研究領域へ
部門一覧へ戻る

研究業績一覧・Research Achievements
(1997)


精神神経医学講座

Neuropsychiatry




学 術 論 文


Research Papers


1) Wei MJ, Shintani F, Kanba S, Yagi G, Asai M, Kato R, and Nakaki T.(1997) Endothelium-dependent and -independent vasoactive actions of a Japanese Kampo medicine, Saiko-ka-ryukotsu-borei-to. Biomedicine & Pharmacotherapy, 51:38‐43.

2) Suzuki E, Shintani F, Kanba S, Asai M, and Nakaki T.(1997) Immobilization stress increases mRNA levels of interleukin‐1receptor antagonist in various rat brain regions. Cell Mol Neurobiol,17:557‐562.

3) Yamada K, Kanba S, Ohnishi K, Ashikari I, Yagi G, and Asai M.(1997) Changes in symptoms and plasma homovanillic acid with amantadine hydrochloride in chronic schizophrenia. Biological Psychiatry,41:1062‐1064.

4) Yamada K, Kanba S, Yagi G, and Asai M.(1997) Effectiveness of herbal medicine(Shakuyaku-kanzo-to) for neuroleptic-induced hyperprolactinemia.Journal of Clinical Psychopharmacology,17:234‐235.

5) Yamada K, Kanba S, Anamizu S, Ohnishi K, Ashikari I, Yagi G, and Asai M.(1997) Low superoxide dismutase activity in patients with tardive dyskinesia. Psychological Medicine,27:1223‐1225.

6) Suzuki E, Shintani F, Nakaki T, Nagata K, Yamazoe Y, Fujita N, Asai M, and Kanba S.(1997) Dexamethasone and nitric oxide synthase gene expression in brain. Journal of Psychiatry & Neuroscience,22:105‐110.

7) Ono Y, Manki H, Yoshimura K, Muramatsu T, Mizusima H, Higuchi S, Yagi G,Kanba S and Asai M.(1997) Association between dopamine D4receptor(DRD4) exon III polymorphism and novelty seeking in Japanese subjects. American Journal of Medical Genetics,74:501‐503.

8) Nakamura T, Muramatsu T, Ono Y, Matsushita S, Higuchi S, Mizushima H, Yoshimura K, Kanba S and Asai M.(1997) Serotonin transporter gene regulatory region polymorphism and anxiety-related traits in the Japanese. American Journal of Medical Genetics,74:544‐545.

9) Muramatsu T, Matsushita S, Kanba S, Higuchi S, Manki H, Suzuki E and Asai M.(1997) Monoamine oxidase genes polymorphisms and mood disorder. American Journal of Medical Genetics,74:494‐496.

10) Nakagawara M, Kubota M, Atobe M, Kariya T.(1997) Strain deference in behavioral response to a new environment in rats. Psychiatry and Clinical neuroscience,51:167‐170.

11) Okawa M, Takahashi K, Egashira K, Furuta H, Higashitani Y, Higuchi T, Ichikawa H, Ichimaru Y, Inoue Y, Ishizuka Y, Ito N, Kamei K, Kaneo M, Kim Y, Kohsaka M, Komori T, Kotorii T, Matsumoto M, Mishima K, Mizuki Y, Morimoto K, Nagayama H, Ohta T, Okamoto N, Sakamoto K, Shirakawa S, Sugita Y, Tamiya S, Yamada N, Yamadera H, Yamazaki J, Takahashi S.(1997) Vitamin B12 treatment for delayed sleep phase syndrome: A multi-center double-blind study. Psychiatry and Clinical Neurosciences,51:275‐279.

12) 佐藤佳夫,篠原 学,長坂明仁,塩江邦彦,平野雅己,中河原通夫,假屋哲彦.(1997) 同一健康成人に対する2回にわたるデスメチルイミプラミンテストの比較.精神薬療基金研究年報,28:141‐145.

13) 久保田正春,篠原 学,加賀美真人,塩江邦彦,神庭重信.(1997) わが国における大うつ病(非精神病性) に対する薬物療法の現状分析−薬物療法研究会の調査結果から−.精神医学,39:1169‐1173.

14) 篠原 学,神庭重信.(1997) 抗うつ薬の増強療法やECTに抵抗性で経過の途中から痴呆状態が前景を占めた難治性うつ病の1例.臨床精神医学,26:1623‐1632.

15) 丹羽政信,久保田正春,跡部 勝,神庭重信.(1997) 家族の強い感情表出(High-EE) が遷延因子となったと思われるラピッドサイクラーの一症例.臨床精神医学,26:1503‐1510.


単 行 本


Books


1) Nakaki T, Shintani F, Suzuki E, Kanba S and Asai M.(1997) Bioactive6‐nitronorepinephrine formation requiring nitric oxide synthase in mammalian brain. In Oxygen Homeostasis and Its Dynamics(Ishimura Y, Shimada H and Suematsu M eds) .Springer, Tokyo, pp.510‐517.

