,1997,金沢.

20) 金 京子,内山真一郎,山崎昌子,岩田 誠,尾崎由基男:ずり応力惹起血小板凝集計と散乱光による血小板凝集計を用いたイフェンプロジルの血小板凝集に及ぼす影響の検討.日本血栓止血学会,1997,金沢.

21) 佐藤金夫,矢冨 裕,浅妻直樹,雨宮憲彦,三添亜佐子,久保田文雄,中本博幸,尾崎由基男:全血での血小板凝集塊検出の試み−画像撮影装置を搭載したフローサイトメーターの開発−.日本臨床病理学会,1997,神戸.

22) 逸見明博,小宮山明,大野伸一,加藤良平,川生明:消化管平滑筋腫瘍における超微形態について−急速凍結ディープエッチング法,および免疫組織化学的検索.第86回日本病理学会総会,1997,札幌.

23) 小宮山明,加藤良平,逸見明博,横山 章,中村暢樹,三枝恵美,名倉悟,川生明:DIPN(diisopropanolnitrosamine) 誘発甲状腺癌モデルにおける濾胞基底膜の免疫組織化学的研究.第86回日本病理学会総会,1997,札幌.

24) 逸見明博,小宮山明,大野伸一,加藤良平,川生明:消化管平滑筋腫におけるビメンチン線維の超微形態について:急速凍結ディープエッチング法,および凍結超薄免疫電顕法による検討.第38回日本組織細胞化学会総会,1997,東京.

25) 細萱茂実,小池 亨,多田正人,山崎浩和,風間文智,尾崎由基男:標準物質による正確さの校正効果とその限界.第8回生物試料分析科学会,1997,熊本.

26) 細萱茂実,久米章司:測定法の比較評価(相関性試験) に伴う統計的諸問題の解析.第46回日本臨床衛生検査学会,1997,名古屋.

27) 細萱茂実,尾崎由基男,中 恵一:最小検出限界の評価法・設定法.第17回日本臨床化学会夏期セミナー,1997,瀬戸.

28) 細萱茂実,内藤勝人,尾崎由基男:BCR Report on CRM470(RPPHS Lot.5) による標準物質からの正確さの伝達法.第17回日本臨床化学会夏期セミナー,1997,瀬戸.

29) 細萱茂実,尾崎由基男:精度管理調査の新しい評価方式に関する検討.第44回日本臨床病理学会,1997,神戸.

30) 細萱茂実,小池 亨,多田正人,山崎浩和,尾崎由基男:血清脂質成分の生理的個体内変動および個体内相関の解析.第37回日本臨床化学会年会,1997,熊本.

31) 山崎浩和,細萱茂実,小池 亨,多田正人,風間文智,久米章司:緩衝液の違いによる血清ALP活性値測定の反応性の比較.第7回生物試料分析学会,1997,熊本.

32) 山崎浩和,多田正人,風間文智,坂本美穂子,小池 亨,遠藤 武,細萱茂実,久米章司:血清ALP活性値の緩衝液の違いによる反応性の比較.第15回山梨県臨床衛生検査学会,1997,甲府.

33) 山崎浩和,細萱茂実,小池 亨,多田正人,風間文智,尾崎由基男,赤羽賢浩:緩衝液に対する反応性の差を利用した小腸及び胎盤型ALP活性定量の試みとその臨床的有用性.第37回日本臨床化学会,1997,熊本.

34) 多田正人,山崎浩和,小池 亨,細萱茂実,尾崎由基男:アルツハイマー型痴呆における血清アミロイドA蛋白とアポEフェノタイプの動態,第44回日本臨床病理学会,1997,神戸.

35) 風間文智,遠藤 武,細萱茂実,久米章司:HCV-RNA自動増幅・検出装置「コバスアンプリコア」の基礎的性能の評価,第46回日本臨床衛生検査学会,1997,名古屋.

36) 三添亜佐子,遠藤 武,雨宮憲彦,遠藤真澄,杉田完爾,中澤眞平,神崎暁郎,八幡義人,矢冨 裕,尾崎由基男,久米章司:Hereditary xerocytosisと考えられた1女児例の解析.第46回日本臨床衛生検査学会.1997,名古屋.

