研究領域へ
部門一覧へ戻る

研究業績一覧・Research Achievements
(1997)


小児科学講座

Pediatrics




学 術 論 文


Research Papers


1) **佐田佳美,畠山和男,高橋 進,相原正男,中澤眞平(1995) 重症心身障害児(者) における死亡例の検討.小児科臨床,48:2039‐2044.

2) **相原正男,畠山和男,中澤眞平(1995) 焦点性突発性放電をトリガーにして得られるSEPの検討.臨床脳波,37:627‐630.

3) *Ghosh B,Hanevold CD,Dobashi K,Orak JK(1996) Singh I Tissue differences in antioxidant enzyme gene expression in response to endotoxin. Free Radical Biology & Medicine 21:533‐540.

4) Inukai T, Inaba T, Yoshihara T, Look AT(1997) Cell transformation mediated by homodimeric E2A-HLF transcription factors. Mol.Cell.Biol,17:1417‐1424.

5) Ikusima S, Inukai T, Inaba T, Nimer SD, Cleveland JL, Look AT(1997) Pivotal role for the NFIL3/E4BP4transcription factor in interleukin3‐mediated survival of pro-B lymphocytes. Proc. Natl. Acad. Sci. USA.94:2609‐2614.

6) Ohara A, Kojima S, Hamajima N, Tsuchida M, Imashuku S, Ohta S, Sasaki H, Okamura J, Sugita K, Kigasawa H, Kiriyama Y, Akatsuka J, Tsukimoto I(1997) Myelodysplastic syndrome and acute myelogenous leukemia as a late clonal complication in children with acquired aplastic anemia. Blood 90:1009‐1013.

7) Agematsu K, Nagumo H, Yang FC, Nakazawa T, Fukushima K, Ito S, Sugita K, Mori T, Kobata T, Morimoto C, Komiyama A(1997) B cell subpopulations separated by CD27and crucial collaboration of CD27+B cells and helper T cells in immunoglobulin production. Eur. J. Immunol.27:2073‐2079.

8) Goi K, Takagi M, Iwata S, Delia D, Asada M, Donghi R, Tsunemasu Y, Nakazawa S, Yamamoto H, Yokota J, Tamura K, Saeki Y, Utsunomiya J, Takahashi T, Ueda R, Ishioka C, Eguchi M, Kamata N, Mizutani S(1997) DNA damage-associate dysregulation of the cell cycle and apoptosis control in cells with germ-line p53mutation. Cancer Res.57:1895‐1902.

9) Ohyama K, Ohta M, Nakagomi Y, Shimura Y, Sano T, Sato K, Nakazawa S, Ishikawa H(1997) Restoration of seminiferuos tubular function after discontinuation of long-term gonadotropine-releasing hormone agonist administration in premature male rats. Endocrine Journal,44(4):459‐465.

10) Sano T, Ohyama K, Yamano Y, Nakogomi Y, Nakazawa S, Kikyo M, Shirai H, Blank JS, Exton JH, Inagami T(1997) A domain for G protein coupling in carboxyl-terminal tail of rat angiotensin II receptor type IA. Journal of Biological Chemistry,272(38):23631‐23636.

11) Tanaka T, Niimi H, Matsuo N, Fujieda K, Tachibana K, Ohyama K, Sato M, Hibi I, TAP‐144‐SR study group(1997) Dose of LH-RH analog and growth velocity influence predicted final height in girls with central precocious puberty. Clinical Pediatric Endocrinology,6(2):77‐84.

12) Kobayashi K, Amemiya S, Sawanobori E, Higashida K, Ishihara T, Kobayashi K, Kato K, Nakazawa S(1997) Role of IGF binding protein‐1in the dawn phenomenon and glycemic control in children and adolescents with IDDM. Diabetes Care,20:1442‐1447.

13) Higashida K, Kobayashi Ki, Sugita K, Karakida N, Nakagomi Y, Sawanobori E, Sata Y, Aihara M, Amemiya S, Nakazawa S(1997) Pure Red Blood Cell Aplasia During Azathioprine Therapy Associated With Parvovirus B19Infection, The Pediatric Infectious Disease Journal,16:1093‐1095.

14) Kasuga A, Ozawa Y, Maruyama T, Ishihara T, Amemiya S, Saruta T(1997) Autoantibody against ICA512did not improve test sensitivity for slowly progressive IDDM in adults(letters) .Diabetes Care,20:679‐680.

15) Kasuga A, Ozawa Y, Maruyama T, Ishihara T, Amemiya S, Saruta T(1997) Autoantibody against IA‐2 improves the test sensitivity for IDDM in Japanese patients of child onset. Endocrine J,44:485‐491.

16) Hayashibe H, Asayama K, Nakane T, Uchida N, Kawada Y, Nakazawa S(1997) Increased plasma cholesteryl ester transfer activity in obese children. Atherosclerosis, 129:53‐58.(RI棟)

17) Nishiyama K, Murayama S, Nishimura Y, Asayama K, Kanazawa I(1997) Superoxide dismutase-like immunoreactivity is present in spheroids of Hallervorden Spatz disease. Acta Neuropathologica, 93:19‐23.

18) Asayama K, Hayashi K, Kawada Y, Nakane T, Uchida N, Hayashibe H, Kawasaki K, Nakazawa S(1997) New age-adjusted measure of body fat distribution in children and adolescents: standardization of waist hip ratio using multivariate analysis. International Journal of Obesity, 21:594‐599.

19) Kato S, Hayashi H, Nakashima K, Nanba E, Kato M, Hirano A, Nakano I, Asayama K, Ohama E(1997) Pathological characterization of astrocytic hyaline inclusions in familial amyotrophic lateral sclerosis. American Journal of Pathology, 151:611‐620.

20) Asayama K, Nakane T, Uchida N, Hayashibe H, Nakazawa S, Kato K, Qin PGross AJ(1997) Age-adjusted anthropometric index of overweight optimized for ages ranging from6to14years. Clinical Pediatric Endocrinology, 6(1):39‐45.

21) Takata T, Okumiya T, Hayashibe H, Shimmoto M, Kase R, Itoh K, Utsumi K, Kamei S, Sakuraba(1997) H Screening and detection of gene mutations in Japanese patients with Fabry disease by non-radioactive single-stranded conformation polymorphism analysis. Brain & Development, 19:111‐116.

22) Dobashi K, Pahan K, Chahal A Singh I (1997) Modulation of endogenous antioxidant enzymes by nitric oxide in rat C6glial cells. Journal of Neurochemistry, 68:1896‐1903.

23) Gupta M, Dobashi K, Greene EL, Orak JK Singh I(1997) Studies on hepatic injury and antioxidant enzyme activities in rat subcellular organelles following in vivo ischemia and reperfusion. Mol Cell Biochem, 176:337‐47.

