「いのち」を読む 朗読と音楽の夕べ

平成15年10月30日(木)山梨大学玉穂キャンパス図書館2階第三閲覧室にて、 ”「いのち」を読む 朗読と音楽の夕べ”と題し、朗読会を開催しました。

読み手に玉穂町朗読サークル「ごくらくとんぼ」のみなさん、フルート演奏に玉穂町在住の山縣仁美さんにご協力いただきました。

今回は文学を通して「いのち」の喜び・尊さ・切なさを考える機会として開催し、 「葉っぱのフレディ」「ラストダンス」「きけわだつみの声」「青い月のバラード」の4作品を朗読して頂きました。

耳を通して作品を感じることは、読むことで得る作品の印象や理解とはまた異なり、 「いのち」について五感を通して考え触れることができたと思います。

今回も学生・大学関係者・地域住民の方々に多くご来場頂きました。今後も 図書などを通して生と死について考える・触れる機会を地域の方々とともに 設けていきたいと思います。

『朗読会の様子』
ポスター

今回朗読した作品紹介
*生と死のコーナーにあります.
「葉っぱのフレディ」
「ラストダンス」
「きけわだつみの声」
「青い月のバラード」

閉じる