講演会「日本社会といのち」

 山梨大学附属図書館医学分館では、平成22年10月21日(木)、「いのちの電話」創立からメンバーとして日本での活動を20年間、その後カトリック援助修道会会員として、本部に勤務しパリを中心に諸外国を12年間視察された経験をお持ちの林義子氏を講師にお招きし、「日本社会といのち」と題して講演を行っていただきました。
 長い海外経験や「いのちの電話」での体験から、 、日本の社会は非常に恵まれており、綺麗で過ごしやすいという見方もある反面、「人と関わる」ということが減ってきており、それがさまざまな社会問題につながっているとお話をされました。


 

『講演会の様子』 ポスター ・ 当日要旨


【講師より】
多少わたくしが体験している外国生活と比較すると、日本の一般の人々の生活は「世界の中でもっとも恵まれた環境」の中で行われていると言えるでしょう。しかし、最近の報道は、この日本で自殺者が毎年3万人を超しているといわれています。 恵まれているこの日本社会で、「いのち」をどのように考えているのでしょう?
「いのち」がどのように扱われているのでしょう?

これらのことをみんなで考えることが大切だと思います。





講師紹介 林 義子 (はやし よしこ) 氏

甲府市出身。カトリック援助修道会会員。
山梨県立第一高等学校卒業。中央大学法学部法律学科卒業。上智大学文学部哲学科大学院修士課程終了。
1970年 「いのちの電話」創立とともに事務局員として勤務。主にボランティアの養成にかかわる。
1991〜2002年 所属する修道会の本部に勤務するためパリを中心に諸外国を視察。
2003〜2010年1月 援助修道会日本管区責任者。
現在 聖書研究グループ担当、ボランティア活動の人々のための人間理解の研修グループを担当。




著作紹介

訳 書
書  名 著者名 出版社 出版年 山梨大学
所蔵状況

援助する面接:カウンセリング入門 アルフレッド・ベンジャミン [著] ; 林義子, 上杉明訳 春秋社 1990 所蔵あり

共 著

書  名 著者名 出版社 出版年 山梨大学
所蔵状況

電話相談と危機介入 斎藤友紀雄,林義子著 聖文舎 1981 所蔵なし
眠らぬダイヤル-いのちの電話 稲村博[ほか]編著 新曜社 1981 所蔵なし
いのちの共振れ : いのちの電話二十年史 社会福祉法人いのちの電話二十年史編集委員会 いのちの電話 1991 所蔵なし




生と死のコーナーTOPへ山梨大学附属図書館医学分館へ 閉じる