24) Aihara M, Hatakeyama K, Koizumi K, Nakazawa S(1997) Ictal EEG and single photon emission computed tomography in a patient with cortical dysplasia presenting with atonic seizures. Epilepsia,38(6):723‐727.

25) Sata Y, Aihara M, Osada M, Nakazawa S(1997) The effects of different attentive paradigms on sympathetic skin response. Electroencephalogr clin Neurophysiol,(abs) ,103:39p.

26) 白石恭子,杉田完爾,犬飼岳史,飯島 純,小鹿学,斎藤みどり,中澤眞平(1997) 小児血液・悪性腫瘍患者の真菌感染症予防.児診療,7:1227‐1230. 

27) 杉田憲一,小池健一,森泰二郎,星 順隆,前田美穂,生田孝一郎,大川洋二,和田恵美子,小原明,恒松由記子,土田昌宏,高山 順,大平睦郎,中澤眞平,齋藤友博,須磨崎亮(1997) 東京小児がん研究会(TCCSG) プロトコールにて治療した急性リンパ性白血病,非ホジキンリンパ腫症例からの二次性の白血病,骨髄異形成症候群の発症率.日小血会誌,11:174‐179.

28) 小鹿 学,杉田完爾,飯島 純,佐野友昭,藤嶋美奈子,佐田佳美,草鹿砥宗隆,望月美恵,中澤眞平,吉井新平,高野邦夫,多田祐輔(1997) High-dose melphalan etoposide,carboplatin(MEC) 療法を前処置として末梢血幹細胞移植を施行した悪性奇形腫(stage II) の1男児例.小児がん,34:45‐49.

29) 合井久美子,杉田完爾,小林基章,佐田佳美,飯島純,宮本直彦,中村 誠,柄木田直子,高野邦夫,多田祐輔,太田 茂,中澤眞平(1997) 下大静脈と右心への腫瘍浸潤を伴った腎横紋筋肉腫様腫瘍の1例.小児がん,34:254‐257.

30) 合井久美子,杉田完爾,宮本直彦,柄木田直子,中村誠,小鹿 学,飯島 純,加賀美恵子,中澤眞平(1997) サイトメガロウイルスの初感染直後に臍帯血幹細胞移植を施行した乳児急性リンパ性白血病,臨床血液,38(11):1229‐1233.

31) 田中敏章,佐藤真里,石川美香,立花克彦,横谷進,矢野公一,荒木久美子,大山建司,西美和,今田 進,小川正道,飯沼和枝,筒井 孟,佐藤亨至,西山宗六,衣笠昭彦,戒能幸一,貴田嘉一(1997) 前思春期低身長児または最終身長低身長者の縦断的成長の解析 第2編 病院における経過観察の検討.日本小児科学会雑誌,101(3):617‐623.

32) 沢登恵美,雨宮 伸,石原俊秀,小林浩司,小林基章,東田耕輔,中澤眞平(1997) 青少年期インスリン依存型糖尿病の運動時消費熱量と補食量の検討,日本小児科学会雑誌,101:1571‐1577.

33) 石原俊秀,雨宮伸,中込美子,緒方 勤,平岡伸介,中澤眞平(1997) 特異的免疫染色でcarcinoma in situを認めた45,X/46,X,+marの一例,ホルモンと臨床,45増刊号:217‐220.

34) 雨宮 伸,松浦信夫,佐々木望,星野忠男,小児インスリン研究会(1997) 多施設間のグリコヘモグロビン測定標準化の検討−その成果と問題点−糖尿病,40:219‐230.

35) 青野繁雄,松浦信夫,雨宮 伸,五十嵐裕,内潟安子,浦上達彦,貴田嘉一,佐々木望,三木裕子,宮本茂樹(1997) 18歳以上に達した小児期発症インスリン依存性糖尿病患者の社会的適応および生活実態に関する疫学的検討.糖尿病,40:547‐555.

36) 内田則彦,朝山光太郎,林辺英正,中根貴弥,川田康介,中澤眞平(1997) チェックリストを用いた小児肥満治療効果の検討.ホルモンと臨床,45(9):889‐893.

37) 朝山光太郎,林辺英正,小寺浩司,中根貴弥,内田則彦,中澤眞平(1997) 非肥満児と肥満児における血清レプチンレベルの検討.第15回肥満栄養障害研究会講演集,37‐38.

38) 杉山 央,矢内 淳,駒井孝行,丹 哲士,内藤敦,中澤眞平,保坂 茂,吉井新平,鈴木章司(1997) Bland White Garland症候群におけるMRI及び心筋シンチグラムの有用性.日本小児循環器学会雑誌,13:551‐558.

39) 内藤 敦,矢内 淳,駒井孝行,藤嶋美奈子,中込美子,中澤眞平(1997) 右室流出路狭窄を来した結節性硬化症の新生児例.小児科臨床,50:1658ー1662.

40) 草鹿砥宗隆,小林浩司,佐田佳美,相原正男,中澤眞平(1997) Carbamazepine投与により欠神様発作群発が誘発された小児良性部分てんかんの一例.小児科臨床,50(3):417‐420.

41) 佐田佳美,相原正男,畠山和男,日野原陽一,神谷裕子,下田智佳子,金村英秋,中澤眞平(1997) 小児難治性けいれんに対するlidocaine持続静注の有用性とその副作用.脳と発達,29(1):39‐44.

42) 神谷裕子,相原正男,畠山和男,日野原陽一,下田智佳子,金村英秋,佐田佳美,中澤眞平(1997) 大脳皮質形成異常におけるMRI所見とてんかんの臨床像との関連性.脳と発達,29(1):45‐50.

43) 相原正男,畠山和男,中澤眞平,中澤育昌,赤松功也,林辺英正,佐藤英貴(1997) 山梨県における早期療育と地域療育システム.日本脳性麻痺研究会,30‐34. 


単 行 本


Books


1) 大山建司(1997) 性腺疾患 11,性早熟症.小児科学(編集:白木和夫,前川喜平) 第一版,第一刷.医学書院,東京.

2) 大山建司(1997) 性腺疾患 12,性成熟不全.小児科学(編集:白木和夫,前川喜平) 第一版,第一刷.医学書院,東京.

3) 雨宮伸(1997) インスリン依存性糖尿病.今日の小児治療指針 11版 医学書院,p205.

4) 朝山光太郎(1997) ビタミン欠乏症・依存症・過剰症.今日の小児治療指針(矢田純一,柳沢正義,山口規容子編) .医学書院,東京,208‐209.


総  説


Review Articles


1) 中澤眞平(1997) 白血病.児診療,60:64‐71.

2) 杉田完爾(1997) 異食症(Pica) 症候からみた小児の診断学小児科診療.診断と治療社,60:94‐95.

