山梨大学附属図書館子ども図書室


ホィットマン・テラーズの
「げんきがでる!みんなのうたとおはなし」
だい1わ おそらをもちあげるはちどりのおはなし

(中国のふるい民話:マーガレット・M・マクドナルド『平和の物語ー世界の民話』より
おそらをもちあげるはちどりのおはなし
これをみているおともだち、こんにちは!

わたしはジェン、ぼくはナット、わたしたちはホィットマン・テラーズといいます。

わたしたちは、おはなしをします。
おやでもあります。
それに、がっこうのせんせいです。
それになにより、にんげんです。

みんなとおなじように、さいきん、おうちにいます。

それでかんがえたんです。
いえで、なにができるだろうって。

わたしたちは、いつもはそとにでかけて、きいてくれるかぞくづれのみんなと、うたやおはなしをたのしんでいます。

そこで、きょうは、あたらしいシリーズをはじめたいとおもいます。

だいして、「げんきがでる!みんなのうたとおはなし」です。
みんな、いっしょにたのしんでくださいね。

きょうは、この『ピース・テイルズ(へいわのものがたり)』というほんのなかにあるちゅうごくのみんわをきいてもらいたいとおもいます。

みんわっていうのは、だれかがおともだちにおはなしして、そうしたらそのひとがまたべつのおともだちにおはなしして、またそのひとがおともだちにおはなしして・・・そしていまでもおはなしされつづけているものです。

だから、このおはなしをきいたら、だれかにおしえてあげてくださいね。

きょうのおはなしは、『おそらをもちあげるはちどりのおはなし』です。


むかしむかし、あるみちを、ぞうがあるいていました。
ぞうはおおきなあしで、つちぼこりをたてて、ずしんずしんとあるいていました。
するとぞうは、みちのそばになにかをみつけました。

それはちいさなちいさなはちどりでした。
はちどりは、あしをおそらにむけて、せなかをじめんにむけて、くうちゅうにうかぶようにとんでいました。

「はちどりくん、どうしてあしをうえにむけているんだい?」

「ああ、ぞうくん。あのね、きょう、おそらがおちてくるっていううわさをきいたんだよ。それでね、もしおそらがおちてきたら、ぼくはじぶんのやくわりをちゃんとはたしたいっておもっているのさ」

「あーっはっはっは!そらがおちてくるときに、きみなんかになにができるんだよ。きみは、ただのはちどりなんだよ」

「ぞうくん。ぼくは、ひとりでそらをささえようなんて、おもってないよ。 でもみんなが、じぶんができることをしなきゃいけないでしょ? これは、ぼくができることなのさ。だから、ぼくはこうしているんだ。 おそらをささえるためにね」

これできょうのおはなしはおしまい。

でも、ここでもんだいです。
ぼくは、なにができるんだろう?
みんなは、なにができるかな?
わたしたちみんな、いったいなにができるんでしょう?

いまみたいに、ながいじかん、かぞくでいっしょにいるあいだ、だいすきなかぞくに、がまんしたり、しんせつにしたりできますよね。
そとにでて、おともだちにあったら、とおくから、えがおで、てをふることもできる。
おうちにいるときには、なにかつくることもできます。たとえばくっしょんでひみつきちをつくったり、ぱずるをつくることもできます。
うたもつくれちゃいます。

でもいちばんたいせつなことは、おたがいにたいせつにおもうこと。
はちどりみたいに、じぶんのやくわりをしていけば、みんなでおそらをささえることだってできます。
だからおたがいにぎゅっとして、たいせつだよってつたえましょう。

じかいを、おたのしみに!

〈えいごでききたいひとへ。これがきこえるとだいたいわかる!ヒントしゅう〉
folktales(ふぉーくているず)・・・みんわ むかしばなし
friends(ふれんず)・・・おともだち
elefant(えれふぁんと)・・・ぞう
walk down the street(うぉーく だうん ざ すとりーと)・・・みちをあるく
humming bird(はみんぐばーど)・・・はちどり
little tiny(りとる たいにー)・・・ちいさなちいさな
feet(フィート)・・・あし
towards the sky(とぅわーざ すかい)・・・そらにむけて
the sky is going to fall(ざ すかい いず ごいんぐ とぅ ふぉーる)・・・そらがおちてくる
hold up the sky(ほーうど あっぷ ざ すかい)・・・そらをささえる
do my parts(どぅ まい ぱーつ)・・・やくわりをはたす
nothing but(なっしんぐ ばっと)・・・ただの
smile(すまいる)・・・わらいかける
wave the hand(うぇいぶ ざ はんど)・・・てをふる
care(けあ)・・・たいせつにおもう
hold each other(ほーうど いーち あざー)・・・だきしめあう、ぎゅっとする



山梨大学附属図書館 子ども図書室
400-8510 山梨県甲府市武田4-4-37 山梨大学附属図書館(本館)