講演会「生物学的生命と物語られるいのち―医療現場の意思決定プロセスをめぐって」

 山梨大学附属図書館医学分館では、平成24年11月15日(木)、東京大学大学院人文社会系研究科死生学・応用倫理センター特任教授の清水哲郎氏を講師にお迎えし、「生物学的生命と物語られるいのち―医療現場の意思決定プロセスをめぐって」と題した講演会を行いました。いのちには「生物学的生命」と「物語られるいのち」の二つがあり、医療現場での意思決定の際にはその「物語られるいのち」をどの程度満足させることができるかを考慮に入れ、患者だけでなく家族、医療者みんなで決めていく必要があることや、意思決定の際にどのようなプロセスを経て決定していくかなどといったお話をしていただきました。約170名の方にご参加いただき、講演後には多くの質問も寄せられました。





 
 『講演会の様子』 ポスター ・ 当日要旨 ・ 配布資料



講師紹介 清水 哲郎 (しみず てつろう) 氏

1947年生まれ。1969年東京大学理学部天文学科卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程修了後、北海道大学助教授、東北大学教授等を経て、2007年より東京大学大学院人文社会系研究科死生学・応用倫理センター特任教授(現職)。文学博士。専門領域:哲学、臨床倫理学・臨床死生学。

平成24年7月〜9月、NHKラジオ第2放送において「こころをよむ『最期まで自分らしく生きるために』」を放送。



著作紹介

図書
書  名 著者名 出版社 出版年 山梨大学
所蔵状況

医療現場に臨む哲学 清水哲郎著 勁草書房 1997 所蔵あり
医療現場に臨む哲学 2 ことばに与る私たち 清水哲郎著 勁草書房 2000 所蔵あり
高齢社会を生きる : 老いる人/看取るシステム 清水哲郎編 東信堂 2007 所蔵あり
ケア従事者のための死生学 清水哲郎, 島薗進編集 ヌーヴェルヒロカワ 2010 所蔵あり
人生の終わりをしなやかに : 連続授業 清水哲郎, 浅見昇吾, アルフォンス・デーケン編 三省堂 2012 所蔵あり
最期まで自分らしく生きるために  (NHKシリーズ ; NHKこころをよむ) 清水哲郎著 NHK出版  2012  所蔵あり
臨床倫理ベーシックレッスン : 身近な事例から倫理的問題を学ぶ  石垣靖子, 清水哲郎編著  日本看護協会出版会  2012 所蔵あり 

ほか多数  



生と死のコーナーTOPへ山梨大学附属図書館医学分館へ 閉じる