3) 杉田完爾,中澤眞平(1997) 主要な細胞表面形質の機能.免疫・アレルギー疾患(1) 基礎の進歩.小児内科,東京医学社,29:845‐849.

4) 杉田完爾,阿佐美薫(1997) 造血幹細胞移植前後.今日の治療食指針III.臨床栄養,医歯薬出版,91:404‐406.

5) 杉田完爾,森本幾夫(1997) ヘルパーT細胞の多様性.炎症と免疫,先端医学社,5:677‐683.

6) 大山健司(1997) 思春期早発症(性早熟症) の治療管理.日本医事新報,3799:105.

7) 大山健司(1997) 中枢性性早熟症の薬物療法.ホルモンと臨床,45(4):385‐389.

8) 大山健司(1997) ACTH不応症.小児内科(増刊号) ,29:574‐577.

9) 大山健司(1997) 早発乳房と女性乳房.日本医事新報,3816:111‐112.

10) 雨宮 伸,望月美恵,小林基章,小林浩司(1997) グリコヘモグロビンの標準化とその意義.小児科臨床,50:147‐154.

11) 朝山光太郎(1997) 小児肥満に伴う脂質代謝異常.小児肥満:基礎と進歩.小児内科,29(1):73‐77.

12) 中根貴弥,朝山光太郎(1997) 全身的症候:脱水.症候からみた小児の診断学.小児科診療(増刊号) ,60suppl.:76‐79.

13) 朝山光太郎,加藤精彦(1997) 小児内分泌疾患の相関図.小児疾患診療のための病態生理.第2巻,小児内科,29(増刊号):22‐29.

14) 朝山光太郎(1997) 小児疾患:高脂血症.今日の治療食指針‐III.臨床栄養,91(3):319‐322.


学 会 発 表


Oral Presentations


1) Dobashi K, Ghosh B, Orak JK, Singh I, Singh AK: Modulation of antioxidant enzyme system in renal ischemia-reperfusion injury. Annual Meeting of Experimental Biology(FASEB) ,1996,Washington D.C., USA.

2) Inukai T, Inaba T, Sugita K, Nakazawa S, Look AT: Thyrotroph embryonic factor(TEF) is capable of regulating the cell cycle and cell survival of lymphoid cells.39th Annual Meeting of the American Society of Hematology,1997,San Diego, USA.

3) Nakagomi Y, Sato K, Sano T, Shimura Y, Yamori T, Ohyama K, Nakazawa S: The effect of GnRH analog and estrogen on bone mineral density in girls with precocious puberty and Turner syndrome.5th Joint Meeting of the European Society for Paediatric Endocrinology and the Lawson Wilkins Pediatric Endocrine Society,1997,Stockholm.

4) Ohyama K, Nakagomi Y, Ohta M, Shimura Y, Sano T, Nakazawa S: Development of gonadal function after long-term treatment with gonadotropin-releasing hormone analog in premature male rats.5th Joint Meeting of the European Society for Paediatric Endocrinology and the Lawson Wilkins Pediatric Endocrine Society,1997,Stockholm.

5) Sano T, Ohyama K, Yamano Y, Nakagomi Y, Shimura Y, Nakazawa S: Domains of G protein coupling in carboxyl-terminal tail of rat angiotensin II receptor type1A..5th Joint Meeting of the European Society for Paediatric Endocrinology and the Lawson Wilkins Pediatric Endocrine Society,1997,Stockholm.

6) Kobayashi ki, Ameniya S, Motizuki M, Kobayashi Ko, Matushita K, Sawanobori E, Ishihara T, Higashida K, Nakazawa S: Assosiation of Angiotensin Converting Enzyme(ACE) Gene Polymorphism With Macroangiopathy in Children And Adolescents with IDDM.5th JOINT MEETING OF ESPE AND LWPES,1997,STOCKHOLM, SWEDEN.

7) Kobayashi Ko, Amemiya S, Higashida k, Ishihara T, Sawanobori E, Kobayashi Ki, Mochizuki M, Kikuchi N, Tokuyama K, Nakazawa S:Poor First Phase Insulin Response to Glucose in Japanese Obese Adolescents with NIDDM,5th JONT MEETING OF ESPE AND LWPES 1997,STOCKHOLM, SWEDEN.

8) Amemiya S, Mochizuki M, Kobayashi Ki, Yokota I, Uchigata Y, Sasaki N, Matsuura N:Standardization of Glycohemoglobin Measurements in a Collaboration Study in Japan,5th JOINT MEETING OF ESPE AND LWPES.1997,STOCKHOLM, SWEDEN.

9) Kato S, Hayashi H, Miyata H, Tanaka S, Nakashima K, Kato M, Nanba E, Hirano A, Nakano I, Asayama K, Ohama E: Neuropathological characterization of astrocytic hyaline inclusions in familial amyotrophic lateral sclerosis.13th International Congress of Neuropathology(Workshop“ALS and Related Disorders") ,1997,Perth, Australia.

10) Asayama K, Nakane T, Kodera K, Uchida N, HayashibeH, Nakazawa S:On the mechanism of regulation of glutathione peroxidase 1 and 2 by selenium.4th Annual Meeting of The Oxygen Society,1997,San Francisco, USA.

11) Dobashi K, Ghosh B, Orak JK, Singh I, Singh AK: Modulation of endogenous antioxidant enzyme system in kidney by ischemia-reperfusion induced oxidative stress. Annual Meeting of Experimental Biology(FASEB) ,1997,New Orleans, USA.

12) Dobashi K, Ghosh B, Orak JK, Singh I, Singh AK: Modulation of endogenous antioxidant enzyme systems by nitric oxide in rat C6glial cells. The American Pediatric Society and The Society for Pediatric Research,1997,Washington D.C., USA.

13) Dobashi K, Pahan K, Chahal A, Singh I: Nitric oxide modulates the expression of antioxidant enzymes in C6 glial cells. Joint Meeting of the International Society for Neurochemistry/American Society for Neurochemistry,1997,Boston, USA.

14) Asayama K: Regulation of extracellular glutathione peroxidase by selenium deficiency and peroxisomal proliferators. Research Seminar:Developmental Neurogenetic Division, Department of Pediatrics, Medical University of South Carolina,1997,Charleston, SC, USA.

15) Sugiyama H, Tsukano S, Kamiya T, Yoshibayashi M, Naito H, Takamiya M. Evaluation of myocardial tissue characteristics in congenital aortic stenosis by contrast-enhanced electron beam CT.2nd World Congress of pediatric cardiology and surgery.1997,Hawaii, USA.

16) Nagamitsu S, Matsuishi T, Hashimoto K, Yamashita Y, Aihara M, Shimizu M, Shimada M:The nation-wide survey of paroxysmal dyskinesias in Japan-prevalence and pedigree analysis. 47th Annual Meeting of American Society of Human Genetics,1997,Boltimore.