2) 神庭重信.(1997) 躁うつ病.Bio Science用語ライブラリー,脳神経(御子柴克彦編) .洋土社,東京,pp.228‐229.

3) 神庭重信.(1997) 心循環系に対する副作用.精神科治療薬大系第5巻;向精神薬の副作用とその対策(三浦貞則監修) .星和書店,東京,pp.147‐174.

4) 神庭重信,新谷 太,鈴木映二,中木敏夫.(1997) 脳内ストレス応答におけるインターロイキン‐1の関与.感情障害と神経・免疫・内分泌−脳の世紀に向けて(山脇成人編) .新興医学出版社,東京,pp.71‐79.

5) 神庭重信.(1997) 精神神経免疫学.KEY WORD1997‐98精神(松下正明,倉知正佳,樋口輝彦) .先端医学社,東京,pp.134‐135.

6) 神庭重信,八木剛平(監訳・訳) .(1997) 精神科薬物ハンドブック.医学書院MYW,東京.(原題:Kaplan HI and Sadock BJ(eds) .Pocket Handbook of Psychiatric Drug Treatment.2nd edition. Williams & Wilkins, Baltimore, 1996)

7) 塩江邦彦,神庭重信.(1997) 躁うつ病(感情障害) の生物学.専門医のための精神医学レビュー '97−最新主要文献と解説−(風祭元監修) .総合医学社,東京,pp.26‐32.

8) 山田光彦,神庭重信.(1997) 不安障害の神経化学.脳シグナルカスケードと精神疾患(三国雅彦,樋口輝彦編) .学会出版センター,東京,pp.181‐198.

9) 鈴木映二,神庭重信.(1997) 新しい向精神薬の展望.精神科治療薬大系別巻;向精神薬一覧,最近の進歩(三浦貞則監修) .星和書店,東京,pp.22‐47.

10) 神庭重信(1997) 混合性不安ー抑うつ障害.今日の精神科治療指針(大原健士郎,広瀬徹也監修) .星和書店,東京,pp.72‐73.

11) 篠原 学,神庭重信.(1997) 脳・神経系に作用を及ぼす薬剤の一覧.Bio Science用語ライブラリー−脳神経−(御子柴克彦編集) .羊土社,東京,pp241‐242.


総  説


Review Articles


1) 神庭重信.(1997) ストレス応答における視床下部インターロイキンー1の役割.山梨医科大学雑誌,12:35‐44.

2) 神庭重信,塩江邦彦,平野雅巳,加賀美真人.(1997) 精神薬理学から見たcomorbidity:気分障害を中心とした考察.精神神経学雑誌,99:964‐970.

3) 石束嘉和.(1997) 交代勤務と睡眠.ブレインナーシング,13:714‐720.

4) 石束嘉和.(1997) 月経周期,更年期と睡眠.ブレインナーシング,13:44‐49.

5) 塩江邦彦.(1997) 精神薬理フォーラム.日本神経精神薬理学雑誌,17:215.

6) 碓氷 章,石束嘉和.(1997) 睡眠の季節性.臨床精神医学,26:1295‐1301.

7) 久保田正春,神庭重信.(1997) 心と脳.心療内科,1:101‐105.

8) 久保田正春.(1997) Vasopressin.基礎と臨床.日本神経精神薬理学雑誌,17:113‐121.

9) 篠原 学,神庭重信.(1997) 心身症患者のめまい.治療,79:71‐74.

10) 加賀美真人,神庭重信.(1997) 気分安定薬.医学と薬学,38:37‐42.

11) 長坂明仁,石束嘉和.(1997) 交代勤務者における不眠.Prog. Med., 17:2114‐2119.

12) 根本直幸,久保田正春,神庭重信.(1997) うつ病の内分泌学的検査.Pharma Medica,15:47‐53.

13) 杉山仁視,久保田正春,神庭重信.(1997) 人格障害の生物学.「現代のエスプリ」別冊(成田善弘編) 112‐122.

14) 山田和男,神庭重信.(1997) 精神神経科領域における漢方療法とストレス.PROGRESS IN MEDICINE,17:39‐43.

15) 樋口輝彦,飯田 真,岩波 明,内富庸介,神庭重信,藤原豊,本橋伸高,山田和夫,山脇成人.(1997) 感情障害の薬物療法の新しい指針.総合病院精神医学,9:7‐16.


そ の 他


Others


1) 石束嘉和,白石孝一,白川修一郎.(1997) 在宅痴呆老人に対するリハビリ,特にデイケア(Day Care) の有効性についての研究.ユニベール財団調査研究報告書,5:183‐205.

2) 石束嘉和.(1997) 高齢の在宅痴呆患者に対するリハビリテーション,特にデイケア・サービスの有効性についての研究−精神生理学的手法を用いての研究−.笹川医学医療研究財団平成8年度研究業績年報,12:90‐95.


