研究領域へ
部門一覧へ戻る

研究業績一覧・Research Achievements
(1997)


神経内科

Neurology




学 術 論 文


Research Papers


1) Kenji Ohashi, Takeshi Saigusa:Sympathetic nervous responses during cytokine-induced fever in conscious rabbits. Eur J Physiol 433:691‐698,1997.

2) Takamura Nagasaka, Shinji Togashi, Akiyoshi Amino, Kiyoaki Nitta,Kazumasa Shindo, Zenji Shiozawa:Aniracetam for treatment of patients with progressive supranuclear palsy. Eur Neurol 37:195‐198,1997.

3) Shindo K, Tsunoda S, Shiozawa Z: Decreased sympathetic outflow to muscles in patients with cervical spondylosis. Acta Neurol Scand 96:241‐246,1997.

4) 新藤和雅,長坂高村,富樫慎治,塩澤全司:Arotinolol投与後に消失した変型性腰椎症によるミオキミア.神経治療学 14(2):149‐153,1997.

5) 新藤和雅,新田清明,長坂高村,塩澤全司:Horner症候群を合併した特発性肥厚性脳硬膜脳炎の1例.臨床神経学 37(4) 300‐303,1997.

6) 小林理恵子,新藤和雅,新田清明,橋本良一,塩澤全司:石灰化を伴う胸腺腫を合併した重症筋無力症.神経内科 46(3):283‐286,1997.

7) 小林一久,柏木愛子,井出沢剛直,金井 隆,高山一郎,北原史章,依田芳起,塩澤全司:在宅管理でTRH(ヒルトニン) が有効であった脳血管性パーキンソンニズムの一例.日本農村医学会雑誌 46(2):178‐183,1997.

8) 長坂高村,富樫慎治,新田清明,新藤和雅,塩澤全司:急性自律神経性ニューロパチーの1例.自律神経 34(5) 380‐385,1997.

9) 白須昌代,青木茂樹,大場 洋,荒木 力,塩澤全司:T1強調像で片側の被殻が高信号を示す糖尿病に合併したchoreaの1例.日本磁気共鳴医学会雑誌 17(2):105‐109,1997.


総  説


Review Articles


1) 新藤和雅:筋萎縮性側索硬化症の交感神経活動.骨・関節・靭帯 10(5) 595‐600,1997.

2) 長坂高村,富樫慎治,網野章由,新藤和雅,塩澤全司:進行性核上麻痺に対するaniracetamの有効性.神経治療学 14(3) 243‐248,1997.

3) 新藤和雅,角田伸一,塩澤全司:脊髄小脳変性症患者における末梢交感神経活動の臨床的意義について.自律神経 34(4) 327‐334,1997.


そ の 他


Others


1) 新藤和雅,田中治幸,塩澤全司:高齢者の自律神経機能の病態.厚生省長寿科学総合研究,平成9年度長寿科学総合研究「高齢者の自律神経機能」研究班班会議,1997年12月5日(名古屋) .

2) 千田光一,安藤徳彦,岡本幸市,岡山健次,桑原武夫,塩澤全司,庄司進一,千野直一,中江公裕,中野今治,古和久幸,服部孝道,花籠良一,高須俊明:関東・甲越地区におけるスモン患者の検診−第9報−厚生省特定疾患スモン調査研究班,1997年3月.


学 会 発 表


Oral Presentations


1) Shiozawa Z, Nagasaki H, Kobayashi T: EEG findings for drivers during driving a highway.Second Congress of The Asian Sleep Research Society, August25‐28,1997,Jerusalem,Israel

2) K. Nitta, K. Shindo, T. Nagasaka, K.Ohashi, Z. Shiozawa, A Takahashi:A case of seratrodast-induced polymyositis. XVI World Congress of Neurology, Septenber 14‐19,1997,Buenos Aires-,Argentina.

3) 小林理恵子,長坂高村,新藤和雅,塩澤全司,山田是清,橋詰良夫:脊髄髄内結核腫の一例.第38回日本神経学会総会1997年5月14日〜16日(横浜) .

4) 新藤和雅,角田伸一,塩澤全司:ALSの病型および重症度の違いによる筋交感神経活動への影響.第38回日本神経学会総会1997年5月14日〜16日(横浜) .

5) 新藤和雅,角田伸一,塩澤全司:頚椎症と小脳変性症の頭部挙上負荷に対する筋交感神経活動の反応性の比較.第10回ニューログラム研究会1997年6月21日(東京) .

6) 新藤和雅,角田伸一,塩澤全司:脊髄小脳変性症(SCD) における皮膚交感神経反射性バースト活動記録の意義.第50回日本自律神経学会総会,1997年11月27〜28日(横浜) .

7) 新藤和雅,角田伸一:筋萎縮性側索硬化症の筋交感神経活動,第49回日本自律神経学会総会/シンポジウム3/Microneurographyと自律神経,1997年6月15日.