17) **佐田佳美,相原正男,畠山和男,神谷裕子,日野原陽一,下田智佳子 金村英秋,中澤眞平.West症候群女児における脳内リン代謝の変化−経時的Magnetic Resonance Spectroscopy−. 第22回日本小児神経学関東地方会,1995,東京.

18) **神谷裕子,畠山和男,相原正男,中澤眞平.脳形成異常9症例における臨床,脳波,画像所見の検討.山梨小児科地方会,1995,山梨.

19) **畠山和男,相原正男,神谷裕子,日野原陽一,下田智佳子,金村英秋,佐田佳美,中澤眞平.Rolando棘波の発生源に関する検討.第98回日本小児科学会,1995,岐阜.

20) **金村英秋,相原正男,中込美子,内藤敦,佐田佳美,中澤眞平.良性乳児複雑部分てんかんの1例.第87回日本小児科学会甲信地方会,1995,長野.

21) **相原正男,金村英秋,下田智佳子,畠山和男,神谷裕子,日野原陽一,佐田佳美,中澤眞平.随意的注意機構に関する研究 −SPECT activation studyによる検討−.第37回日本小児神経学会総会,1995,大津.

22) **日野原陽一,相原正男,畠山和男,神谷裕子,下田智佳子,金村英秋,佐田佳美,中澤眞平.異なる注意課題によるSEP topographyの変化−オドボール課題と比較して−.第37回日本小児神経学会総会,1995,大津.

23) **下田智佳子,相原正男,畠山和男,神谷裕子,日野原陽一,金村英秋,佐田佳美,中澤眞平.受動的注意課題とオドボール課題の非標的刺激におけるSEPトポグラフィーの比較.第37回日本小児神経学会総会,1995,大津.

24) **神谷裕子,相原正男,畠山和男,日野原陽一,下田智佳子,金村英秋,佐田佳美,中澤眞平.Becker型筋ジストロフィーにおける股関節,足関節の筋力評価 −等運動性筋力測定装置を用いた求心性,遠心性トルクの比較−.第37回日本小児神経学会総会,1995,大津.

25) **金村英秋,相原正男,畠山和男,日野原陽一,神谷裕子,下田智佳子,佐田佳美,中澤眞平.各種抗けいれん薬に抵抗性を示し,リドカイン静注が著効したDoose症候群の1例.第37回日本小児神経学会総会,1995,大津.

26) **佐田佳美,相原正男,畠山和男,日野原陽一,神谷裕子,下田智佳子,金村英秋,中澤眞平.正中線棘波(midline spike) の起源について−2姉妹例の発作時SPECT所見−.第37回日本小児神経学会総会,1995,大津.

27) **林辺英正.療育の概念について.山梨小児科地方会(ワークショップ:療育に関わる小児科医の役割) 1995,山梨.

28) **下田智佳子,田中正人.時間外救急における小児患者の臨床的検討.山梨小児科地方会,1995,山梨.

29) **神谷裕子,相原正男,畠山和男,日野原陽一,下田智佳子,金村英秋,佐田佳美,中澤眞平.発作時脳波で常に一定の焦点から棘徐波複合が先行する欠神発作.第29回日本てんかん学会,1995,大分.

30) **佐田佳美,相原正男,神谷裕子,畠山和男,日野原陽一,下田智佳子,金村英秋,中澤眞平.小児欠神てんかん児における注意障害の検討−治療前後の経時的事象関連電位−.第29回日本てんかん学会,1995,大分.

31) **金村英秋,相原正男,神谷裕子,畠山和男,日野原陽一,下田智佳子,佐田佳美,中澤眞平.良性乳児複雑部分てんかんの1例−発作時脳波とSPECT所見−.第29回日本てんかん学会,1995,大分.

32) **畠山和男,相原正男,日野原陽一,神谷裕子,下田智佳子,金村英秋,佐田佳美,中澤眞平.能動的注意発達の生理学的検討−体性感覚誘発電位のcross study−.第25回日本脳波,筋電図学会学術大会,1995,京都.

33) **長田美智子,奥山純子,小岩井孝夫,相原正男.異なる注意課題におけるSSRの検討.第25回日本脳波,筋電図学会学術大会,1995,京都.

34) **下田智佳子,相原正男,畠山和男,神谷裕子,日野原陽一,金村英秋,佐田佳美,中澤眞平.受動的注意発達の生理学的検討−体性感覚誘発電位のcross study−.第25回日本脳波,筋電図学会学術大会,1995,京都. 

35) **草鹿砥宗隆,小林浩司,相原正男,中澤眞平.カルバマゼピン(CBZ) 投与により欠神発作群発が誘発されたてんかん児例.第88回日本小児科学会甲信地方会,1995,甲府.

36) **相原正男.医学的に見た自閉症について.山梨県情緒障害研究会(シンポジウム:情緒障害教育における今日的課題と役割) 1995,富士吉田.

37) **相原正男,畠山和男,金村英秋,佐田佳美,中澤眞平,小泉 潔,荒木 力.随意的注意機構に関する研究−SPECT activation studyによる検討−.第23回山梨核医学研究会,1995,甲府.

38) 合井久美子,杉田完爾,斎藤みどり,中村誠,宮本直彦,柄木田直子,加賀美恵子,中澤眞平:TGF-βのリンパ性白血病細胞株に対する細胞周期,細胞死の検討.第59回日本血液学会総会,1997,京都.

39) 小鹿学,杉田完爾,大山建司,合井久美子,加賀美恵子,中澤眞平:ヒト白血病細胞株におけるangiotensin受容体サブタイプの発現とその機能,第59回日本血液学会総会,1997,京都.

40) 杉田完爾,森泰二郎,合井久美子,中村 誠,宮本直彦,柄木田直子,黒木政秀,中澤眞平:白血病細胞におけるNonspecific cross-reacting antigen(NCA)‐50/90の発現とその臨床的意義.第59回日本血液学会総会,1997,京都.

41) 宮本直彦,杉田完爾,合井久美子,中村誠,柄木田直子,加賀美恵子,中澤眞平:Tyrphostin AG490(Jak‐2inhibitor) のリンパ性白血病細胞株に対する増殖抑制効果の検討.第59回日本血液学会総会,1997,京都.

42) 白石恭子,杉田完爾,合井久美子,加賀美恵子,中澤眞平,小池 亨,久米章司:G-CSF投与中の血清LDH値の検討(第2報) .第59回日本血液学会総会,1997,京都.