37) 遠藤真澄,雨宮憲彦,三添亜佐子,遠藤 武,細萱茂実,矢冨 裕,尾崎由基男:R‐3000による網血小板測定の基礎的検討.第34回関東甲信地区医学検査学会.1997,宇都宮.

38) 雨宮憲彦,三添亜佐子,遠藤真澄,遠藤 武,柳 光章,石原 司,田村康二,杉田完爾,中澤眞平,中澤正樹,矢冨 裕,尾崎由基男:Micromegakaryocy tosisを認めたCML巨核芽球性急性転化の1例.第39回日本臨床血液学会総会.1997, 東京.

39) 鈴木節子,国分まさ子,島津千里,風間睦美,前場恵一子,秋山淑子,大竹順子,亀井喜恵子,望月和子,安室洋子,雨宮憲彦,東 克巳,櫻井典子,中竹俊彦:Local Calibration方式によるINR表示法の問題点.第44回日本臨床病理学総会,1997, 神戸.

40) 内藤勝人:免疫学的測定系に影響を及ぼす干渉因子.第15回山梨県臨床衛生検査学会,1997,山梨.

41) 内藤勝人,小池 亨,多田正人,山崎浩和,坂本美穂子,長田 誠,岡部忠志,風間文智,内田 幹,遠藤 武,細萱茂実,尾崎由基男:免疫化学検査を中心とする第2次迅速検体搬送システム構築と評価(第4報) .第29回日本臨床検査自動化学会,1997,横浜.

42) 内藤勝人,小池 亨,多田正人,山崎浩和,坂本美穂子,長田 誠,岡部忠志,風間文智,内田 幹,遠藤 武,細萱茂実,尾崎由基男:免疫化学を中心とする第2次迅速検体搬送システムの開発と評価.第15回日本臨床化学会甲信越支部総会,1997,長野.

43) 弓納持勉,細萱茂実,石井喜雄,中澤久美子,久米章司:肝細胞癌および肝内胆管癌における血清シフラ値とその病理学的背景.第46回日本臨床衛生検査学会,1997,名古屋.

44) 中澤久美子,石井喜雄,弓納持勉,早川直美,尾崎由基男,西川圭一,小沢克良,三俣昌子,須田耕一:細胞異型の強い良性病変における細胞診誤陽性例の検討.第34回細胞検査士教育セミナー,1997,東京.

45) 石井喜雄,弓納持勉,中澤久美子,三添亜佐子,尾崎由基男:鉄ヘマトキシリン液に関する基礎的検討.第34回関東甲信地区医学検査学会,1997,宇都宮.

46) 弓納持勉,細萱茂実,石井喜雄,中澤久美子,三添亜佐子,須田耕一,尾崎由基男:原発性肝癌および転移性肝癌におけるシフラとTPAの動態およびその病理組織学的背景.第44回日本臨床病理学会総会,1997,神戸.

47) 石井喜雄,中澤久美子,早川直美,弓納持勉,尾崎由基男,平島奈緒子,加藤良平,三俣昌子,西川圭一,石原 裕,小沢克良:細胞学的に診断困難であった肺原発リンパ腫の1例(いわゆるMALT Lymphoma) .第19回山梨肺癌研究会, 1997,甲府.

48) 中澤久美子,弓納持勉,石井喜雄,早川直美,尾崎由基男,山根 徹,西川圭一,石原 裕,加藤良平:病理組織学的に診断困難例の細胞診断学的アプローチ.第19回山梨肺癌研究会,1997,甲府.

49) 小岩井孝夫ほか:スパイログラムの精度管理と基本手技.第15回山梨県臨床衛生検査学会,1997,甲府.

50) 長田美智子,小岩井孝夫,奥山純子,細萱茂実,久米章司,相原正男:異なる注意課題におけるSSRの検討〜高次脳機能によるSSRの賦活化〜.第46回日本臨床衛生検査学会,1997, 名古屋.

51) 奥山純子,小岩井孝夫,長田美智子,尾崎由基男,小森貞嘉:ペースメーカー管理におけるホルター解析装置MODEL563Kの有用性.第34回関東甲信地区医学検査学会,1997, 宇都宮.

52) 長田美智子,小岩井孝夫,奥山純子,佐田佳美,相原正男,尾崎由基男:高次脳機能由来のSympathetic skin response(SSR) ついて.第27回日本脳波・筋電図学会学術大会,1997,福岡.