山梨大学附属図書館子ども図書室講習会

つくって うたって あそべる
パネルシアター

日時 平成21年2月15日(日)
午後2時〜4時

 パネルシアターを演じる際、子どもたちとやり取りしながら、 楽しく演じるための技術を実演・講習していただきました。
 また、作り方のポイントや言葉かけのタイミングなどを参加者とともに考えました。
 そのときの様子をご紹介します。
会場山梨大学教育実践総合センター
5階 多目的室
講師後藤 紀子氏
(聖心女子専門学校非常勤講師)
講師
紹介
1981年国立音楽大学教育音楽学科幼児教育専攻卒業 カワイ音楽教室に11年勤め退職後フリーで音楽活動する。 大学、短大・幼稚園・保育園・子育て支援・保育者研修会などで、 音楽遊びやパネルシアターなどの講演を定期的に行っている。

 今回講師をしていただきました 後藤紀子先生です。
 多くの幼稚園などでパネルシアターを 演じたり、講習会を実施していらっしゃいます。
 はじめの演目は、「飛んでったバナナ」です。
うたと音楽にあわせて、バナナが縦横無尽に
飛び回ります。
その動きに、参加者からは「すごーい」
「なるほどー」との驚きの声が上がりました。
 つぎは、カレーをつくります。
みんなで声をかけると、たまねぎの皮が
むけたり、 豚さんが豚肉に変身します。
おなべで煮込むと、あら不思議!
カレーがあらわれました。
まるで手品のようなパフォーマンスに、
またまた驚きの声があがります。
 今度はブラックライトシアター。
参加者にも手伝ってもらいました。
 一味ちがったパネルシアターは、
「クリスマス会」などでも
子どもたちに大人気だそうです。
 参加した学生さんたちも、パネルシアターに
興味津々です。
 2時間という時間があっという間で、
大人でも楽しい講習会でした。
 今回学んだことで、次は学生さんたちが
子どもたちを、いっぱい楽しませてくださいね。