43) 豊田泰徳,土田昌宏,生田孝一郎,石本浩市,磯山恵一,小原 明,沖本由理,大川洋二,金子 隆,小池健一,佐藤武幸,渋谷 温,杉田完爾,杉田憲一,高山 順,花田良二,藤沢康司,前田美穂,真鍋 淳,森泰二郎,矢部晋正,齋藤友博,中澤眞平:Tokyo Children's Cancer Study Group ALL L92‐13 protocolの成績.第39回日本小児血液学会,1997,東京.

44) 生田孝一郎,豊田泰徳,花田良二,矢部晋正,森本 克,小池健一,木下明俊,磯山恵一,土田昌宏,齋藤友博,中澤眞平:TCCSG L92‐13PH群における幹細胞移植と科学療法の治療成績の比較,第39回日本小児血液学会,1997,東京

45) 中村 誠,杉田完爾,柄木田直子,宮本直彦,合井久美子,森泰二郎,小山敏子,中澤眞平:リンパ性白血病細胞株におけるp16遺伝子とp16蛋白発現の検討,第39回日本小児血液学会,1997,東京

46) 小山敏子,森泰二郎,鈴木敏雄,花田良二,安倍隆,杉田完爾,中澤眞平:核型異常を示さない白血病細胞株KOPN‐41,第39回日本小児血液学会,1997,東京.

47) 杉田完爾,森泰二郎,小山敏子,横田貞記,合井久美子,中村 誠,宮本直彦,柄木田直子,黒木政秀,中澤眞平:血病細胞におけるSA3544抗原(Nonspecific cross-reacting antigen‐50/90) に関する検討,第39回日本小児血液学会,1997,東京.

48) 小鹿 学,杉田完爾,大山健司,合井久美子,中村 誠,宮本直彦,柄木田直子,加賀美恵子,森泰二郎,岡崎敏子,中澤眞平:ヒトリンパ性白血病細胞株における成長ホルモン受容体の発現,第39回日本小児血液学会,1997,東京.

49) 宮本直彦,杉田完爾,合井久美子,柄木田直子,中村 誠,小鹿 学,飯島 純,加賀美恵子,中澤眞平:サイトメガロウイルスの初感染直後に臍帯血幹細胞移植を施行した乳児急性リンパ性白血病の1例,第39回日本小児血液学会,1997,東京.

50) 木下明俊,黒澤祥浩,鈴木敏雄,森泰二郎,松尾宣武,真鍋 淳,前田美穂,石本浩市,福島啓太郎,小池健一,杉田完爾,中澤眞平:大量MTX療法時の高Na輸液の有用性の検討,第39回日本小児血液学会,1997,東京.

51) 前田美穂,土田昌宏,杉田憲一,細谷亮太,恒松由記子,山本正生,中澤眞平:急性白血病児における晩期障害の検討,第39回日本小児血液学会,1997,東京.

52) 柄木田直子,杉田完爾,合井久美子,中村 誠,宮本直彦,坂口 斌,鈴木典子,中澤眞平:MDSを合併したFanconi貧血に同種骨髄移植を施行した1例,第39回日本小児血液学会,1997,東京.

53) 柄木田直子,杉田完爾,合井久美子,中村 誠,宮本直彦,加賀美恵子,中澤眞平:リンパ性白血病細胞株におけるM-CSFレセプターの発現とその機能の解析,第39回日本臨床血液学会総会,1997,東京.

54) 飯島 純,杉田完爾,手塚 徹,合井久美子,宮本直彦,中村 誠,柄木田直子,加賀美恵子,中澤眞平:リンパ性白血病細胞株におけるthrombopoietin receptorの発現とその機能(第2報) ,第39回日本臨床血液学会総会,1997,東京.

55) 宮本直彦,杉田完爾,合井久美子,中村 誠,柄木田直子,加賀美恵子,中澤眞平:AG490(jak‐2 inhibitor) のリンパ性白血病細胞株に対する増殖抑制効果の検討(第2報) ,第39回日本臨床血液学会総会,1997,東京.

56) 手塚 徹,杉田完爾,合井久美子,宮本直彦,中村 誠,柄木田直子,加賀美恵子,中澤眞平:ヒトリンパ性白血病細胞株におけるfibronectin receptor 機能の解析,第39回日本臨床血液学会総会,1997,東京.

57) 気賀沢寿人,土田昌宏,生田孝一郎,別所文雄,古川利温,花田良二,加藤俊一,金子 隆,石本浩市,藤沢康司,山本正生,小池健一,沖本由理,中澤眞平:小児性骨髄性白血病に対するTCCSG13次案の成績,第39回臨床血液学会総会,1997,東京.

58) 雨宮憲彦,三添亜佐子,遠藤真澄,遠藤 武,柳光章,石原 司,田村康二,杉田完爾,中澤眞平,中澤正樹:Micromegakaryocytosisを認めたCML巨核芽球性急性転化の1例,第39回臨床血液学会総会,1997,東京.

59) 杉田完爾,合井久美子,犬飼武史,飯島 純,手塚 徹,宮本直彦,中村 誠,柄木田直子,太田茂,鈴木淳史,中澤眞平:腎横紋筋肉腫からの細胞株(YAM-RTK1) の樹立とその性状,第13回日本小児がん学会,1997,熊本.

60) 手塚 徹,杉田完爾,溝部直樹,合井久美子,宮本直彦,中村 誠,柄木田直子,横山哲夫,中澤眞平:胎児仮死児のTリンパ球細胞膜抗原の検討−呼吸障害のCD45RA発現に及ぼす影響−,第42回日本未熟児新生児学会,1997,沖縄.

61) 溝部直樹,杉田完爾,手塚 徹,斉藤みどり,合井久美子,宮本直彦,中村 誠,横山哲夫,中澤眞平:新生児Tリンパ球のCD45Rアイソフォームの検討−ラットの低酸素負荷によるCD45R発現の低下−,第100回日本小児科学会,1997,東京.

62) 三添亜佐子,遠藤 武,雨宮憲彦,遠藤真澄,杉田完爾,中澤眞平,神崎陸郎,八幡義人,矢富 裕,尾崎由基男,久米章司:第46回日本臨床衛生検査学会,1997,名古屋.

63) 小原 明,月本一郎,矢部晋正,小坂嘉之,杉田完爾,堀部敬三,小池健一,小島勢二:最重症小児再生不良性貧血31例に対する抗リンパ球グロブリンシクロポリタン・ダナゾール・G=CSF併用療法の治療成績,第59回日本血液学会総会,1997.

64) 溝部直樹,杉田完爾,手塚 徹,柄木田直子,宮本直彦,中村 誠,合井久美子,飯島 純,横山哲夫,中澤眞平:新生児Tリンパ球のCD45アイソフォームの検討−仮死によるCD45RA発現の低下−,第7回日本産婦人科・新生児血液学会,1997.