学 会 発 表


Oral Presentations


1) Niwa M, Kubota M, Atobe M, Kobayashi K, Suwabe A, Nakagawara M, Kanba S. Effects of serotonin1a receptor agonist, flesinoxan, on the locomotor activity of rats.6th World Congress of Biological Psychiatry,1997,Nice.

2) 神庭重信.代謝・動態への影響,臨床からの要望,「Drug to Drug Interaction」−薬の安全性と薬物相互作用.第32回ヒューマンサイエンス基礎研究セミナー,1997,東京.

3) 神庭重信.精神薬理学からみたストレスと精神疾患−気分障害について−(シンポジウム) .第19回日本生物学的精神医学会,1997,大阪.

4) 神庭重信.精神薬理学からみた精神疾患のComorbidity−気分障害をめぐって−(シンポジウム) .第93回日本精神神経学会総会,1997,東京.

5) 石束嘉和.隔離条件下でのナルコレプシーの睡眠(シンポジウム) .第22回日本睡眠学会,1997,東京.

6) 碓氷 章,石束嘉和,大日方一夫,岡戸民雄,福澤等,神庭重信.自記式睡眠日誌の有効度について−Wrist-Activityとの対比.第22回日本睡眠学会,1997,東京.

7) 碓氷 章,石束嘉和,玉置寿男,工藤耕太郎,岡本太郎,松下 裕,佐藤佳夫,福澤 等,神庭重信.24時間活動数測定によるうつ症状評価法の確立.第30回精神神経系薬物治療研究基金研究報告会,1997,東京.

8) 久保田正春,Wotjak CT, Landgraf R,神庭重信.ストレスとvasopressin−情動ストレスによる脳内vasopressinの変化−.第27回日本神経精神薬理学会,1997,鹿児島.

9) 篠原 学,神庭重信.臨床用量の個体差(招待講演) .第11回日本薬物動態学会ワークショップ「薬物代謝と動態研究のための技術と手法の進歩」,1997,東京.

10) 諏訪部明,久保田正春,跡部 勝,根本直幸,丹羽政信,小林一彦,中河原通夫,假屋哲彦,神庭重信.セロトニン1A受容体作動薬フレジノキサンのラットの自発運動量に及ぼす影響.第19回日本生物学的精神医学会,1997,大阪.

11) 工藤耕太郎,碓氷 章,神庭重信.脚ブロックを伴ったうつ病に対するECTの使用経験.第51回東京精神医学会,1997,東京.

12) 工藤耕太郎,杉山仁視,佐藤佳夫,神庭重信.高齢発症の精神分裂病の1例.第17回日本精神科診断学会,1997,東京.

13) 原田仁美,篠原 学,平野雅己,神庭重信.通常投与量によってリチウム中毒を呈した1例.山梨精神科医会,1997,甲府.

14) 山田和男,大西公夫,穴水幸子,芦刈伊世子,八木剛平,神庭重信,浅井昌弘.遅発性ジスキネジア患者における赤血球中superoxide dismutase活性の低下.第19回日本生物学的精神医学会,1997,大阪.

15) 加藤文丈,山田和男,八木剛平,神庭重信,浅井昌弘.慢性精神分裂病患者における抗精神病薬の多剤併用からリスペリドン単剤併用への変更の試み.第19回日本生物学的精神医学会,1997,大阪.

16) 新谷 太,鈴木映二,神庭重信,八木剛平,浅井昌弘.拘束ストレス負荷時のラット視床下部モノアミン濃度変化に対する一酸化窒素の役割.第19回日本生物学的精神医学会,1997,大阪.

17) 鈴木映二,新谷 太,神庭重信,八木剛平,浅井昌弘,中木敏夫.向精神薬投与によるラット脳内インターロイキンー1,インターロイキンー1受容体アンタゴニストmRNA濃度の変化.第19回日本生物学的精神医学会,1997,大阪.

18) 村松太郎,松下幸生,萬木 浩,樋口 進,鈴木映二,大野裕,千葉浩美,新谷太,壁島あき朗,八木剛平,神庭重信,浅井昌弘.MAO遺伝子多型と気分障害.第19回日本生物学的精神医学会,1997,大阪.

19) 中村誠,工藤 純,萬木 浩,野村総一郎,神庭重信,清水信義,浅井昌弘.感情障害におけるセロトニントランスポーター遺伝子変異の検索.第19回日本生物学的精神医学会,1997,大阪.

20) 山田和男,山内慶太,藤田英親,八木剛平,神庭重信,浅井昌弘.精神分裂病外来患者における薬物治療影響評価(ROMI) 尺度:日本語版の信頼性について.第93回日本精神神経学会総会,1997,東京.

21) 鈴木映二,新谷 太,神庭重信,浅井昌弘,中木敏夫.拘束ストレスによるラット脳内誘導型一酸化窒素合成酵素のmRNA濃度の変化(ミニシンポジウム) .第40回日本神経化学会,1997,東京.