研究領域へ
部門一覧へ戻る

研究業績一覧・Research Achievements
(1997)


生化学講座第2教室

Biochemistry 2




学 術 論 文


Research Papers


1) Yaguchi S, Mitsui K, Tsurugi K(1997) Reexamination of the nucleotide sequence of GTS1,a candidate clock gene of Saccharomyces cerevisiae. Biochem Arch,13:97‐105.

2) Motizuki M, Xu Z, Tsurugi K(1997) A degradative process suggestive of autophagic death in post-senescent cells of yeast observed by light microscopy. Yamanashi Med J,12:15‐20.

3) Iha H, Takimoto M, Danjo I, Fujiyama A(1997) Identification and characterization of a novel transmembrane protein gene, pdh11,from Schizosaccharomyces pombe. DNA Res,4:393‐396.

4) 許 昭俊(1997) 出芽酵母dlp1 変異株は2ミクロンプラスミドのコピー数の増加を来たし,自食死における増殖活性の失活の遅れと寿命の短縮を示す.山梨医大誌,12(1):21‐27.

5) 劒 邦夫(1997) 酵母における時計関連遺伝子と寿命.基礎老化研究,21(1):3‐5.


学 会 発 表


Oral Presentations


1) 劒 邦夫:酵母の時計関連遺伝子と寿命について:日本基礎老化学会第19回シンポジウム,1997,東京.

2) 川端健一,宇野健史,三井和浩,劒 邦夫:出芽酵母GTS1遺伝子産物の薬剤耐性に対する影響.第20回日本分子生物学会年会,1997,京都.

3) 伊波英克,矢口壮一,三井和浩,劒 邦夫:出芽酵母の凝集抑制因子Sfl1pと活性化因子Gts1pの機能発現領域の解析.第20回日本分子生物学会年会,1997,京都.

4) 矢口壮一,三井和浩,伊波英克,劒 邦夫:出芽酵母GTS1 遺伝子産物のProtein kinaseAに依存したリン酸化.第20回日本分子生物学会年会,1997,京都.

5) 王 晋清,三井和浩,劒 邦夫:GTS1遺伝子産物は酵母S. cerevisiaeの解糖系のウルトラディアンオシレーションを調節する.第20回日本分子生物学会年会,1997,京都.

6) 望月光由,伊藤岳人,山田宗夫,島村誠一,劒 邦夫:牛血清由来抗菌性蛋白BAMP‐1について.第70回日本生化学会,1997,金沢.

7) 川端健一,田村康二,三井和浩,劒 邦夫:温熱及び薬剤の適応に関与する時計遺伝子の分子生物学的解析−出芽酵母細胞をモデルとして.日本適応医学会第1回学術集会,1997,大阪.