65) 飯島 純,杉田完爾,相原正男,柄木田直子,中村 誠,宮本直彦,合井久美子,田上尚道,鈴木敏男,佐藤吉壮,中澤眞平:同種骨髄移植後にCNS再発した急性巨核芽球白血病の1例−白質脳症とその経過−,第39回小児血液学会,1997.

66) 沖本由理,生田孝一郎,石本浩市,磯山恵一,小原 明,大川洋二,金子 隆,小池健一,佐藤武幸,渋谷 温,杉田完爾,杉田憲一,豊田恭徳,花田良二,藤沢康司,前田美穂,森泰二郎,土田昌宏,斎藤友博,中澤眞平:TCCSG L89‐12によるスタンダードリスクALLの治療成績(特に頭蓋照射と大量MTXによるCNS再発予防の比較) ,第39回小児血液学会,1997,東京.

67) 小林浩司,雨宮 伸,東田耕輔,小林基章,望月美恵,沢登恵美,石原俊秀,中澤眞平:肥満増悪に伴い発症したtype‐1糖尿病の1症例.第34回日本糖尿病学会関東甲信越地方会,1997,東京.

68) 小林浩司,雨宮 伸,東田耕輔,石原俊秀,沢登恵美,小林基章,望月美恵,中澤眞平:地方における尿糖陽性者事後処置の問題点.第3回小児・思春期糖尿病研究会,1997,東京.

69) 沢登恵美,神谷裕子,畠山和男,雨宮 伸,中澤眞平:重症心身障害児の骨粗鬆症の検討.山梨地方会,1997,山梨.

70) 望月美恵,大山建司,中込美子,中澤眞平,千須和美太郎:新生児マススクリーニングで看過ごされた単純型先天性副腎過形成症の男児例.第91回小児科甲信地方会,1997,長野.

71) 望月美恵,小林基章,小林浩司,石原俊秀,東田耕輔,雨宮 伸,中澤眞平:甲状腺腫大10年後にGraves病が発症したインスリン依存型糖尿病の一例.第92回小児科甲信地方会,1997,山梨.

72) 小林浩司,雨宮 伸,東田耕輔,石原俊秀,沢登恵美,小林基章,望月美恵,中澤眞平,加藤精彦,菊池信行:日本人思春期肥満NIDDM発症・進展における初期インスリン反応性の関与.第31回日本小児内分泌学会,1997,神奈川.

73) 望月美恵,雨宮 伸,石原俊秀,小林基章,小林浩司,沢登恵美,東田耕輔,中澤眞平,春日 明:小児期発症type1糖尿病におけるGAD抗体・IA‐2抗体測定の診断的・臨床的意義.第31回日本小児内分泌学会,1997,神奈川.

74) 春日 明,小澤ゆか子,丸山太郎,雨宮 伸,石原俊秀,猿田亨男:日本人Slowly progressive IDDM患者でのGAD65抗体およびIA‐2抗体測定の意義.第40回日本糖尿病学会総会,1997,東京.

75) 小林浩司,雨宮 伸,望月美恵,松下香子,小林基章,沢登恵美,石原俊秀,東田耕輔,中澤眞平,加藤精彦:小児期IDDM患者における血糖予測の問題点.第40回日本糖尿病学会総会,1997,東京.

76) 大山建司,中込美子,志村由江,間部裕代,岩谷典学,渡邊明子,伊東八重,石川弘倫:下垂体摘出幼若ラットの精子形成に対する成長ホルモンの作用.第70回日本内分泌学会学術総会,1997,東京.

77) 岩谷典学,間部裕代,中込美子,志村由江,大山建司,渡邊明子,伊東八重,石川弘倫:成長ホルモンの性腺に及ぼす影響について(第4報) ムLH投与のHxラットにおける精子形成への作用ム.第70回日本内分泌学会学術総会,1997,東京.

78) 中込美子,佐藤和正,佐野友昭,志村由江,矢守利次,大山建司:性腺抑制療法およびestrogen補充が思春期前後の骨密度に及ぼす影響.第70回日本内分泌学会学術総会,1997,東京.

79) 中込美子,大野理香,草鹿砥宗隆,佐藤和正,佐野友昭,志村由江,大山建司:GnRH analog治療を行った女児の最終身長.第31回日本小児内分泌学会,1997,相模原.

80) 岩谷典学,間部裕代,大山建司,中込美子,石川弘倫,渡邊明子:下垂体摘出ラットにおける成長ホルモンの性腺への作用.第31回日本小児内分泌学会,1997,相模原.

81) 佐野友昭,大山建司,中込美子,太田正法,志村由江,佐藤和正,岩谷典学,間部裕代,伊東八重,石川弘倫,中澤眞平:下垂体摘出ラットの精子形成に関する成長ホルモンの作用.第31回日本小児内分泌学会,1997,相模原.

82) 太田正法,大山建司,中込美子,志村由江,佐野友昭,佐藤和正,中澤眞平,岩谷典学,間部裕代,石川弘倫:下垂体摘出ラットの精子形成に及ぼすゴナドトロピンの影響.第31回日本小児内分泌学会,1997,相模原.

83) 駒井孝行,大山建司,中込美子,志村由江,佐野友昭,佐藤和正,矢内淳,中澤眞平:成長ホルモン投与の心筋壁厚,左室内径に及ぼす影響.第31回日本小児内分泌学会,1997,相模原.

84) 朝山光太郎:肥満児の身体評価法と生活自己管理チェックリストを用いた治療法.山梨県養護教諭実技講習会,1997,山梨市.

85) 朝山光太郎:小児肥満について.日下部保育園研修会,1997,山梨市.

86) 朝山光太郎:「子供たちと社会」:小児成人病を考える.横浜YMCA公開シンポジウム,1997,横浜市.

87) 小寺浩司:子どもの肥満について.山梨親子健康教室,1997,山梨市.

88) 林辺英正,朝山光太郎,内田則彦,中根貴弥,小寺浩司,小林基章,雨宮 伸,中澤眞平:インスリン治療中のIDDM患児と肥満児におけるコレステリルエステル転送蛋白活性の比較検討.第100回日本小児科学会総会,1997,東京.

89) 加藤信介,林裕子,中島健二,加藤雅子,難波栄二,平野朝雄,中野今治,朝山光太郎,大浜栄作:家族性筋委縮性側索硬化症におけるAstrocytic Hyaline Inclusions(Ast-HIs):免疫組織化学的,電顕的,免疫電顕的検討.第38回日本神経病理学会総会,1997,東京.

90) 小寺浩司,林辺英正,中根貴弥,朝山光太郎,中澤眞平,三輪隆,能登谷洋子:リポ蛋白リパーゼの遺伝子解析:2症例の検討.第5回甲信内分泌代謝カンファランス,1997,松本.

91) 朝山光太郎,林辺英正,小寺浩司,中根貴弥,内田則彦,中澤眞平:非肥満児と肥満児における血清レプチンレベルの検討.第15回肥満・栄養障害研究会,1997,東京.

