講演会 「Whole Person Care 〜心を調え、心を開き、心を込める〜
 

 附属図書館医学分館では、平成29年度山梨大学附属図書館医学分館地域貢献事業「生と死のコーナー」関連行事として、京都大学大学院医学研究科教授の恒藤暁氏を講師にお迎えして、講演会「Whole Person Care 〜心を調え、心を開き、心を込める〜」を開催いたしました。
 この講演会は,附属図書館医学分館内に常設されている「生と死のコーナー」の関連行事(平成29年度附属図書館医学分館地域貢献事業)として実施されたもので,当日は医学生,教職員,地域の医療関係者,一般の方など約160名が聴講しました。講師の恒藤教授は,日本緩和医療学会,日本ホスピス緩和ケア協会,および日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団の理事を務めており,我が国の緩和医療分野における第一人者の医師です。本講演では,まず「Whole Person careとは何か」「緩和ケアの定義」について説明し,苦痛と苦悩へのアプローチの違い,「治療」が医療従事者に頼るもので,問題へ対処するものに対し,「癒し」は患者自身が源で,病気と対峙し,変化を受け容れていくものと話されました。また,自己ケアの実践について,「自分を知ることが,自分を大切にする」「自分を大切にすることが,人を大切にすることにつながる」とし,自己への慈しみが他者への慈しみにつながると話されました。
 参加者からは,多くのメッセージが寄せられ,「病棟では治療することに意識が強く向きがちだが,苦悩に対するケアも深めていきたいと思いました。」「講義を受講し非常にすがすがしい気持ちになりました。」などの感想がありました。  
 
 講師 恒藤暁氏(京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻教授)
 日時 平成29年11月17日(金) 18:00〜19:30 (開場17:30)
 会場 山梨大学医学部キャンパス臨床講義棟大講義室 

 ● 医学部キャンパスへのアクセス  ● 構内案内図(キャンパスマップ)[PDF]


 ■昨年度(H28)講演会 「平穏死」 の様子

 主催・お問い合わせ:山梨大学附属図書館医学分館 TEL:055-273-9357 servmed@yamanashi.ac.jp
 
ポスター    /    当日要旨
     (館内にて冊子のみ公開)

   



講師紹介 恒藤 暁 (つねとう さとる) 氏

1985年筑波大学医学専門学群卒業、1993年英国St Christopher's Hospice研修、1995年淀川キリスト教病院ホスピス長(部長)、2001年大阪大学大学院人間科学研究科臨床死生学助教授、2006年大阪大学大学院医学系研究科緩和医療学寄附講座教授、2014年京都大学大学院医学研究科集学的がん診療学講座教授、2016年京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻教授(現在に至る)

[学会活動]
日本緩和医療学会 理事、日本ホスピス緩和ケア協会 理事、 日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団 理事



著作紹介

図書

書  名 著者名 出版社 出版年 山梨大学
所蔵状況

緩和ケアエッセンシャルドラッグ (第3版) 恒藤暁, 岡本禎晃著 医学書院 2014 所蔵あり
系統緩和医療学講座 - 身体症状のマネジメント 恒藤暁著 最新医学社 2013 所蔵あり
系統看護学講座 〈別巻 〔7〕〉 緩和ケア (第2版) 恒藤暁, 内布敦子編 医学書院 2014 所蔵あり
緩和ケアマニュアル 改訂第5版 淀川キリスト教病院ホスピス編 ; 柏木哲夫, 恒藤暁監修 最新医学社 2007 所蔵あり
新たな全人的ケア - 医療と教育のパラダイムシフト トム・A・ハッチンソン編 ; 恒藤暁訳 日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団 2016 所蔵あり

ほか多数





生と死のコーナーTOPへ山梨大学附属図書館医学分館へ 閉じる