92) 小寺浩司,朝山光太郎,林 邦彦,中根貴弥,内田則彦,林辺英正,中澤眞平:肥満児における標準化された肥満体型指標の血液生化学値との関連性でみた臨床的有用性の検討.第24回小児栄養消化器病学会,1997,横浜.

93) 中根貴弥,林辺英正,小寺浩司,朝山光太郎,中澤眞平:セレンによる血漿グルタチオンペルオキシダーゼ(GPX2) 発現調節.第24回小児栄養消化器病学会,1997,横浜.

94) 朝山光太郎,Rajat Sandhir,Faruk G. Sheikh,林辺英正,中根貴弥,小寺浩司,中澤眞平,Inderjit Singh:糖尿病ラットのperoxisome proliferator-activated receptorと肝β酸化の活性化.第24回小児栄養消化器病学会,1997,横浜.

95) 小寺浩司,朝山光太郎,林辺英正,土橋一重,内田則彦,中根貴弥,中澤眞平:肥満児における血中レプチン値の治療経過による変動.第31回小児内分泌学会,1997,相模原.

96) 朝山光太郎,小寺浩司,中根貴弥,内田則彦,土橋一重,林辺英正,中澤眞平,加藤精彦:6‐15歳の男女児における肥満指標としての体重/(身長) P:種々の算出法の検討.第31回小児内分泌学会,1997,相模原.

97) 林辺英正,朝山光太郎,内田則彦,土橋一重,中根貴弥,小寺浩司,中澤眞平:肥満児における血中レプチン値の検討―チェックリスト法による治療経過における変動.第18回日本肥満学会,1997,東京.

98) 内田則彦,朝山光太郎,林辺英正,土橋一重,中根貴弥,小寺浩司,中澤眞平:生活自己管理チェックリストによる小児肥満治療:経過良好例についての検討.第18回日本肥満学会,1997,東京.

99) 中根貴弥,小寺浩司,内田則彦,土橋一重,林辺英正,朝山光太郎,中澤眞平:家族性複合型高脂血症(FCHL) の1男児例.第92回日本小児科学会甲信地方会,1997,富士吉田市.

100) 朝山光太郎,小寺浩司,中根貴弥,内田則彦,土橋一重,林辺英正,中澤眞平:小児の肥満指標としての体重/(身長) P:6‐15歳の男女児における種々の算出法.第11回小児脂質研究会,1997,東京.

101) 朝山光太郎,小寺浩司,中根貴弥,内田則彦,土橋一重,林辺英正,中澤眞平:小児期に診断が確定した家族性複合型高脂血症(FCHL) の1男児例.第11回小児脂質研究会,1997,東京.

102) 内田則彦,朝山光太郎,林辺英正,土橋一重,中根貴弥,小寺浩司,中澤眞平:肥満児チェックリストによる肥満の解消経過についての検討.第11回小児脂質研究会,1997,東京.

103) 朝山光太郎,林辺英正,内田則彦,土橋一重,中根貴弥,小寺浩司,中澤眞平:肥満の病因と治療:大学の肥満外来における対応:成長,体型の評価と新しい治療法について.第11回小児脂質研究会(ワークショップ) ,1997,東京.

104) 中根貴弥,林辺英正,内田則彦,小寺浩司,朝山光太郎,中澤眞平:セレンによる血漿グルタチオン・ペルオキシダーゼ(GPX2) 発現調節.日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第21回大会,1997,東京.

105) 林辺英正,朝山光太郎,土橋一重,中根貴弥,小寺浩司,内田則彦,中澤眞平:恒常的過剰発現細胞を用いたグルタチオン・ペルオキシダーゼ(GPX) の細胞内局在性の検討.日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第21回大会,1997,東京.

106) 土橋一重,朝山光太郎,中澤眞平,Inderjit Singh:ラット腎虚血再灌流による腎内抗酸化酵素の変動.日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第21回大会,1997,東京.

107) 土橋一重,朝山光太郎,中澤眞平,Kalipada Pahan, Inderjit Singh:ラットC6グリア細胞における一酸化窒素による抗酸化酵素の変動.日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第21回大会,1997,東京.

108) 駒井孝行,矢内 淳,杉山 央,丹 哲士,内藤 敦,大山建司,中澤眞平.低身長児に対する成長ホルモン投与の心筋壁厚,左室内径に及ぼす影響.第33回日本小児循環器学会,1997,京都.

109) 杉山 央,矢内 淳,駒井孝行,丹 哲士,内藤 敦,中澤眞平,吉井新平,保坂茂,鈴木章司:完全大血管転位のJatene手術後冠動脈障害におけるジピリダモール負荷Tc99m-Tetrofosmin心筋SPECT所見.第33回日本小児循環器学会,1997,京都.

110) 杉山 央,矢内 淳,駒井孝行,丹 哲士,内藤 敦,中澤眞平:心室中隔瘤の臨床的検討,第100回日本小児科学会,1997,東京.

111) 杉山 央,矢内 淳,駒井孝行,丹 哲士,内藤 敦,中澤眞平:膜様部中隔瘤の臨床的検討−血行動態への影響−.第45回日本心臓病学会,1997,札幌.

112) 丹 哲士,矢内 淳,駒井孝行,杉山 央,内藤敦,溝部直樹,中澤眞平.双胎間輸血症候群における受血児の心筋変化,第45回日本心臓病学会,1997,札幌.

113) 杉山 央,塚野真也,神谷哲郎,吉林宗夫,内藤博昭,高宮 誠.小児期大動脈弁狭窄における細胞外成分の定量的評価の試み−電子ビームCTを用いた検討.第61回日本循環器学会,1997,東京.

114) 内藤 敦,駒井孝行,矢内 淳,杉山 央,丹哲士,中澤眞平,小森貞嘉.カテーテルアブレーションが奏効したPsuodo VTを呈したWPW症候群の1例.第33回日本小児循環器学会,1997,京都.

115) 矢内 淳,駒井孝行,杉山 央,丹 哲士,内藤敦,角野敏恵,中澤眞平,吉井新平,保坂 茂,鈴木章司.経皮的心肺補助装置(PCPS) により救命しえた激症型心筋炎の1例,第33回日本小児循環器学会,1997,京都.

116) 丹 哲士,矢内 淳,駒井孝行,杉山 央,内藤敦,中澤眞平.AQ法areaモードを用いた左室拡張末期容量,左室駆出率の検討 第33回日本小児循環器学会,1997,京都.

117) 丹 哲士,矢内 淳,駒井孝行,杉山 央,内藤敦,中澤眞平.Becker型筋ジストロフィーに伴う心筋症へのβブロッカー及びACE阻害剤の使用経験.第6回関東小児心筋疾患研究会,1997,東京.

118) 角野敏恵,矢内 淳,駒井孝行,杉山 央,丹哲士,中澤眞平.低換気による高度肺高血圧が扁桃摘出で軽快したDown症候群男児の1例.第91回日本小児科学会甲信地方会,1997,長野.

119) 佐田佳美,相原正男,中村 誠,東田耕輔,中澤眞平:出血性壊死病変の経時的MRI変化を観察し得た単純ヘルペス脳炎の一例.第2回日本神経感染症研究会(シンポジウム) ,1997,東京.

120) 下田智佳子,相原正男,丹 哲士,駒井孝行,田中正人,中澤眞平:化膿性髄膜炎の頭部MRI所見−硬膜下膿瘍と硬膜下滲出液−.第2回日本神経感染症研究会,1997,東京.

121) 草鹿砥宗隆,白石恭子,相原正男,中澤眞平:Fisher症候群の一例.第23回山梨総合医学会,1997,甲府.

122) 小寺浩司,相原正男,杉山 央,中澤眞平,小林浩司,駒井孝行,田中行夫,三塚繁:免疫吸着療法が著効した重症ギランバレー症候群の一例.日本小児科学会山梨地方会,1997,甲府.

123) 長田美智子,小岩井孝夫,奥山純子,細萱茂実,久米章司,相原正男:異なる注意課題におけるSSRの検討−高次脳機能における賦活化−.日本臨床衛生検査学会,1997,名古屋.

124) 畠山和男,相原正男,金村英秋,日野原陽一,神谷裕子,下田智佳子,佐田佳美,青柳閣郎,小林みゆき,中澤眞平:受動的および能動的注意課題で得られるP3a'と後期陽性複合体との関連性.第39回日本小児神経学会総会,1997,名古屋.

125) 神谷裕子,相原正男,下田智佳子,畠山和男,日野原陽一,金村英秋,佐田佳美,青柳閣郎,中澤眞平:能動的注意課題遂行中の脳波パワースペクトルの発達的変化.第39回日本小児神経学会総会,1997,名古屋.

126) 下田智佳子,相原正男,畠山和男,神谷裕子,日野原陽一,金村英秋,佐田佳美,中澤眞平:異なる注意課題における陰性電位の発達的変化.第39回日本小児神経学会総会,1997,名古屋.

127) 金村英秋,相原正男,畠山和男,日野原陽一,神谷裕子,下田智佳子,佐田佳美,青柳閣郎,小林みゆき,中澤眞平:異なる注意課題におけるN1およびN2成分に関する検討.第39回日本小児神経学会総会,1997,名古屋.

128) 佐田佳美,久保田裕子,藤原建樹,八木和一:皮質形成異常における中枢性ベンゾジアゼピン受容体の定量的検討−手術摘出標本の125 I-iomazenil autoradiogram所見から−.第39回日本小児神経学会総会,1997,名古屋.

129) 青柳閣郎,相原正男,下田智佳子,田中正人,中澤眞平:カルバマゼピンにより発作の増悪を呈した3例.第39回日本小児神経学会総会,1997,名古屋.

130) 林辺英正,中島育昌,相原正男,中澤眞平:物理的圧迫とは異なる機序により頚髄の萎縮をきたしたアテトーゼ型脳性麻痺女児例.第39回日本小児神経学会総会,1997,名古屋.

131) 相原正男,畠山和男,神谷裕子,日野原陽一,下田智佳子,金村英秋,佐田佳美,青柳閣郎,小林みゆき,中澤眞平:焦点性発作波が注意機能におよぼす影響−発作波をトリガーとした事象関連電位−.第31回日本てんかん学会,1997,京都.

132) 佐田佳美,松田一己,西村成子,久保田裕子,大坪俊昭,鳥取孝安,三原忠紘,八木和一:側頭葉てんかんにおける中枢性ベンゾジアゼピン受容体の定量的検討−手術摘出標本の125 I-iomazenil autoradiography−.第31回日本てんかん学会,1997,京都.

133) 田中智子,小寺浩司,相原正男,杉山央,東田耕輔,中澤眞平:発作時SPECTにより診断した左眼窩前頭葉てんかんの1例.日本小児科学会山梨地方会,1997,甲府.

134) 青柳閣郎,林辺英正,相原正男,中澤眞平:家族歴より早期に診断し得た歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症(DRPLA) の1女児例.日本小児科学会山梨地方会,1997,甲府.

135) 畠山和男,神谷裕子,相原正男,中澤眞平:右半身けいれん重積後の経時的MRIおよびSPECT所見.第1回日本小児神経学会甲信越地方会,1997,妙高.

136) 金村英秋,相原正男,小寺浩司,田中智子,中澤眞平:Orbito-frontal epilepsyの一例.第1回日本小児神経学会甲信越地方会,1997,妙高.

137) 佐田佳美,相原正男,宇野佳奈子,小寺浩司,中澤眞平:リポステロイド療法が有効であった症候性West症候群の1例−今後のプロトコールに対する一試案−.第1回日本小児神経学会甲信越地方会,1997,妙高.

138) 小林みゆき,下田智佳子,相原正男,畠山和男,神谷裕子,佐田佳美,中澤眞平.緩徐な経過を呈したspinal muscular atrophy(SMA) の一例.第92回日本小児科学会甲信地方会,1997,富士吉田.

139) 相原正男,佐藤悠,畠山和男,神谷裕子,下田智佳子,中澤眞平:左前頭前野脳梗塞患者における注意障害−サッケード課題による検討−.第27回日本脳波・筋電図学会学術大会,1997,福岡.

140) 神谷裕子,相原正男,下田智佳子,畠山和男,金村英秋,佐田佳美,中澤眞平:能動的注意課題遂行中の脳波パワースペクトルの時間的変化.第27回日本脳波・筋電図学会学術大会,1997,福岡.

141) 下田智佳子,相原正男,畠山和男,神谷裕子,日野原陽一,金村英秋,佐田佳美,中澤眞平:能動的注意課題に出現する2つの陰性成分の発達的変化−適応型相関フィルターを応用して−.第27回日本脳波・筋電図学会学術大会,1997,福岡.

142) 金村英秋,相原正男,小寺浩司,杉山 央,畠山和男,中澤眞平:ギランバレー症候群における免疫吸着療法前後のM-Amplitudeの推移.第27回日本脳波・筋電図学会学術大会,1997,福岡.

143) 長田美智子,小岩井孝夫,奥山純子,尾崎由基男,佐田佳美,相原正男:高次脳機能由来のsympathetic skin response(SSR) について.第27回日本脳波・筋電図学会学術大会,1997,福岡.

144) 相原正男:小児期における注意発達と適応過程との関連について.第27回日本脳波・筋電図学会学術大会(サテライトシンポジウム) ,1997,福岡.